Amazon RDS for MariaDB - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS for MariaDB

Amazon RDS は、以下のバージョンの MariaDB を実行する DB インスタンスをサポートしています。

  • MariaDB 10.6

  • MariaDB 10.5

  • MariaDB 10.4

  • MariaDB 10.3

  • MariaDB 10.2 (2022 年 10 月 15 日に予定されている終了)

マイナーバージョンのサポートの詳細については、「Amazon RDS の MariaDB のバージョン」を参照してください。

MariaDB DB を作成するには、Amazon RDS の管理ツールまたはインターフェイスを使用します。これで、Amazon RDS ツールを使用して DB インスタンスの管理アクションを実行できるようになります。これには、以下のようなアクションが含まれます。

  • DB インスタンスの再設定またはサイズ変更

  • DB インスタンスへの接続の許可

  • バックアップまたはスナップショットからの作成と復元

  • マルチ AZ セカンダリの作成

  • リードレプリカの作成

  • DB インスタンスのパフォーマンスのモニタリング

DB インスタンスでデータを保存したり、またはアクセスするには、標準の MariaDB のユーティリティとアプリケーションを使用します。

MariaDB がすべての AWS リージョン で利用可能になりました。AWS リージョン の詳細については、「リージョン、アベイラビリティーゾーン、および Local Zones」を参照してください。

Amazon RDS for MariaDB 用の Amazon RDS を使用して、HIPAA 準拠のアプリケーションを構築できます。AWS との事業提携契約 (BAA) に基づいて、保護されるべき医療情報 (PHI) を含め、医療関連の情報を保存できます。詳細については、「HIPAA コンプライアンス」を参照してください。AWS対象範囲内のサービスは、サードパーティーの監査人によって十分に評価され、認定、コンプライアンスの証明、または Authority to Operate (ATO) が与えられます。詳細については、コンプライアンスプログラムによる対象範囲内の AWS のサービスを参照してください。

DB インスタンスを作成する前に、「Amazon RDS のセットアップ」の手順を完了してください。DB インスタンスを作成すると、RDS マスターユーザーは DBA 権限を取得します。ただし、いくつかの制限があります。このアカウントは、追加のデータベースアカウントの作成などの管理タスクに使用します。

以下を作成することができます。

  • DB インスタンス

  • DB スナップショット

  • ポイントインタイムの復元

  • 自動バックアップ

  • 手動バックアップ

Amazon VPC に基づいて Virtual Private Cloud (VPC) 内で MariaDB を実行する DB インスタンスを使用できます。また、さまざまなオプションを有効にして、MariaDB DB インスタンスに機能を追加することもできます。Amazon RDS は、可用性の高いフェイルオーバーソリューションとして MariaDB のマルチ AZ 配置をサポートしています。

重要

マネージドサービスエクスペリエンスを提供するために、Amazon RDS は DB インスタンスへのシェルアクセスを提供していません。また、高度な特権を必要とする、特定のシステムプロシージャやテーブルへのアクセスも制限しています。データベースへのアクセスには、mysql クライアントなどの標準の SQL クライアントアプリケーションを使用します。ただし、Telnet またはセキュアシェル (SSH) を使用してホストに直接アクセスすることはできません。