Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド

MySQL DB インスタンスを作成して MySQL DB インスタンス上のデータベースに接続する

DB インスタンスを作成する最も簡単な方法は、AWS マネジメントコンソール を使用することです。DB インスタンスを作成したら、MySQL Workbench のような MySQL 標準ユーティリティを使用して DB インスタンス上のデータベースに接続することができます。

重要

DB インスタンスを作成したり、DB インスタンスに接続したりする前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを実行する必要があります。

MySQL DB インスタンスを作成する

Amazon RDS の基本的な構成要素は DB インスタンスです。これは、MySQL データベースを実行する環境です。

注記

新しいコンソールインターフェイスを使用して、データベースを作成できます。使用しているコンソールに基づき、新しいコンソールまたは元のコンソールの手順を選択します。新しいコンソールの指示はデフォルトで開いています。

新しいコンソール

[Easy Create (簡易作成)] を有効または無効にして、AWS マネジメントコンソール を使用して MySQL を実行する DB インスタンスを作成できます。[Easy Create (簡易作成)] を有効にして、DB エンジンタイプ、DB インスタンスサイズ、および DB インスタンス識別子のみを指定します。[Easy create (簡易作成)] では、他の設定オプションにデフォルト設定を使用します。[Easy Create (簡易作成)] が有効になっていない場合は、データベースの作成時に、可用性、セキュリティ、バックアップ、メンテナンスなどの設定オプションを追加指定します。

この例では、[Easy Create (簡易作成)] を使用して、DB インスタンスクラスが db.t2.micro の MySQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスを作成します。

注記

[Easy Create (簡易作成)] を無効にして、MySQL DB インスタンスを作成する方法については、MySQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスの作成 を参照してください。

Easy Create を有効にして MySQL DB インスタンスを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. Amazon RDS コンソールの右上で、DB インスタンスを作成する AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  4. [Create database (データベースの作成)] を選択し、[Easy create (簡易作成)] が選択されていることを確認します。

    
            					Easy Create オプション
  5. [設定] で、[MySQL] を選択します。

  6. [DB インスタンスサイズ] で、[無料利用枠] を選択します。

  7. [DB インスタンス識別子] に、DB インスタンスの名前を入力するか、デフォルト名のままにします。

  8. [マスターユーザー名] に、マスターユーザーの名前を入力するか、デフォルト名のままにします。

    [データベースの作成] ページは、次の図のようになります。

    
            					データベースの作成ページ
  9. DB インスタンス用に自動生成されたマスターパスワードを使用するには、[Auto generate a password (パスワードの自動生成)]を有効にします。

    マスターパスワードを入力するには、[パスワードの自動生成] を無効にして、[マスターパスワード] と [パスワードの確認] に同じパスワードを入力します。

  10. (オプション) [View default settings for Easy create (簡易作成のデフォルト設定の表示)] を開きます。

    
            					簡易作成のデフォルト設定。

    [Easy Create (簡易作成)] が有効な場合に使用されるデフォルト設定を調べることができます。データベースの作成中に1つ以上の設定を変更する場合は、[Standard Create (標準作成)] を選択して設定します。[Editable after database creation (データベース作成後に編集可能)] 列には、データベース作成後に変更できるオプションが表示されます。その列で [いいえ] の設定を変更するには、[Standard Create (標準作成)] を使用します。その列に [はい] が設定されている場合は、[Standard Create (標準作成)] を使用するか、作成後に DB インスタンス を変更して設定を変更できます。

  11. [データベースの作成] を選択します。

    自動生成されたパスワードを使用することを選択した場合は、[データベース] ページに [認証情報の詳細の表示] ボタンが表示されます。

    DB インスタンスのマスターユーザー名およびパスワードを表示するには、[認証情報の詳細の表示] を選択します。

    
            					自動パスワード生成後のマスターユーザー認証情報。

    表示されるユーザー名とパスワードを使用して、マスターユーザーとして DB インスタンスに接続できます。

    重要

    マスターユーザーのパスワードを再度表示することはできません。記録していない場合は、変更する必要がある場合があります。DB インスタンスが有効になった後にマスターユーザーのパスワードを変更する必要がある場合は、そのように DB インスタンスを変更することができます。DB インスタンスの変更の詳細については、「MySQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスの変更」を参照してください。

  12. [データベース] リストで、新しい MySQL DB インスタンスの名前を選択します。

    RDS コンソールに、新規の DB インスタンスの詳細が表示されます。DB インスタンスが使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating です。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスとストレージの合計によっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで最長 20 分かかることがあります。

    
            					DB インスタンスの詳細のスクリーンショット。
元のコンソール

この例では、mysql-instance1 という名前の MySQL データベースエンジンを実行する DB インスタンスを、db.m1.small DB インスタンスクラス、20 GiB のストレージ、保持期間が 1 日に設定された自動バックアップという設定で作成します。

MySQL DB インスタンスを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. Amazon RDS コンソールの右上で、DB インスタンスを作成する AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

    ナビゲーションペインが閉じられている場合は、左上隅のメニューアイコンを選択して開きます。

  4. [データベースの作成] を選択します。[エンジンの選択] ページが表示されます。

    
									エンジンの選択
  5. [MySQL] を選択し、[次へ] を選択します。

  6. [Choose use case] ページで、作成中の DB インスタンスを本稼働環境で使用するかを指定します。[開発/テスト]、[次へ ] の順に選択します。

  7. [DB 詳細の指定] ページで、DB インスタンスの情報を指定します。次の表は、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。すべての設定が正しいことを確認したら、[次へ: ] を選択します。

    パラメータ 操作

    ライセンスモデル

    デフォルトの [general-public-license] を選択します。MySQL の一般ライセンス契約が使用されます。MySQL のライセンスモデルは 1 つのみです。

    DB エンジンバージョン

    MySQL のデフォルトバージョンを選択します。Amazon RDS は、一部の AWS リージョンで MySQL の複数バージョンをサポートしています。

    DB インスタンスクラス

    db.m1.small を選択します。

    マルチ AZ 配置

    [Yes] を選択して、フェイルオーバーのサポート用に DB インスタンスのスタンバイレプリカが別のアベイラビリティーゾーンに作成されるようにします。本稼働環境のワークロードには、高可用性を維持するためにマルチ AZ をお勧めします。開発およびテスト用に、[No] を選択することもできます。

    詳細については、「Amazon RDS での高可用性 (マルチ AZ)」を参照してください。

    ストレージタイプ

    ストレージタイプ [General Purpose (SSD)] を選択します。ストレージの詳細については、「Amazon RDS DB インスタンスストレージ」を参照してください。

    ストレージ割り当て

    20」と入力して、20 GiB のストレージをデータベースに割り当てます。場合によっては、DB インスタンスに、データベースのサイズ以上のストレージを割り当てると、I/O のパフォーマンスが改善することがあります。ストレージの割り当ての詳細については、「Amazon RDS 機能」を参照してください。

    DB インスタンス識別子

    DB インスタンス名を入力します。選択した AWS リージョン内でアカウントごとに一意の名前にする必要があります。わかりやすい名前にするには、選択した AWS リージョンや DB エンジンなどを名前に含めます (例: mysql-instance1)。

    マスターユーザー名

    DB インスタンスにログオンするためのマスターユーザー名英数字で入力します。これは、DB インスタンス上のデータベースに初めてログオンするときに使用するユーザー名になります。

    [Master password] と [Confirm password]

    マスターユーザーのパスワードを 8〜41 文字の印刷可能な ASCII 文字 (/、"、@ を除く) で入力します。これは、データベースにログオンするときにユーザー名と共に使用するパスワードです。次に、そのパスワードを [Confirm Password] ボックスにもう一度入力します。

    
						DB インスタンスの詳細
  8. [次へ] を選択します。

  9. [Configure advanced settings] ページで、RDS で MySQL DB インスタンスを起動するために必要な追加情報を入力します。次の表は、サンプルの DB インスタンスの設定を示しています。DB インスタンス情報を指定して、[データベースの作成] を選択します。

    パラメータ 操作

    Virtual Private Cloud (VPC)

    [新しい VPC の作成] を選択します。

    サブネットグループ

    [Create new DB subnet group] を選択します。

    パブリックアクセシビリティ

    [Yes] を選択します。

    アベイラビリティーゾーン

    [指定なし] を選択します。

    VPC セキュリティグループ

    [Create new VPC security group] を選択します。

    データベース名

    デフォルトデータベースの名前を 1 ~ 64 個の英数字で入力します。名前を入力しない場合、作成する DB インスタンス上に Amazon RDS によってデータベースが自動的に作成されることはありません。

    追加のデータベースを作成するには、DB インスタンスに接続し、SQL コマンド CREATE DATABASE を使用します。DB インスタンスへの接続の詳細については、「MySQL データベースエンジンを実行している DB インスタンスに接続する」を参照してください。

    データベースポート

    デフォルト値 3306 のままにします。ただし、データベースへのアクセスに特定のポートを使用する必要がある場合を除きます。MySQL のインストールでは、ポート 3306 がデフォルトとなります。

    DB パラメータグループ

    デフォルト値のままにします。ただし、独自の DB パラメータグループを作成済みの場合を除きます。パラメータグループの詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

    オプショングループ

    このオプショングループは、前のページで選択した MySQL バージョンと共に使用されるため、デフォルト値を選択します。

    タグをスナップショットへコピー

    スナップショットの作成時に DB インスタンスタグを DB スナップショットへコピーするには、このオプションを選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースのタグ付け」を参照してください。

    IAM DB 認証

    No を選択します。詳細については、「Amazon RDS での Identity and Access Management」を参照してください。

    暗号化

    この DB インスタンスを保管時に暗号化するには、[Enable encryption] を選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースの暗号化」を参照してください。

    バックアップの保存期間

    データベースの自動バックアップを保持する日数を設定します。テスト目的で、この値を [1] に設定できます。

    バックアップウィンドウ

    データベースのバックアップを保持する期間を指定しない場合は、デフォルト値 [No Preference] を使用します。

    拡張モニタリング

    DB インスタンスが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスの収集を有効にする場合を除き、デフォルトの [Disable enhanced monitoring] を使用します。

    ログのエクスポート

    [全般ログ] を選択します。詳細については、「MySQL データベースログファイル」を参照してください。

    マイナーバージョン自動アップグレード

    指定した DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードをリリースと同時に自動的に DB インスタンスに適用するには、[マイナーバージョン自動アップグレードの有効化] を選択します。

    メンテナンスウィンドウ

    [指定なし] を選択します。

  10. [データベースの作成] を選択します。

  11. [View DB instance details] を選択します。

    RDS コンソールに、新規の DB インスタンスの詳細が表示されます。DB インスタンスが使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating です。ステータスが [available] に変わると、DB インスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスとストレージの合計によっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで最長 20 分かかることがあります。

    
						[My DB Instances] リスト

MySQL データベースエンジンを実行している DB インスタンス上のデータベースに接続する

Amazon RDS によって DB インスタンスがプロビジョニングされると、SQL 標準クライアントアプリケーションを使用して DB インスタンス上のデータベースに接続できるようになります。この例では、MySQL モニターコマンドを使用して MySQL DB インスタンス上のデータベースに接続します。接続に使用できる GUI 方式のアプリケーションの 1 つが MySQL Workbench です。詳細については、「MySQL Workbench のダウンロード」ページを参照してください。MySQL の使用方法の詳細については、MySQL のドキュメントを参照してください。MySQL のインストール (MySQL クライアントのインストールも含む) については、「MySQL のインストールおよびアップグレード」を参照してください。

MySQL モニターを使用して DB インスタンス上のデータベースに接続するには

  1. DB インスタンスのエンドポイント (DNS 名) とポート番号を見つけます。

    1. RDS コンソールを開き、[データベース] を選択して、DB インスタンスを一覧表示します。

    2. MySQL DB インスタンスの名前を選択して詳細を表示します。

    3. [接続とセキュリティ] タブで、エンドポイントをコピーします。また、ポート番号を書き留めます。DB インスタンスに接続するには、エンドポイントとポート番号の両方が必要です。

      
	            						MySQL DB インスタンスに接続する
  2. DB インスタンスへの接続に使用できる SQL クライアントをダウンロードします。

    MySQL コマンドラインユーティリティなどのツールを使用して、Amazon RDS MySQL DB インスタンスに接続できます。MySQL クライアントを使用する方法については、MySQL ドキュメントの「mysql - MySQL コマンドラインツール」を参照してください。接続に使用できる GUI ベースのアプリケーションは、MySQL Workbench です。詳細については、「MySQL Workbench のダウンロード」ページを参照してください。

  3. MySQL DB インスタンスのデータベースに接続します。たとえば、クライアントコンピュータのコマンドプロンプトで、次のコマンドを入力して、MySQL クライアントを使用し MySQL DB インスタンスのデータベースに接続します。<endpoint> の代わりに DB インスタンスの DNS 名を使用します。<mymasteruser> の代わりに、使用したマスターユーザー名を使用します。パスワードを求められたら、使用したマスターパスワードを指定します。

    PROMPT> mysql -h <endpoint> -P 3306 -u <mymasteruser> -p

    ユーザーのパスワードを入力すると、次のような出力が表示されます。

    Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or \g. Your MySQL connection id is 350 Server version: 5.6.40-log MySQL Community Server (GPL) Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer. mysql>

MySQL DB インスタンスに接続できない場合は、新しい DB インスタンスに接続できない一般的な原因として、次の 2 つがあります。

  • MySQL アプリケーションまたはユーティリティが実行されているデバイスまたは Amazon EC2 インスタンスからの接続を許可しないセキュリティグループを使用して DB インスタンスが作成されました。DB インスタンスが VPC で作成された場合、接続を許可する VPC セキュリティグループが必要です。DB インスタンスが VPC の外部で作成された場合は、接続を許可する DB セキュリティグループが必要です。詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud VPC および Amazon RDS」を参照してください。

  • DB インスタンスが、デフォルトポートの 3306 を使用して作成されたが、会社のファイアウォールルールで、社内ネットワークのデバイスからそのポートへの接続がブロックされています。この問題を解決するには、別のポートでインスタンスを再起動します。

MySQL DB インスタンスへの接続の詳細については、「MySQL データベースエンジンを実行している DB インスタンスに接続する」を参照してください。

DB インスタンスを削除する

作成したサンプル DB インスタンスに接続したら、料金がこれ以上発生しないように、DB インスタンスを削除してください。

最終的な DB スナップショットを作成しないで DB インスタンスを削除するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース] を選択します。

  3. 削除する DB インスタンスを選択します。

  4. [ Actions] では、[Delete] を選択します。

  5. [最終スナップショットを作成しますか?] で [No] を選択し、確認を選択します。

  6. [Delete] を選択します。