Amazon Route 53 から別のレジストラにドメインを移行する - Amazon Route 53

Amazon Route 53 から別のレジストラにドメインを移行する

Amazon Route 53 から別のレジストラにドメインを移管するときは、Route 53 から情報を取得して、それを新しいレジストラに渡します。残りの作業は新しいレジストラが実行します。

重要

現在、DNS サービスプロバイダとして Route 53 を使っていて、DNS サービスも別のプロバイダに移管する場合は、次の Route 53 の機能が他の DNS サービスプロバイダの提供する機能では直接代替できないことに注意してください。新しい DNS サービスプロバイダと協力して、同等の機能を実現する方法を決める必要があります。

ほとんどのドメインレジストラは、他のレジストラへのドメインの移管について要件を設定しています。これらの要件の主な目的は、不正なドメインの所有者が、別のレジストラにドメインを繰り返し移管するのを防ぐことです。要件は異なりますが、以下の要件が一般的です。

  • ドメインを現在のレジストラに登録するか、少なくとも 60 日前にドメインの登録を現在のレジストラに移管しておく必要があります。

  • ドメイン名登録の有効期限が切れて、復元する必要があった場合は、復元後、少なくとも 60 日間が経過している必要があります。

  • ドメインのドメイン名ステータスコードが以下のいずれかであってはいけません。

    • pendingDelete

    • pendingTransfer

    • redemptionPeriod

    • clientTransferProhibited

ドメイン名ステータスコードと各コードの意味を説明した現在の一覧については、ICANN ウェブサイトepp status codes を検索してください (ICANN ウェブサイトで直接、検索してください。ウェブ検索ではドキュメントの古いバージョンが返されることがあります)。

注記

ドメインを別のドメインレジストラに移管したいが、ドメインが登録されている AWS アカウントが閉鎖、中断、終了されている場合は、AWS Support にお問い合わせください。登録後 14 日以内はドメインを移行させることはできません。詳細については、「AWS Support へのドメイン登録問題に関するお問い合わせ」を参照してください

ドメインを Route 53 から別のレジストラに移管するには

  1. AWS Management Console にサインインし、Route 53 コンソール (https://console.aws.amazon.com/route53/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains] を選択します。

  3. 別のレジストラに移管するドメインの名前を選択します。

  4. [登録済みドメイン > ドメイン名] ページで、[ドメイン名ステータスコード] の値を確認します。以下の値のいずれかである場合、現在、そのドメインを移管することはできません。

    • pendingDelete

    • pendingTransfer

    • redemptionPeriod

    • clientTransferProhibited

    • serverTransferProhibited

    ドメイン名ステータスコードと各コードの意味を説明した現在の一覧については、ICANN ウェブサイトepp status codes を検索してください (ICANN ウェブサイトで直接、検索してください。ウェブ検索ではドキュメントの古いバージョンが返されることがあります)。

    [Domain name status code (ドメイン名ステータスコード)]の値が[serverTransferProhibited] の場合、ドメインを転送するために必要な作業については、AWS Support に無料でお問い合わせください。詳細については、「AWS Support へのドメイン登録問題に関するお問い合わせ」を参照してください

  5. [Transfer lock] の値が [Enabled] の場合は、[Disable.] を選択します。

  6. [Save] を選択します。

  7. .co.za、.es、.jp、.ru、.uk、.co.uk、.me.uk、.org.uk、.org.uk を除くすべてのドメイン: [登録済みドメイン > ドメイン名] ページにある [認証コード] で、[コードの取得] を選択して、認証コードをメモします。この値は、後述する手順で新しいレジストラに伝えます。

    .co.za、.es、.jp、.ru、.uk、.co.uk、.me.uk、および .org.uk ドメイン: 次の手順を実行します。

    .co.za のドメイン

    .co.za ドメインを別のレジストラに移管するために認証コードを取得する必要はありません。

    .es ドメイン

    .es ドメインを別のレジストラに移管するために認証コードを取得する必要はありません。

    .jp のドメイン

    .jp ドメインを別のレジストラに移管するために認証コードを取得する必要はありません。

    .ru のドメイン

    https://www.nic.ru/en/auth/recovery/ で、.ru ドメインのレジストリから認証コードを取得します。

    1. ドメイン名で認証情報を回復するためのオプションを選択します。

    2. ドメイン名を入力し、[Continue (続行)] を選択します。

    3. 画面上の指示に従って、RU-CENTER 管理者ページにアクセスします。

    4. [Manage your account (アカウントの管理)] セクションで、[Domain transfer (ドメイン移管)] を選択します。

    5. REGRU-RU で移管を確定します。

    .uk、.co.uk、.me.uk、.org.uk のドメイン

    IPS タグを新しいレジストラの値に変更します。

    1. Nominet ウェブサイトの [Find a Registrar] ページにアクセスし、新しいレジストラの IPS タグを見つけます。(Nominet は .uk、.co.uk、.me.uk、および .org.uk ドメインのレジストリです。)

    2. [登録済みドメイン > ドメイン名] ページの [IPS タグ] で、[IPS タグの変更] を選択して、ステップ 7a で取得した値を指定します。

    3. [Update (更新)] を選択します。

  8. 現在、ドメインの DNS サービスプロバイダーとして Route 53 を使用していない場合は、ステップ 10 に進みます。

    現在、ドメインの DNS サービスプロバイダとして Route 53 を使用している場合は、次のステップを実行します。

    1. [ホストゾーン] を選択します。

    2. ドメインのホストゾーンの名前を選択します。ドメインの名前とホストゾーンの名前は同じです。

    3. ドメインの DNS サービスプロバイダとして Route 53 を引き続き使用する場合: Route 53 がホストゾーンに割り当てた 4 つのネームサーバーの名前を取得します。詳細については、「パブリックホストゾーンに対するネームサーバーの取得」を参照してください。

      ドメインの DNS サービスプロバイダとして Route 53 を使い続けない場合: NS レコードと SOA レコード以外のレコードのすべての設定をメモします。エイリアスレコードなど、Route 53 特有の機能については、新しい DNS サービスプロバイダーと協力して、同等の機能を実現する方法を決める必要があります。

  9. DNS サービスを別のプロバイダに転送している場合は、新しい DNS サービスによって提供される方法を使用して、以下のタスクを実行します。

    • ホストゾーンの作成

    • Route 53 レコードの機能を再現するレコードを作成します。

    • 新しい DNS サービスがホストゾーンに割り当てたネームサーバーを取得する

  10. 新しいレジストラに用意されたプロセスを使用して、ドメインの移管をリクエストします。

    .co.za、.es、.jp、.uk、.co.uk、.me.uk、.org.uk のドメインを除くすべてのドメイン: この手順のステップ 7 で Route 53 コンソールから取得した認証コードを入力するよう求められます。

  11. DNS サービスプロバイダとして Route 53 を引き続き使用する場合は、新しいレジストラが提供するプロセスを使用して、ステップ 8 で取得した Route 53 ネームサーバーの名前を指定します。別の DNS サービスプロバイダーを使用する場合は、ステップ 9 で新しいホストゾーンを作成したときに新しいプロバイダーから示されたネームサーバーの名前を指定します。

  12. 確認メールに応答します。

    .jp のドメインを除くすべてのドメイン

    Route 53 は、ドメインの登録者の連絡先にある E メールアドレスに確認メールを送信します。

    • E メールに応答しない場合、移管は指定された日付に自動的に実行されます。

    • 転送を急ぐ場合、または転送をキャンセルするには、E メールのリンクを選択して Route 53 のウェブサイトにアクセスし、該当するオプションを選択します。

    .jp のドメイン

    Route 53 は、ドメインの登録者の連絡先にある E メールアドレスに確認メールを送信します。

    • E メールに応答しない場合、移管は指定された日付にキャンセルされます。

    • 転送を急ぐ場合、または転送をキャンセルするには、E メールのリンクを選択して Route 53 のウェブサイトにアクセスし、該当するオプションを選択します。

    また、WIXI.jp からメールが届く場合があります。このメールは無視して構いません。

  13. ドメインの移管先のレジストラから移管に失敗したことがレポートした場合は、そのレジストラに詳細を問い合わせてください。ドメインを別のレジストラに移管すると、すべてのステータス更新は新しいレジストラに送信されるため、Route 53 には移管が失敗した理由に関する情報がありません。

    Route 53 から取得した認証コードが無効であるため、新しいレジストラから移管に失敗したことがレポートされた場合は、AWS Support にケースを提出してください (サポート契約は必要なく、料金はかかりません)。詳細については、「AWS Support へのドメイン登録問題に関するお問い合わせ」を参照してください。

  14. DNS サービスを他の DNS サービスプロバイダに移管した場合、DNS リゾルバーが Route 53 ネームサーバーの名前の DNS クエリへの応答を停止した後で、ホストゾーンのレコードを削除し、ホストゾーンを削除することができます。これには、通常 2 日かかります。一般的に DNS リゾルバーがドメインのネームサーバーの名前をキャッシュするのにかかる時間の長さです。

    重要

    DNS リゾルバーが Route 53 ネームサーバーの名前の DNS クエリにまだ応答している間にホストゾーンを削除すると、ドメインはインターネットで利用できなくなります。

    ホストゾーンを削除すると、Route 53 では、ホストゾーンの月額料金が請求されなくなります。詳細については、次のドキュメントを参照してください。