Amazon CloudWatch ダッシュボードの使用 - Amazon CloudWatch

Amazon CloudWatch ダッシュボードの使用

Amazon CloudWatch ダッシュボードは、CloudWatch コンソールにあるカスタマイズ可能なホームページです。ダッシュボードを使用すれば、複数のリージョンにまたがっているリソースでも、1 つのビューでモニタリングできます。CloudWatch ダッシュボードを使用すると、AWS のリソースのメトリクスおよびアラームをカスタマイズした状態で表示できます。

ダッシュボードでは、以下のことが可能です。

  • 複数のリージョンのリソースやアプリケーションの状態を評価するのに役立つ選ばれたメトリクスおよびアラームを 1 つの画面で表示。各グラフのメトリクスごとに使用する色を選択できるため、複数のグラフにわたる同一のメトリクスを追跡しやすくなります。

    複数の AWS アカウントと複数のリージョンのグラフやその他のウィジェットが表示されるダッシュボードを作成できます。詳細については、「クロスアカウントクロスリージョン CloudWatch コンソール」を参照してください。

  • 操作イベント中の特定の問題への対処法に関して、チームのメンバーにガイダンスを提供する運営計画。

  • 重要なリソースとアプリケーション測定の共通表示。これをチームメンバー間で共有して操作イベント中のコミュニケーションフローを円滑化できます。

ダッシュボードを作成するには、コンソール、AWS CLI、または PutDashboard API を使用できます。

CloudWatch ダッシュボードにアクセスするには、次のいずれかが必要です。

  • AdministratorAccess ポリシー

  • CloudWatchFullAccess ポリシー

  • これらの特定のアクセス許可の 1 つ以上を含むカスタムポリシー。

    • ダッシュボードを表示できるようにするには cloudwatch:GetDashboardcloudwatch:ListDashboards

    • ダッシュボードを作成または変更できるようにするには cloudwatch:PutDashboard

    • ダッシュボードを削除できるようにするには cloudwatch:DeleteDashboards