Image Builder を起動し、ストリーミングアプリケーションをインストールして設定する - Amazon AppStream 2.0

Image Builder を起動し、ストリーミングアプリケーションをインストールして設定する

ユーザーにストリーミングするアプリケーションをインストールして設定するには、まず、次の手順に示すように Image Builder インスタンスを起動します。

重要

Image Builder を起動して実行すると、アカウントに少額の課金が発生する場合があります。詳細については、AppStream 2.0 の料金をご覧ください。

Image Builder を起動するには

  1. AppStream 2.0 コンソールを https://console.aws.amazon.com/appstream2 で開きます。

  2. Image Builder は以下の方法で起動できます。

    • ウェルカム画面が表示され、2 つのオプション ([Try it now] と [Get started]) が表示された場合は、[Get started]、[Custom set up] の順に選択します。

      これら 2 つのオプションの詳細については、Amazon AppStream 2.0 のよくある質問 を参照してください。

    • ウェルカム画面が表示されない場合は、左のナビゲーションペインの [Quick links] を選択して、[Custom set up] を選択します。

    • または、左側のナビゲーションペインで [Images] を選択し、さらに [Image Builder] タブ、[Launch Image Builder] の順に選択します。

  3. [Step 1: Choose Image] で、ベースイメージを選択します。Image Builder を初めて起動するお客様は、AWS がリリースした最新のベースイメージの (デフォルトで選択される) 1 つをご使用になれます。AWS がリリースした最新バージョンのベースイメージの一覧については、「AppStream 2.0 ベースイメージとマネージド型イメージの更新に関するリリースノート」を参照してください。イメージを作成済み、または既存のイメージでアプリケーションを更新する場合、既存のイメージのいずれか 1 つを選択できます。必要なインスタンスファミリーに合ったイメージを選択してください。詳細については、「」を参照してくださいAppStream 2.0 インスタンスファミリー

    [次へ] を選択します。

  4. [Step 2: Configure Image Builder (ステップ 2: Image Builder の設定)] で、以下を実行して Image Builder を設定します。

    • [名前]: Image Builder の固有の名前を入力します。

    • [表示名 (オプション)]: イメージビルダーに表示する名前を入力します (最大 100 文字)。

    • [タグ (省略可能)]: [タグの追加] を選択し、タグのキーと値を入力します。さらにタグを追加するには、この手順を繰り返します。詳細については、「」を参照してくださいAmazon AppStream 2.0 リソースにタグを付ける

    • [インスタンスタイプ]: Image Builder のインスタンスタイプを選択します。インストールする予定のアプリケーションのパフォーマンス要件と一致するタイプを選択します。詳細については、「」を参照してくださいAppStream 2.0 インスタンスファミリー

    • VPC エンドポイント (アドバンスト): 仮想プライベートインターフェイス (VPC) に、インターフェイス VPC エンドポイント (インターフェイスエンドポイント) を作成できます。インターフェイスエンドポイントの作成を開始するには、[Create VPC Endpoint (VPC エンドポイントの作成)] を選択します。このリンクを選択すると、VPC コンソールが開きます。エンドポイントの作成を完了するには、インターフェイス VPC エンドポイントの作成とストリーミングTo create an interface endpoint のステップ 3~6 に従います。

      インターフェイスエンドポイントを作成したら、VPC 内でストリーミングトラフィックを維持するために使用できます。

    • AppStream 2.0 エージェント: このセクションが表示されるのは、AWS が提供する最新のベースイメージを使用していない、あるいは最新バージョンのエージェントを使用するカスタムイメージを使用していない場合だけです。

      AppStream 2.0 エージェントソフトウェアは、ストリーミングインスタンスで実行され、ユーザーがアプリケーションに接続してストリーミングできるようにします。2017 年 12 月 7 日から、ストリーミングインスタンスは最新の AppStream 2.0 エージェントソフトウェアで自動的に更新できます。この機能により、Image Builder には、AWS から入手できる最新の機能、パフォーマンスの強化、およびセキュリティ更新プログラムが確実に含まれるようになります。

      2017 年 12 月 7 日以降に AWS によって発行された任意のベースイメージから新しいイメージを作成することで、AppStream 2.0 エージェントの自動更新を有効にすることができます。Image Builder の起動元のイメージで最新バージョンの AppStream 2.0 エージェントが使用されていない場合は、最新のエージェントを使用して Image Builder を起動するためのオプションを選択してください。

    • IAM ロール (アドバンスト): アカウントから AppStream 2.0 Image Builder に IAM ロールを適用しておくと、AWS 認証情報を手動で管理することなく、Image Builder インスタンスから AWS API をリクエストすることが可能になります。Image Builder に IAM ロールを適用するには、次のいずれかを行います。

  5. [次へ] を選択します。

  6. [Step 3: Configure Network (ステップ 3: ネットワークの設定)] で、以下の操作を行います。

    • パブリックサブネットを持つ VPC にフリートインスタンスのインターネットアクセスを追加するには、[Default Internet Access (デフォルトのインターネットアクセス)] を選択します。NAT ゲートウェイを使用してインターネットアクセスを提供する場合は、[Default Internet Access (デフォルトのインターネットアクセス)] を未選択のままにします。 詳細については、「」を参照してくださいインターネットアクセス

    • [VPC] と [サブネット 1] で、VPC と少なくとも 1 つのサブネットを選択します。耐障害性を高めるために、異なるアベイラビリティーゾーンで 2 つのサブネットを選択することをお勧めします。詳細については、「」を参照してくださいプライベートサブネットの VPC および NAT ゲートウェイを設定する

      独自の VPC とサブネットがない場合は、デフォルトの VPC を使用するか、独自の VPC を作成できます。独自の VPC とサブネットを作成するには、[Create a new VPC (新しい VPC を作成する)] リンクおよび [Create new subnet (新しいサブネットを作成する)] リンクを選択して作成します。これらのリンクを選択すると、Amazon VPC コンソールが開きます。VPC とサブネットを作成したら、AppStream 2.0 コンソールに戻り、[Create a new VPC (新しい VPC を作成する)] リンクと [Create new subnet (新しいサブネットを作成する)] リンクの左側にある更新アイコンを選択してリストに表示します。詳細については、「」を参照してくださいAppStream 2.0 用の VPC の設定

    • [Security group(s) (セキュリティグループ)] で、この Image Builder に関連付ける最大 5 つのセキュリティグループを選択します。独自のセキュリティグループを持たず、デフォルトのセキュリティグループを使用しない場合は、[Create new security group (新しいセキュリティグループを作成する)] リンクを選択して、セキュリティグループを作成します。Amazon VPC コンソールでサブネットを作成したら、AppStream 2.0 コンソールに戻り、[Create new security group (新しいセキュリティグループを作成する)] リンクの左側にある更新アイコンを選択してリストに表示します。詳細については、「」を参照してくださいAmazon AppStream 2.0 のセキュリティグループ

  7. [Active Directory Domain (オプション)] で、このセクションを展開してストリーミングインスタンスコンピュータオブジェクトを配置する Active Directory 設定と組織単位を選択します。選択されたネットワークアクセス設定で DNS による解決が有効であり、ディレクトリと通信できることを確認します。詳細については、「」を参照してくださいAppStream 2.0 でのアクティブディレクトリの使用

  8. [Review] を選択し、Image Builder の詳細を確認します。任意のセクションの設定を変更するには、[Edit] を選択し、必要な変更を加えます。

  9. 設定内容を確認した後、[Launch] を選択します。

    注記

    Image Builder を作成するのに十分な制限 (クォータ) がないというエラーメッセージが表示された場合は、https://console.aws.amazon.com/servicequotas/ の Service Quotas コンソールから制限引き上げリクエストを送信してください。詳細については、Service Quotas ユーザーガイドの「クォータの引き上げのリクエスト」を参照してください。

  10. Image Builder の作成プロセスで、AppStream 2.0 が必要なリソースを準備するまでは、Image Builder のステータスが [Pending (保留中)] と表示されます。Image Builder のステータスを更新するには、[Refresh (更新)] アイコンを定期的にクリックします。ステータスが [Running (実行中)] に変わると、Image Builder の準備完了となり、カスタムイメージを作成できます。

次のステップ

次に、ストリーミングするアプリケーションをインストールして設定し、Image Builder インスタンスのスナップショットを作成してイメージを作成します。詳細については、「」を参照してくださいチュートリアル: AppStream 2.0 コンソールを使用してカスタム AppStream 2.0 イメージを作成する