CloudWatch ダッシュボードでゲージウィジェットを追加または削除する - Amazon CloudWatch

CloudWatch ダッシュボードでゲージウィジェットを追加または削除する

ゲージウィジェットを使用すると、範囲間のメトリクス値を可視化できます。たとえば、ゲージウィジェットを使用してパーセンテージと CPU 使用率をグラフ化し、発生するパフォーマンスの問題を観察して診断できます。このセクションの手順では、CloudWatch ダッシュボードでゲージウィジェットを追加または削除する方法について説明します。


                    CPU 使用率を示すゲージウィジェットのスクリーンショット。
注記

CloudWatch コンソールの新しいインターフェイスのみが、ゲージウィジェットの作成をサポートしています。このウィジェットを作成する際は、ゲージ範囲を設定する必要があります。

ゲージウィジェットをダッシュボードに追加するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Dashboards] (ダッシュボード) を選択し、ダッシュボードをクリックします。

  3. ダッシュボード画面で、+ 記号を選択してから、[Gauge] (ゲージ) を選択します。

  4. [Browse] (参照) をクリックし、グラフ化するメトリクスを選択します。

  5. [Options] を選択します。[Gauge range] (ゲージ範囲)で、[Min] (最小) および [Max] (最大) 値を設定します。CPU 使用率などのパーセンテージについては、Min0Max100 の値を設定することをお勧めします。

  6. (オプション) ゲージウィジェットの色を変更するには、[Graphed metrics] (グラフ化したメトリクス) をクリックし、メトリクスラベルの横にあるカラーボックスを選択します。別の色を選択するか、6 桁の 16 進数カラーコードを入力して色を指定できるメニューが表示されます。

  7. [Create widget] (ウィジェットの作成)、[Save dashboard] (ダッシュボードの保存) の順にクリックします。

ダッシュボードからゲージウィジェットを削除するには
  1. CloudWatch コンソール (https://console.aws.amazon.com/cloudwatch/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Dashboards] (ダッシュボード) をクリックし、削除するゲージウィジェットを含むダッシュボードを選択します。

  3. 削除するゲージウィジェットの右上隅で、[Widget actions] (ウィジェットのアクション)、[Delete] (削除) の順にクリックします。

  4. [ダッシュボードの保存] を選択します。