CloudWatch メトリクスの設定 - Amazon Simple Storage Service

CloudWatch メトリクスの設定

Amazon S3 の Amazon CloudWatch リクエストメトリクスを使うと、1 分の CloudWatch メトリクスの受信、CloudWatch アラームの設定、および CloudWatch ダッシュボードへのアクセスによって、Amazon S3 ストレージの運用とパフォーマンスをほぼリアルタイムで確認できます。クラウドストレージに依存するアプリケーションの場合、これらのメトリクスを使用すると、オペレーションの問題を迅速に特定して対応できます。有効になっている場合、デフォルトでは、Amazon S3 バケットレベルでこれらの 1 分のメトリクスが利用可能です。

バケット内のオブジェクトに対する CloudWatch リクエストメトリクスを取得するには、そのバケットのメトリクス設定を作成する必要があります。詳細については、「バケット内のすべてのオブジェクトに対する CloudWatch メトリクス設定を作成する」を参照してください。

共有プレフィックスまたはオブジェクトタグを使用して、収集したメトリクスのフィルターを定義することもできます。これにより、メトリクスフィルタを特定のビジネスアプリケーション、ワークフロー、または内部組織に合わせることができます。詳細については、「オブジェクトキー名のプレフィックスまたはタグでフィルタリングするメトリクス設定の作成」を参照してください。

使用可能な CloudWatch メトリクスとストレージおよびリクエストメトリクスの違いの詳細については、「Amazon CloudWatch によるメトリクスのモニタリング」を参照してください。

メトリクス設定を使用するときは、以下に注意してください。

  • バケットあたりの最大メトリクス設定数は 1000 です。

  • フィルタを使用して、メトリクス設定に含めるバケット内のオブジェクトを選択できます。共有プレフィックスまたはオブジェクトタグでフィルタリングすると、メトリクスフィルタを特定のビジネスアプリケーション、ワークフロー、または内部組織に合わせることができます。バケット全体のメトリクスをリクエストするには、フィルタのないメトリクス設定を作成します。

  • メトリクス設定は、リクエストメトリクスを有効にするためにのみ必要です。バケットレベルでの日次ストレージメトリクスは常にオンになり、追加料金なしで提供されます。現在、フィルタリングされたオブジェクトサブセットの日次ストレージメトリクスを取得することはできません。

  • 各メトリクス設定では、使用可能なリクエストメトリクスのフルセットが有効になります。オペレーション固有のメトリクス (PostRequests など) は、バケットまたはフィルタにそのタイプのリクエストがある場合にのみ報告されます。

  • リクエストメトリクスは、オブジェクトレベルのオペレーションに対して報告されます。また、バケットの取得 (オブジェクトのリスト)バケットオブジェクトバージョンの取得マルチパートアップロードのリストなどのバケットコンテンツをリストするオペレーションに対しても報告されますが、バケットでのその他のオペレーションに対しては報告されません。

  • リクエストメトリクスでは、プレフィックスによるフィルタリングがサポートされますが、ストレージメトリクスではサポートされません。

ベストエフォート型の CloudWatch メトリクス配信

CloudWatch メトリクスは、ベストエフォートで配信されます。リクエストメトリクスを持つ Amazon S3 オブジェクトのほとんどのリクエストにより、データポイントが CloudWatch に送信されます。

メトリクスの完全性や適時性は保証されません。特定のリクエストのデータポイントが、リクエストが実際に処理されたよりも後のタイムスタンプで返される場合があります。1 分のデータポイントは CloudWatch を通じて利用可能になるまで遅延する場合や、まったく提供されない場合があります。CloudWatch リクエストメトリクスは、バケットに対するトラフィックの特性をほぼリアルタイムで示します。すべてのリクエストを完全に報告するためのものではありません。

この機能はベストエフォート型であるため、請求情報とコスト管理ダッシュボードで利用できるレポートには、バケットメトリクスに表示されない 1 つ以上のアクセスリクエストが含まれることがあります。

Amazon S3 での CloudWatch メトリクスの操作方法の詳細については、以下のトピックを参照してください。