メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

DB インスタンスまたは DB クラスターのオペレーティングシステムの更新

Amazon RDS では、基礎となるオペレーティングシステムを更新するタイミングを指定できます。RDS コンソール、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または RDS API を使用して、Amazon RDS に OS の更新を適用するタイミングを指定できます。

このトピックの手順を使用して、すぐにアップグレードするか、DB インスタンスのアップグレードをスケジュールします。詳細については、「Amazon RDS メンテナンス」を参照してください。

AWS マネジメントコンソール

DB インスタンスまたは DB クラスターの OS の更新を管理するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon RDS コンソール (https://console.aws.amazon.com/rds/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Instances] 選択して DB インスタンスの更新を管理するか、[Clusters] を選択して Aurora DB クラスターの更新を管理します。

  3. オペレーティングシステムの更新が必要な DB インスタンスまたは DB クラスターのチェックボックスをオンにします。

  4. DB インスタンスに [Instance Actions] を選択するか、DB クラスターに [Cluster Actions] を選択して、以下のいずれかを選択します。

    • [Upgrade Now]

    • [Upgrade at Next Window]

      注記

      [Upgrade at Next Window] を選択して OS の更新を延期する場合は、[Defer Upgrade] を選択します。

CLI

保留中の OS の更新を DB インスタンスまたは DB クラスターに適用するには、apply-pending-maintenance-action AWS CLI コマンドを使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds apply-pending-maintenance-action \ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db \ --apply-action system-update \ --opt-in-type immediate

Windows の場合:

aws rds apply-pending-maintenance-action ^ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db ^ --apply-action system-update ^ --opt-in-type immediate

少なくとも 1 つの保留中の OS 更新があるリソースのリストを取得するには、describe-pending-maintenance-actions AWS CLI コマンドを使用します。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds describe-pending-maintenance-actions \ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db

Windows の場合:

aws rds describe-pending-maintenance-actions ^ --resource-identifier arn:aws:rds:us-west-2:001234567890:db:mysql-db

describe-pending-maintenance-actions AWS CLI コマンドの --filters パラメータを指定して、DB インスタンスまたは DB クラスターのリソースのリストを取得することもできます。--filters コマンドの形式は、Name=filter-name,Value=resource-id,... です。

以下は、フィルタの Name パラメータの許容値です。

  • db-instance-id – DB インスタンス識別子または Amazon リソースネーム (ARN) のリストが許容されます。返されるリストには、これらの ID または ARN で識別された DB インスタンスの保留中のメンテナンスアクションのみが含まれます。

  • db-cluster-id – DB クラスター識別子または ARN のリストが許容されます。返されるリストには、これらの ID または ARN で識別された DB クラスターの保留中のメンテナンスアクションのみが含まれます。

次の例では、sample-cluster1 DB クラスターと sample-cluster2 DB クラスターの保留中のメンテナンスアクションが返されます。

Linux、OS X、Unix の場合:

aws rds describe-pending-maintenance-actions \ --filters Name=db-cluster-id,Values=sample-cluster1,sample-cluster2

Windows の場合:

aws rds describe-pending-maintenance-actions ^ --filters Name=db-cluster-id,Values=sample-cluster1,sample-cluster2

API

OS 更新を DB インスタンスまたは DB クラスターに適用するには、Amazon RDS API の ApplyPendingMaintenanceAction アクションを呼び出します。

https://rds.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=ApplyPendingMaintenanceAction &ResourceIdentifier=arn:aws:rds:us-east-1:123456781234:db:my-instance &ApplyAction=system-update &OptInType=immediate &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20141216/us-west-2/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140421T194732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=6e25c542bf96fe24b28c12976ec92d2f856ab1d2a158e21c35441a736e4fde2b

少なくとも 1 つの保留中 OS 更新があるリソースのリストを返すには、Amazon RDS API の DescribePendingMaintenanceActions アクションを呼び出します。

https://rds.us-west-2.amazonaws.com/ ?Action=DescribePendingMaintenanceActions &SignatureMethod=HmacSHA256 &SignatureVersion=4 &Version=2014-10-31 &X-Amz-Algorithm=AWS4-HMAC-SHA256 &X-Amz-Credential=AKIADQKE4SARGYLE/20141216/us-west-2/rds/aws4_request &X-Amz-Date=20140421T194732Z &X-Amz-SignedHeaders=content-type;host;user-agent;x-amz-content-sha256;x-amz-date &X-Amz-Signature=6e25c542bf96fe24b28c12976ec92d2f856ab1d2a158e21c35441a736e4fde2b

関連トピック