ヘルスチェックを作成または更新するときに指定する値 - Amazon Route 53

ヘルスチェックを作成または更新するときに指定する値

ヘルスチェックを作成または更新する際は、該当する値を指定します。一部の値はヘルスチェックの作成後に変更できないのでご注意ください。

名前

オプション(ただし推奨): ヘルスチェックに割り当てる名前。[名前] に値が指定された場合、Route 53 は、ヘルスチェックにタグを追加し、そのタグのキーに Name という値を割り当てたうえで、指定された値をタグの値に割り当てます。Route 53 コンソールに表示されるヘルスチェックのリストには、[名前] タグの値が表示されるため、個々のヘルスチェックが識別しやすくなります。

タグ付けとヘルスチェックの詳細については、「ヘルスチェックの名前付けとタグ付け」を参照してください。

モニタリングの対象

このヘルスチェックで、エンドポイントを監視するか、または他のヘルスチェックのステータスを監視するか。

  • エンドポイント: Route 53 は指定したエンドポイントの状態を監視します。ドメイン名または IP アドレスとポートを指定して、エンドポイントを指定できます。

    注記

    AWS エンドポイント以外を指定すると、追加料金が適用されます。AWS エンドポイントの定義などの詳細については、Route 53 料金表の「ヘルスチェック」を参照してください。

  • 他のヘルスチェック (計算されたヘルスチェック) のステータス: Route 53 は、指定した他のヘルスチェックの状態に基づいてこの状態チェックが正常であるかどうかを決定します。このヘルスチェックが正常であると判断されるために必要なヘルスチェック数も指定します。

  • Route 53 アラームの状態: Route 53 は、CloudWatch アラームへのデータストリームをモニタリングして、このヘルスチェックが正常かどうかを判断します。

エンドポイントの監視

このヘルスチェックでエンドポイントを監視する場合、以下の値を指定します。

エンドポイントの指定

IP アドレスまたはドメイン名を使用してエンドポイントを指定するかどうか。

ヘルスチェックの作成後は、[Specify endpoint by] の値を変更できません。

プロトコル

エンドポイントの正常性をチェックする際に Route 53 が使用する方法。

  • HTTP: Route 53 は TCP 接続を確立しようとします。成功した場合、 Route 53 は HTTP リクエストを送信し、2xx または 3xx の HTTP ステータスコードを待機します。

  • HTTPS: Route 53 は TCP 接続を確立しようとします。成功した場合、Route 53 は HTTPS リクエストを送信し、2xx または 3xx の HTTP ステータスコードを待機します。

    重要

    [HTTPS] を選択する場合は、エンドポイントが TLS v1.0 以降をサポートする必要があります。

    プロトコルの値に HTTPS を選択すると、追加料金が適用されます。詳細については、「Route 53 料金表」を参照してください。

  • TCP: Route 53 は TCP 接続を確立しようとします。

詳細については、「Amazon Route 53 でヘルスチェックの正常性を判断する方法」を参照してください。

ヘルスチェックの作成後は、[Protocol] の値を変更できません。

IP アドレス ([IP アドレスでエンドポイントを指定する] を選択した場合のみ)

Route 53 でヘルスチェックを実行するエンドポイントの IPv4 または IPv6 アドレス ([IP アドレスでエンドポイントを指定する] を選択した場合のみ)。

エンドポイントの IP アドレスの範囲がローカル、プライベート、ルーティング範囲外、マルチキャストのいずれかに該当する場合、Route 53 は、エンドポイントの正常性をチェックできません。ヘルスチェックを作成できない IP アドレスの詳細については、以下のドキュメントを参照してください。

エンドポイントが Amazon EC2 インスタンスである場合は、Elastic IP アドレス を作成して EC2 インスタンスに関連付け、Elastic IP アドレスを指定するようお勧めします。これによってインスタンスの IP アドレスが固定されます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Elastic IP アドレス」を参照してください。

Amazon EC2 インスタンスを削除する場合、EIP に関連付けられているヘルスチェックも削除してください。詳細については、「ヘルスチェック用 Elastic IP アドレスのベストプラクティス」を参照してください。

注記

AWS エンドポイント以外を指定すると、追加料金が適用されます。AWS エンドポイントの定義などの詳細については、Route 53 料金表の「ヘルスチェック」を参照してください。

ホスト名 ([IP アドレスでエンドポイントを指定する] を選択した場合で、HTTP および HTTPSの場合のみ)

HTTP/HTTPS ヘルスチェックで Route 53 から Host ヘッダーに渡す値。通常は、Route 53 でヘルスチェックを実行するウェブサイトの完全修飾 DNS 名を指定します。Route 53 がエンドポイントの正常性をチェックするときに、Host ヘッダーがどのように構築されるかを以下に示します。

  • [Protocol] の [Port] と [HTTP] に 80 の値を指定すると、Route 53 は ホスト名の値を含んだ Host ヘッダーをエンドポイントに渡します。

  • [Protocol] の [Port] と [HTTP] に 443 の値を指定すると、Route 53 は ホスト名の値を含んだ Host ヘッダーをエンドポイントに渡します。

  • [Protocol] の [Port] と [HTTP] または [HTTPS] に 別の値を指定すると、Route 53 は ホスト名:Portの値を含んだ Host ヘッダーをエンドポイントに渡します。

エンドポイントを IP アドレスで指定することを選択し、ホスト名に値を指定しない場合、Route 53 は Host ヘッダーの IP アドレスの値を、以前の値に置き換えます。

ポート

Route 53 でヘルスチェックを実行するエンドポイント上のポート。

ドメイン名 (すべてのプロコルで、[エンドポイントをドメイン名で指定する] を選択した場合のみ)

[エンドポイントをドメイン名で指定する] を選択した場合の、Route 53 でヘルスチェックを実行するエンドポイントのドメイン名 (example.com) またはサブドメイン名 (backend.example.com)。

エンドポイントをドメイン名で指定するように選択した場合、Route 53 は [ドメイン名] に指定したドメイン名を解決するための DNS クエリを、[リクエスト間隔] に指定した間隔で送信します。DNS が返す IP アドレスを使用して、Route 53 はエンドポイントの正常性を確認します。

注記

ドメイン名で エンドポイントを指定した場合、Route 53 は、IPv4 のみを使用して、ヘルスチェックをエンドポイントに送信します。[Domain name] に指定した名前のタイプ A のレコードがない場合、ヘルスチェックは「DNS 解決策失敗」エラーで失敗します。

フェイルオーバー、位置情報、地理的近接性、レイテンシー、複数値、または加重のいずれかのレコードについて正常性をチェックする場合で、かつエンドポイントをドメイン名で指定した場合は、エンドポイントごとにヘルスチェックを作成することをお勧めします。例えば、www.example.com のコンテンツを配信する各 HTTP サーバーについて、ヘルスチェックを作成します。[Domain name] の値には、レコードの名前 (www.example.com) ではなく、サーバーのドメイン名 (us-east-2-www.example.com など) を指定します。

重要

この構成で、[ドメイン名] の値がレコードの名前と一致するヘルスチェックを作成し、それらのレコードにヘルスチェックを関連付けた場合、ヘルスチェックで予想できない結果が生じます。

さらに、[Protocol] の値が [HTTP] または [HTTPS] である場合、前述の [Host name] (ホスト名) で説明したように、Host ヘッダーの [Domain name] (ドメイン名) の値が Route 53 から渡されます。[Protocol] の値が [TCP] である場合、Route 53 は Host ヘッダーを渡しません。

注記

AWS エンドポイント以外を指定すると、追加料金が適用されます。AWS エンドポイントの定義などの詳細については、Route 53 料金表の「ヘルスチェック」を参照してください。

パス (HTTP および HTTPS プロトコルの場合のみ)

ヘルスチェックの実行時に Route 53 でリクエストするパス。エンドポイントが正常であるときに、2xx または 3xx の HTTP ステータスコードが返されるパスを指定してください (ファイル /docs/route53-health-check.html など)。クエリ文字列パラメータ (/welcome.html?language=jp&login=y など) を含めることもできます。先頭がスラッシュ文字 (/) でない場合、Route 53 はスラッシュ文字を自動的に追加します。

他のヘルスチェック (算出したヘルスチェック) の監視

このヘルスチェックで他のヘルスチェックのステータスを監視する場合、以下の値を指定します。

監視対象のヘルスチェック

Route 53 で監視するヘルスチェック。監視によりヘルスチェックの状態を判断します。

[Health checks to monitor] に最大 256 個のヘルスチェックを追加できます。リストからヘルスチェックを削除するには、対象のヘルスチェックの強調表示部分の右にある [x] を選択します。

注記

算出したヘルスチェックを、算出したその他のヘルスチェックの状態を監視するように設定することはできません。

算出したヘルスチェックの監視対象であるヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は無効にしたヘルスチェックを正常であるとみなした上で、算出したヘルスチェックが正常かどうかを計算します。無効にしたヘルスチェックが異常とみなされるようにするには、[Invert health check status (ヘルスチェックのステータスの反転)] チェックボックスをオンにします。

次の場合に正常であると報告します。

このヘルスチェックが正常かどうかを判断するために、Route 53 で実行する計算

  • [選択したヘルスチェック y 個のうち少なくとも x 個が正常な場合に正常と報告する]: Route 53 は、[モニターするヘルスチェック] に追加したヘルスチェックのうち指定数のヘルスチェックが正常である場合に、そのヘルスチェックが正常であると見なします。次の点に注意してください。

    • [モニターするヘルスチェック] に指定したヘルスチェックの数より大きい数値を指定した場合、Route 53 は必ずこのヘルスチェックに不具合があると見なします。

    • 0 を指定した場合、Route 53 は常にこのヘルスチェックが正常であると見なします。

  • [すべてのヘルスチェックが正常である場合に正常であると報告する (AND)]: Route 53 は、[モニターするヘルスチェック] に追加したヘルスチェックがすべて正常である場合にのみ、このヘルスチェックを正常であると見なします。

  • [1 つ以上のヘルスチェックが正常な場合に正常と報告する (OR)]: Route 53 は、[モニターするヘルスチェック] に追加したヘルスチェックのうち少なくとも 1 つが正常である場合に、このヘルスチェックが正常であると見なします。

ヘルスチェックのステータスを反転させる

Route 53 でヘルスチェックのステータスを反転させるかどうかを選択します。このオプションを選択した場合、Route 53 はステータスが正常であればヘルスチェックに不具合があると見なします。逆も同様です。

無効

Route 53 によるヘルスチェックの実行を停止させます。ヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は、参照するヘルスチェックのステータスの集計を停止します。

ヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は、そのヘルスチェックのステータスを常に正常とみなすようになります。DNS フェイルオーバーを設定した場合、Route 53 はトラフィックを引き続き該当するリソースにルーティングします。リソースへのトラックのルーティングを停止させるには、Invert health check status の値を変更します。

注記

ヘルスチェックを無効にしても、ヘルスチェックの料金は適用されます。

CloudWatch アラームのモニタリング

このヘルスチェックで CloudWatch アラームのアラーム状態を監視する場合は、以下の値を指定します。

CloudWatch アラーム

このヘルスチェックが正常かどうかを判断するために Route 53 が使用する CloudWatch アラームを選択します。

注記

Route 53 は、以下の機能で CloudWatch アラームをサポートしています。

  • 標準解像度メトリクス。高解像度のメトリクスはサポートされていません。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド の「高解像度メトリクス」を参照してください。

  • 統計: AverageMinimumMaximumSum、および SampleCount。拡張統計はサポートされていません。

  • Route 53 では、「N 個中 M 個」のアラームはサポートされていません。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド の「アラームの評価」を参照してください。

Route 53 は、Metric Math を使用して複数の CloudWatch メトリクスをクエリするアラームをサポートしていません。

アラームを作成する場合は、次の手順を実行します。

  1. [Create] (作成) を選択します。ブラウザの新しいタブに CloudWatch コンソールが表示されます。

  2. 適切な値を入力します。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイド の「CloudWatch アラームの作成または編集」を参照してください。

  3. Route 53 コンソールが表示されているブラウザタブに戻ります。

  4. [CloudWatch alarm] の横にある更新ボタンを選択します。

  5. リストから新しいアラームを選択します。

重要

ヘルスチェックを作成したあとで CloudWatch アラームの設定を変更する場合、ヘルスチェックを更新する必要があります。詳細については、「CloudWatch アラーム設定を変更する場合のヘルスチェックの更新 (CloudWatch アラームのみをモニタリングするヘルスチェック)」を参照してください。

ヘルスチェックステータス

CloudWatch アラームで選択したアラーム状態を判断するための、十分なデータが CloudWatch にない場合に、ヘルスチェックのステータス (正常、異常、または最後の既知の状態) を選択します。既知の最新ステータスを使用することを選択した場合、Route 53 は、アラームの状態を判断するための十分なデータが CloudWatch にあった最新のヘルスチェックのステータスを使用します。既知の最新ステータスがない新しいヘルスチェックの場合、ヘルスチェックのデフォルトステータスは "正常" になります。

ヘルスチェックステータスの値は、一時的に CloudWatch メトリクスのデータストリームを用できなかった場合の、一時的なステータスを提供します。(Route 53 は、対応するアラームの状態ではなく、CloudWatch メトリックスのデータストリームを監視します。) メトリクスが頻繁に、または長時間 (数時間以上) 使用できなくなる場合は、既知の最新ステータスを使用しないことをお勧めします。

ヘルスチェックのステータスを反転させる

Route 53 でヘルスチェックのステータスを反転させるかどうかを選択します。このオプションを選択した場合、Route 53 はステータスが正常であればヘルスチェックに不具合があると見なします。逆も同様です。

無効

Route 53 によるヘルスチェックの実行を停止させます。ヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は該当する CloudWatch メトリクスのモニタリングを停止します。

ヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は、そのヘルスチェックのステータスを常に正常とみなすようになります。DNS フェイルオーバーを設定した場合、Route 53 はトラフィックを引き続き該当するリソースにルーティングします。リソースへのトラックのルーティングを停止させるには、Invert health check status の値を変更します。

注記

ヘルスチェックを無効にしても、ヘルスチェックの料金は適用されます。

高度な設定 (「エンドポイントを監視」する場合のみ)

エンドポイントを監視するオプションを選択した場合、以下の設定も指定できます。

リクエストの間隔

各 Route 53 ヘルスチェッカーがエンドポイントから応答を受け取ってから、次のヘルスチェックリクエストを送信するまでの秒数。30 秒の間隔を選択した場合、世界各地のデータセンターにあるそれぞれの Route 53 ヘルスチェッカーは、30 秒あたりに 1 つのヘルスチェックリクエストをエンドポイントに送信します。平均して、エンドポイントは約 2 秒ごとにヘルスチェックリクエストを受け取ることになります。10 秒の間隔を選択した場合、エンドポイントは 1 秒にあたりに複数のヘルスチェックリクエストを受け取ることになります。

異なるデータセンターの Route 53 ヘルスチェッカーは互いに調整しないため、選択した間隔に関係なく、1 秒あたり複数のリクエストを受け取った後、数秒間はヘルスチェックを受け取らないということが生じる場合があります。

ヘルスチェックの作成後は、[リクエストの間隔] の値を変更できません。

注記

リクエストの間隔の値 で [高速(10秒)] を選択すると、追加料金が適用されます。詳細については、「Route 53 料金表」を参照してください。

失敗しきい値

Route 53 がエンドポイントの最新ステータスを異常から正常または正常から異常に変更するまでに必要な、エンドポイントが連続してヘルスチェックに合格または不合格になる回数。詳細については、「Amazon Route 53 でヘルスチェックの正常性を判断する方法」を参照してください。

文字列マッチング (HTTP または HTTPS の場合のみ)

Route 53 で、HTTP または HTTPS リクエストをエンドポイントに送信、または指定文字列でレスポンス本文を検索することにより、エンドポイントの状態を判断するかどうか。[文字列の検索] で指定した値がレスポンス本文に含まれる場合、Route 53 は、そのエンドポイントが正常であると見なします。レスポンス本文に含まれない場合、またはエンドポイントが応答しない場合、Route 53 は、そのエンドポイントを異常と見なします。検索文字列全体が、レスポンス本文の最初の 5,120 バイト内に出現している必要があります。

ヘルスチェックの作成後は、[String Matching] の値を変更できません。

注記

[文字列マッチング] の値で [はい] を選択すると、追加料金が適用されます。詳細については、「Route 53 料金表」を参照してください。

ヘルスチェッカーが圧縮されたレスポンスを処理する方法

エンドポイントが圧縮されたレスポンスを返す Web サーバーである場合、Route 53 ヘルスチェッカーは、ヘルスチェッカーがサポートする圧縮アルゴリズムを使用して Web サーバーがレスポンスを圧縮した場合にのみ、指定された検索文字列をチェックする前に、レスポンスを解凍します。Health チェッカーは、次の圧縮アルゴリズムをサポートしています。

  • Gzip

  • Deflate

別のアルゴリズムを使用してレスポンスが圧縮されている場合、ヘルスチェッカーは文字列を検索する前にレスポンスを解凍できません。この場合、検索はたいていいつも失敗し、Route 53 はエンドポイントを異常と見なします。

文字列の検索 ([文字列マッチング] が有効の場合のみ)

エンドポイントからのレスポンス本文内で Route 53 が検索する文字列 。最大長は 255 文字です。

Route 53 は、[文字列の検索] でレスポンス本文内を検索する場合、大文字小文字を識別します。

レイテンシーグラフ

Route 53 が複数の AWS リージョン内のヘルスチェッカーとエンドポイント間のレイテンシーを測定するかどうかを選択します。このオプションを選択した場合、CloudWatch のレイテンシーのグラフは、Route 53 コンソールの [ヘルスチェック] ページの [レイテンシー] タブに表示されます。Route 53 ヘルスチェッカーがエンドポイントに接続できない場合、Route 53 はそのエンドポイントのレイテンシーグラフを表示できません。

ヘルスチェックの作成後は、[Latency Measurements] の値を変更できません。

注記

ヘルスチェッカーとエンドポイント間のレイテンシーを計測するように Route 53 を設定する場合、追加料金が適用されます。詳細については、「Route 53 料金表」を参照してください。

SNI の有効化 (HTTPS のみ)

TLS ネゴシエーション中に、Route 53 が client_hello メッセージでエンドポイントにホスト名を送信するかどうかを指定します。これにより、エンドポイントは該当する SSL/TLS 証明書で HTTPS リクエストに応答することができます。

一部のエンドポイントでは、HTTPS リクエストで client_hello メッセージにホスト名を含める必要があります。SNI を有効にしない場合、ヘルスチェックのステータスは SSL alert handshake_failure になります。ヘルスチェックは、他の理由でもこのステータスになる場合があります。SNI が有効であるのにこのエラーが表示される場合は、エンドポイントの SSL/TLS 設定を調べて証明書が有効であることを確認します。

次の要件に注意してください。

  • エンドポイントは SNI をサポートする必要があります。

  • エンドポイントの SSL/TLS 証明書には、Common Name フィールドにドメイン名が 1 つ含まれており、Subject Alternative Names フィールドにいくつか含まれている場合もあります。証明書内のドメイン名のいずれかが  [ホスト名] で指定している値と一致する必要があります。

ヘルスチェックリージョン

Route 53 でエンドポイントの正常性をチェックする場合には、推奨リージョンでヘルスチェッカーを使用するか、お客様が指定したリージョンでヘルスチェッカーを使用するかを指定してください。

ヘルスチェックを更新して、ヘルスチェックを実行してきたリージョンを削除する場合、Route 53 は最長 1 時間そのリージョンからのチェックを実行します。こうすることで、エンドポイント (例えば、3 つのリージョンを 4 つの異なるリージョンに置き換える場合) において何らかのヘルスチェッカーが常にチェックを実行するようにできます

[Customize] を選択した場合は、削除するリージョンの [x] を選択します。リージョンをリストに戻すには、リスト末尾のスペースをクリックします。3 つ以上のリージョンを指定する必要があります。

ヘルスチェックのステータスを反転させる

Route 53 でヘルスチェックのステータスを反転させるかどうかを選択します。このオプションを選択した場合、Route 53 はステータスが正常であればヘルスチェックに不具合があると見なします。逆も同様です。例えば、文字列マッチングを設定していて、指定した値をエンドポイントが返した場合に、Route 53 がヘルスチェックを [異常] と見なすようにできます。文字列一致を実行するヘルスチェックの詳細については、「String matching」を参照してください。

無効

Route 53 によるヘルスチェックの実行を停止させます。ヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は、エンドポイントとの TCP 接続確立を中断しようとします。

ヘルスチェックを無効にすると、Route 53 は、そのヘルスチェックのステータスを常に正常とみなすようになります。DNS フェイルオーバーを設定した場合、Route 53 はトラフィックを引き続き該当するリソースにルーティングします。リソースへのトラックのルーティングを停止させるには、Invert health check status の値を変更します。

注記

ヘルスチェックを無効にしても、ヘルスチェックの料金は適用されます。

ヘルスチェックが失敗した場合の通知を取得する

ヘルスチェックが不合格の場合、次のオプションを使用してメールでの通知を設定します。

アラームの作成 (ヘルスチェックの作成時のみ)

デフォルトの CloudWatch アラームを作成するかどうかを指定します。[はい] を選択すると、このエンドポイントのステータスが異常に変わって、そのエンドポイントの異常状態が 1 分間続いていると Route 53 が判断した場合に、CloudWatch が Amazon SNS 通知を送信します。

注記

ステータスが正常に戻ったときに CloudWatch が別の Amazon SNS 通知を送信するようにするには、ヘルスチェックの作成後にアラームをもう 1 つ作成します。詳細については、Amazon CloudWatchユーザーガイドの「Amazon CloudWatchアラームの作成]を参照してください。

既存のヘルスチェックにアラームを作成する場合、または、エンドポイントが 1 分 (デフォルト値) とは異なる時間、Route 53 に異常な状態とみなされると通知を受け取る場合は、[いいえ] を選択し、ヘルスチェックの作成後にアラームを追加します。詳細については、「CloudWatch を使用したヘルスチェックのモニタリング」を参照してください。

通知の送信先 (アラームの作成時のみ)

CloudWatch が既存または新規の Amazon SNS トピックに通知を送信するかどうかを指定します。

  • [既存の SNS トピック]-リストからトピック名を選択します。トピックは、米国東部 (バージニア北部) リージョンにある必要があります。

  • 新規 SNS トピック [Topic Name (トピック名)] にトピック名を入力し、[受信者]に通知を送信したい[ E メールアドレス] を入力します。複数のアドレスがある場合は、カンマ (,)、セミコロン (;)、または空白で区切ります。

    Route 53 は、米国東部 (バージニア北部) リージョンにトピックを作成します。

Topic Name (新しい SNS トピックの作成時のみ)

[ New SNS Topic] を指定した場合、新しいトピック名を入力します。

Recipient email addresses (新しい SNS トピックを作成する場合のみ)

[New SNS Topic] を指定した場合、通知の送信先となるメールアドレスを入力します。複数ある場合は、カンマ (,)、セミコロン (;)、または空白で区切ります。