コンソールの CloudFront レポート - Amazon CloudFront

コンソールの CloudFront レポート

CloudFront コンソールには、次のような CloudFront アクティビティに関するさまざまなレポートがあります。

これらのレポートのほとんどは、CloudFront アクセスログのデータに基づいており、このログには CloudFront が受け取ったすべてのユーザーリクエストの詳細が含まれています。このレポートを表示するために、アクセスログを有効にする必要はありません。詳細については、「」を参照してください標準ログ (アクセスログ) の設定および使用 CloudFront 使用量レポートは、特別な設定を必要としない、CloudFront 用の AWS 使用状況レポートに基づいています。詳細については、「」を参照してくださいCloudFront 用の AWS 使用状況レポート

CloudFront キャッシュ統計レポート

CloudFront キャッシュ統計レポートには次の情報が含まれます。

  • Total requests – すべての HTTP ステータスコード (200、404 など) およびすべてのメソッド (GET、HEAD、POST など) に対するリクエストの総数を示します。

  • Percentage of viewer requests by result type – 選択された CloudFront ディストリビューションのビューアリクエスト合計からヒット、ミス、エラーの割合を示します。

  • Bytes transferred to viewers – バイト総数とミスのバイト数を示します。

  • HTTP status codes – HTTP ステータスコード別のビューワーリクエスト数を示します。

  • Percentage of GET requests that didn't finish downloading – リクエストされたオブジェクトのダウンロードを終了しなかったビューワーの GET リクエストが、リクエスト総数に占める割合 (%) を示します。

詳細については、「」を参照してくださいCloudFront キャッシュ統計レポート

CloudFront 人気オブジェクトのレポート

CloudFront 人気オブジェクトレポートには、50 件の人気オブジェクトとこれらのオブジェクトの統計情報が表示されます。これには、オブジェクトのリクエスト数、ヒットとミスの数、ヒット率、ミスに供給されたバイト数、供給された合計バイト数、不完全なダウンロードの数、および HTTP ステータスコード (2xx、3xx、4xx、および 5xx) 別のリクエスト数が含まれます。

詳細については、「」を参照してくださいCloudFront 人気オブジェクトのレポート

CloudFront トップリファラレポート

CloudFront トップリファラレポートには、上位 25 件のリファラ、リファラからのリクエストの数、指定された期間のリクエストの合計数に対するリファラからのリクエスト数の割合が含まれます。

詳細については、「」を参照してくださいCloudFront トップリファラレポート

CloudFront 使用状況レポート

CloudFront 使用状況レポートには次の情報が含まれます。

  • Number of requests – 指定された CloudFront ディストリビューションの時間間隔ごとに、選択されたリージョンのエッジロケーションから CloudFront が応答したリクエストの総数を示します。

  • Data transferred by protocol および data transferred by destination – どちらの場合も、指定された CloudFront ディストリビューションの時間間隔ごとに、選択されたリージョンの CloudFront エッジロケーションから転送されたデータの合計量を示します。データは、以下のように異なる方法で分けられます。

    • プロトコル別 – プロトコル (HTTP または HTTPS) 別にデータを分けます。

    • 送信先別 – 送信先 (ユーザーまたはオリジン) 別にデータを分けます。

詳細については、「」を参照してくださいCloudFront 使用状況レポート

CloudFront ビューワーレポート

CloudFront ビューアレポートには次の情報が含まれます。

  • Devices – ユーザーがコンテンツにアクセスするために使用するデバイスのタイプ (デスクトップやモバイルなど) を示します

  • Browsers – Chrome や Firefox など、コンテンツにアクセスするときに、ユーザーが最も頻繁に使用するブラウザの名前 (または名前とバージョン) を示します

  • Operating systems – Linux、macOS、Windows など、コンテンツにアクセスするときにビューワーが最も頻繁に実行するオペレーティングシステムの名前 (または名前とバージョン) を示します

  • Locations – コンテンツに最も頻繁にアクセスするビューワーの場所 (国、または米国の州/準州) を示します

詳細については、「」を参照してくださいCloudFront ビューワーレポート