タグ - AWS Cloud9

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

タグ

タグは、お客様または AWS が AWS リソースにアタッチするラベルまたは属性です。各タグは、キーと、それとペアになるで構成されます。タグを使用して、AWS Cloud9 リソースへのアクセスを制御できます。詳細については、IAM ユーザーガイドの「AWS リソースタグを使用したアクセスの制御」を参照してください 。タグは、「ユーザー定義のコスト配分タグ」で説明されているように、請求情報の管理にも役立ちます。

AWS Cloud9 EC2 開発環境 を作成する場合、AWS Cloud9 には 環境 の管理に必要な特定のシステムタグが含まれます。システムタグは「aws:」で始まります。その作成プロセス中に、独自のリソースタグを追加することもできます。

環境 を作成したら、環境にアタッチされているタグの表示、環境への新しいリソースタグの追加、以前に追加したタグの変更または削除を行うことができます。AWS Cloud9 環境には、最大 50 個のユーザー定義タグをアタッチできます。

次の方法の 1 つまたは複数を使用して、タグを表示または更新します。

警告

前述の方法を使用して AWS Cloud9 に対して作成または更新したタグは、基になるリソースに自動的に反映されません。これを行う方法については、次のセクション「基礎となるリソースへのタグ更新の伝播」を参照してください。

基礎となるリソースへのタグ更新の伝播

AWS Cloud9 CLI コマンドまたは API アクションを使用して、AWS Cloud9 環境にアタッチされたタグを追加、変更、または削除する場合、これらの変更は AWS CloudFormation スタック、 Amazon EC2 インスタンス、 Amazon EC2 セキュリティグループなどの基盤となるリソースに自動的に反映されません。これらの変更は、手動で反映する必要があります。

次の手順をより使いやすくするために、対象の環境の環境 ID を取得できます。これを実行する場合は、次のようにします。

  1. AWS Cloud9 コンソールで、目的の環境を選択し、[View Details (詳細を表示)] を選択します。

  2. [Environment ARN (環境 ARN)] プロパティを探し、環境 ID を記録します。環境 ID は、環境 ARN の一部であり、「environment:」の後ろにあります。

タグの使用目的に応じて、次の 1 つ以上の場所にタグの更新を伝達する必要があります。

AWS CloudFormation スタックへのタグ更新の伝播

注記

AWS CloudFormation スタックにタグ更新を反映させると、それらの更新は、スタックに関連付けられた Amazon EC2 インスタンスと Amazon EC2 セキュリティグループに自動的に伝播されます。

  1. AWS CloudFormation コンソールに移動します。

  2. 対象の AWS Cloud9 環境に対応するスタックを見つけて選択します。環境 ID を記録した場合は、その環境 ID を使用して環境をフィルタリングできます。

  3. [スタック情報] タブの [タグ] セクションで、タグのリストを確認します。

  4. タグを更新する必要がある場合は、ページ上部にある [更新] を選択し、指示に従います。詳細については、AWS CloudFormation ユーザーガイドの「スタックの直接更新」を参照してください 。

describe-stacks および update-stack CLI コマンドを使用してタグを更新することもできます。

Amazon EC2 インスタンスへのタグ更新の伝播

  1. Amazon EC2 インスタンスコンソールに移動します。

  2. 目的の AWS Cloud9 環境に対応する Amazon EC2 インスタンスを見つけて選択します。以前に環境 ID を記録した場合は、それを使用して環境をフィルタリングできます。

  3. [タグ] タブで、必要に応じてタグを表示および更新します。

また、describe-tagscreate-tags、および delete-tags CLI コマンドを使用してタグを更新することもできます。

Amazon EC2 セキュリティグループへのタグ更新の伝播

  1. Amazon EC2 セキュリティグループコンソールに移動します。

  2. 目的の AWS Cloud9 環境に対応するセキュリティグループを見つけて選択します。以前に環境 ID を記録した場合は、それを使用して環境をフィルタリングできます。

  3. [タグ] タブを開き、必要に応じてタグを表示および更新します。

また、describe-tagscreate-tags、および delete-tags CLI コマンドを使用してタグを更新することもできます。