CodeArtifact を使用した の例 AWS CLI - AWS SDK コード例

Doc AWS SDK Examples リポジトリには、他にも SDK の例があります。 AWS GitHub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodeArtifact を使用した の例 AWS CLI

次のコード例は、 AWS Command Line Interface で を使用してアクションを実行し、一般的なシナリオを実装する方法を示しています CodeArtifact。

アクションはより大きなプログラムからのコードの抜粋であり、コンテキスト内で実行する必要があります。アクションは個々のサービス機能を呼び出す方法を示していますが、関連するシナリオやサービス間の例ではアクションのコンテキストが確認できます。

「シナリオ」は、同じサービス内で複数の関数を呼び出して、特定のタスクを実行する方法を示すコード例です。

各例には、 へのリンクが含まれています。このリンクには GitHub、コンテキスト内でコードをセットアップして実行する方法の手順が記載されています。

トピック

アクション

次の例は、associate-external-connection を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリに外部接続を追加するには

次のassociate-external-connection例では、npmjs.com への外部接続を test-repo という名前のリポジトリに追加します。

aws codeartifact associate-external-connection \ --repository test-repo \ --domain test-domain \ --external-connection public:npmjs

出力:

{ "repository": { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "upstreams": [], "externalConnections": [ { "externalConnectionName": "public:npmjs", "packageFormat": "npm", "status": "AVAILABLE" } ] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「外部接続を追加するAWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスAssociateExternalConnection」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、copy-package-versions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

あるリポジトリから別のリポジトリにパッケージバージョンをコピーするには

以下では、test-package という名前のパッケージのバージョン 4.0.0 と 5.0.0 を my-repo から test-repo copy-package-versionsに移動します。

aws codeartifact copy-package-versions \ --domain test-domain \ --source-repository my-repo \ --destination-repository test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --versions '["4.0.0", "5.0.0"]'

出力:

{ "format": "npm", "package": "test-package", "versions": [ { "version": "5.0.0", "revision": "REVISION-1-SAMPLE-6C81EFF7DA55CC", "status": "Published" }, { "version": "4.0.0", "revision": "REVISION-2-SAMPLE-55C752BEE772FC", "status": "Published" } ] }

詳細については、「 AWS CodeArtifact ユーザーガイド」の「リポジトリ間でパッケージをコピーする」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCopyPackageVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-domain を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインを作成するには

次のcreate-domain例では、test-domain という名前のドメインを作成します。

aws codeartifact create-domain \ --domain test-domain

出力:

{ "domain": { "name": "test-domain", "owner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:domain/test-domain", "status": "Active", "createdTime": "2020-10-20T13:16:48.559000-04:00", "encryptionKey": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "repositoryCount": 0, "assetSizeBytes": 0 } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインの作成AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateDomain」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、create-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリを作成するには

次のcreate-repository例では、test-domain という名前のドメイン内に test-repo という名前のリポジトリを作成します。

aws codeartifact create-repository \ --domain test-domain \ --domain-owner 111122223333 \ --repository test-repo \ --description "This is a test repository."

出力:

{ "repository": { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "description": "This is a test repository.", "upstreams": [], "externalConnections": [] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインの作成AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスCreateRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-domain-permissions-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインからアクセス許可ポリシードキュメントを削除するには

次のdelete-domain-permissions-policy例では、test-domain という名前のドメインからアクセス許可ポリシーを削除します。

aws codeartifact delete-domain-permissions-policy \ --domain test-domain

出力:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "BasicDomainPolicy", "Action": [ "codeartifact:GetDomainPermissionsPolicy", "codeartifact:ListRepositoriesInDomain", "codeartifact:GetAuthorizationToken", "codeartifact:CreateRepository" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*", "Principal": { "AWS": "arn:aws:iam::111122223333:root" } } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインポリシーの削除AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteDomainPermissionsPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-domain を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインを削除するには

次のdelete-domain例では、 という名前のドメインを削除しますtest-domain

aws codeartifact delete-domain \ --domain test-domain

出力:

{ "domain": { "name": "test-domain", "owner": "417498243647", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:417498243647:domain/test-domain", "status": "Deleted", "createdTime": "2020-10-20T13:16:48.559000-04:00", "encryptionKey": "arn:aws:kms:us-west-2:417498243647:key/c9fe2447-0795-4fda-afbe-8464574ae162", "repositoryCount": 0, "assetSizeBytes": 0 } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインの削除AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteDomain」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-package-versions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンを削除するには

次のdelete-package-versions例では、test-package という名前のパッケージのバージョン 4.0.0 を削除します。

aws codeartifact delete-package-versions \ --domain test-domain \ --repo test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --versions 4.0.0

出力:

{ "successfulVersions": { "4.0.0": { "revision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=", "status": "Deleted" } }, "failedVersions": {} }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「パッケージバージョンの削除AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeletePackageVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、delete-repository-permissions-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリからアクセス許可ポリシーを削除するには

次のdelete-repository-permissions-policy例では、test-repo という名前のリポジトリからアクセス許可ポリシーを削除します。

aws codeartifact delete-repository-permissions-policy \ --domain test-domain \ --repository test-repo

出力:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": "arn:aws:iam::111122223333:root" }, "Action": [ "codeartifact:DescribePackageVersion", "codeartifact:DescribeRepository", "codeartifact:GetPackageVersionReadme", "codeartifact:GetRepositoryEndpoint", "codeartifact:ListPackages", "codeartifact:ListPackageVersions", "codeartifact:ListPackageVersionAssets", "codeartifact:ListPackageVersionDependencies", "codeartifact:ReadFromRepository" ], "Resource": "*" } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ポリシーの削除AWS CodeArtifact 」を参照してください。

次の例は、delete-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリを削除するには

次のdelete-repository例では、 という名前のドメインtest-repo内の という名前のリポジトリを削除しますtest-domain

aws codeartifact delete-repository \ --domain test-domain \ --repository test-repo

出力:

{ "repository": { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "description": "This is a test repository", "upstreams": [], "externalConnections": [] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「リポジトリの削除AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDeleteRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-domain を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインに関する情報を取得するには

次のdescribe-domain例では、test-domain という名前のドメインの DomainDescription オブジェクトを返します。

aws codeartifact describe-domain \ --domain test-domain

出力:

{ "domain": { "name": "test-domain", "owner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:domain/test-domain", "status": "Active", "createdTime": "2020-10-20T13:16:48.559000-04:00", "encryptionKey": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111", "repositoryCount": 2, "assetSizeBytes": 0, "s3BucketArn": "arn:aws:s3:::assets-111122223333-us-west-2" } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインの概要」を参照してください。 AWS CodeArtifact

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeDomain」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、describe-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリに関する情報を取得するには

次のdescribe-repository例では、test-repo という名前のリポジトリの RepositoryDescription オブジェクトを返します。

aws codeartifact describe-repository \ --domain test-domain \ --repository test-repo

出力:

{ "repository": { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "description": "This is a test repository.", "upstreams": [], "externalConnections": [] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインの作成AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDescribeRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、disassociate-external-connection を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリから外部接続を削除するには

次のdisassociate-external-connection例では、test-repo という名前のリポジトリから npmjs.com への外部接続を削除します。

aws codeartifact disassociate-external-connection \ --repository test-repo \ --domain test-domain \ --external-connection public:npmjs

出力:

{ "repository": { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "upstreams": [], "externalConnections": [] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「外部接続の削除AWS CodeArtifact 」を参照してください。

次の例は、dispose-package-versions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンのアセットを削除し、そのステータスを破棄に設定するには

次のdispose-package-versions例では、test-package バージョン 4.0.0 のアセットを削除し、そのステータスを「廃棄」に設定します。

aws codeartifact dispose-package-versions \ --domain test-domain \ --repo test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --versions 4.0.0

出力:

{ "successfulVersions": { "4.0.0": { "revision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=", "status": "Disposed" } }, "failedVersions": {} }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「 でのパッケージ CodeArtifactの使用AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスDisposePackageVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-authorization-token を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

認証トークンを取得するには

次のget-authorization-token例では、 CodeArtifact 認証トークンを取得します。

aws codeartifact get-authorization-token \ --domain test-domain \ --query authorizationToken \ --output text

出力:

This command will return the authorization token. You can store the output in an environment variable when calling the command.

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ログインコマンドを使用せずに pip を設定するAWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetAuthorizationToken」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-domain-permissions-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインのアクセス許可ポリシードキュメントを取得するには

次のget-domain-permissions-policy例では、test-domain という名前のドメインにアタッチされたアクセス許可ポリシーを取得します。

aws codeartifact get-domain-permissions-policy \ --domain test-domain

出力:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "BasicDomainPolicy", "Action": [ "codeartifact:GetDomainPermissionsPolicy", "codeartifact:ListRepositoriesInDomain", "codeartifact:GetAuthorizationToken", "codeartifact:CreateRepository" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*", "Principal": { "AWS": "arn:aws:iam::111122223333:root" } } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインポリシーの読み取りAWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetDomainPermissionsPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-package-version-asset を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンからアセットを取得するには

次のget-package-version-asset例では、test-package という名前の npm パッケージのバージョン 4.0.0 のpackage.tgzアセットを取得します。

aws codeartifact get-package-version-asset \ --domain test-domain \ --repository test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --package-version 4.0.0 \ --asset 'package.tgz' \ outfileName

出力:

The output for this command will also store the raw asset in the file provided in place of outfileName. { "assetName": "package.tgz", "packageVersion": "4.0.0", "packageVersionRevision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「パッケージバージョンアセットを一覧表示AWS CodeArtifact する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPackageVersionAsset」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-package-version-readme を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンの readme ファイルを取得するには

次のget-package-version-readme例では、test-package という名前の npm パッケージのバージョン 4.0.0 の readme ファイルを取得します。

aws codeartifact get-package-version-readme \ --domain test-domain \ --repo test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --package-version 4.0.0

出力:

{ "format": "npm", "package": "test-package", "version": "4.0.0", "readme": "<div align=\"center\">\n <a href=\https://github.com/test-package/testpack\"> ... more content ... \n", "versionRevision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=" }

詳細については、「 AWS CodeArtifact ユーザーガイド」の「パッケージバージョンの readme ファイルの表示」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetPackageVersionReadme」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-repository-endpoint を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリの URL エンドポイントを取得するには

次のget-repository-endpoint例では、test-repo リポジトリの npm エンドポイントを返します。

aws codeartifact get-repository-endpoint \ --domain test-domain \ --repository test-repo \ --format npm

出力:

{ "repositoryEndpoint": "https://test-domain-111122223333.d.codeartifact.us-west-2.amazonaws.com/npm/test-repo/" }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「リポジトリに接続するAWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスGetRepositoryEndpoint」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、get-repository-permissions-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリのアクセス許可ポリシードキュメントを取得するには

次のget-repository-permissions-policy例では、test-repo という名前のリポジトリにアタッチされたアクセス許可ポリシーを取得します。

aws codeartifact get-repository-permissions-policy \ --domain test-domain \ --repository test-repo

出力:

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": "arn:aws:iam::111122223333:root" }, "Action": [ "codeartifact:DescribePackageVersion", "codeartifact:DescribeRepository", "codeartifact:GetPackageVersionReadme", "codeartifact:GetRepositoryEndpoint", "codeartifact:ListPackages", "codeartifact:ListPackageVersions", "codeartifact:ListPackageVersionAssets", "codeartifact:ListPackageVersionDependencies", "codeartifact:ReadFromRepository" ], "Resource": "*" } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ポリシーを読み取るAWS CodeArtifact 」を参照してください。

次の例は、list-domains を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメインを一覧表示するには

次のlist-domains例では、呼び出しを行う AWS アカウントが所有するすべてのドメインの概要を返します。

aws codeartifact list-domains

出力:

{ "domains": [ { "name": "my-domain", "owner": "111122223333", "status": "Active", "encryptionKey": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE11111" }, { "name": "test-domain", "owner": "111122223333", "status": "Active", "encryptionKey": "arn:aws:kms:us-west-2:111122223333:key/a1b2c3d4-5678-90ab-cdef-EXAMPLE22222" } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「 でのドメイン CodeArtifactの使用AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListDomains」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-package-version-assets を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンのアセットを表示するには

次のlist-package-version-assets例では、test-package という名前の npm パッケージのバージョン 4.0.0 のアセットを取得します。

aws codeartifact list-package-version-assets \ --domain test-domain \ --repo test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --package-version 4.0.0

出力:

{ "format": "npm", "package": "test-package", "version": "4.0.0", "versionRevision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=", "assets": [ { "name": "package.tgz", "size": 316680, "hashes": { "MD5": "60078ec6d9e76b89fb55c860832742b2", "SHA-1": "b44a9b6297bcb698f1c51a3545a2b3b368d59c52", "SHA-256": "d2aa8c6afc3c8591765785a37d1c5acae482a8eb3ab9729ed28922692454f2e2", "SHA-512": "3e585d15c8a594e20d7de57b362ea81754c011acb2641a19f1b72c8531ea39825896bab344ae616a0a5a824cb9a381df0b3cddd534645cf305aba70a93dac698" } } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「パッケージバージョンアセットを一覧表示AWS CodeArtifact する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPackageVersionAssets」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-package-version-dependencies を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンの依存関係を表示するには

次のlist-package-version-dependencies例では、test-package という名前の npm パッケージのバージョン 4.0.0 の依存関係を取得します。

aws codeartifact list-package-version-dependencies \ --domain test-domain \ --repo test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --package-version 4.0.0

出力:

{ "format": "npm", "package": "test-package", "version": "4.0.0", "versionRevision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=", "dependencies": [ { "namespace": "testns", "package": "testdep1", "dependencyType": "regular", "versionRequirement": "1.8.5" }, { "namespace": "testns", "package": "testdep2", "dependencyType": "regular", "versionRequirement": "1.8.5" } ] }

詳細については、「 AWS CodeArtifact ユーザーガイド」の「パッケージバージョンの詳細と依存関係の表示と更新」を参照してください。

次の例は、list-package-versions を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージのパッケージバージョンを一覧表示するには

次のlist-package-versions例では、 という名前のパッケージのパッケージバージョンのリストを返しますkind-of

aws codeartifact list-package-versions \ --package kind-of \ --domain test-domain \ --repository test-repo \ --format npm

出力:

{ "defaultDisplayVersion": "1.0.1", "format": "npm", "package": "kind-of", "versions": [ { "version": "1.0.1", "revision": "REVISION-SAMPLE-1-C7F4S5E9B772FC", "status": "Published" }, { "version": "1.0.0", "revision": "REVISION-SAMPLE-2-C752BEEF6D2CFC", "status": "Published" }, { "version": "0.1.2", "revision": "REVISION-SAMPLE-3-654S65A5C5E1FC", "status": "Published" }, { "version": "0.1.1", "revision": "REVISION-SAMPLE-1-C7F4S5E9B772FC"", "status": "Published" }, { "version": "0.1.0", "revision": "REVISION-SAMPLE-4-AF669139B772FC", "status": "Published" } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「パッケージバージョンを一覧表示AWS CodeArtifact する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPackageVersions」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-packages を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリ内のパッケージを一覧表示するには

次のlist-packages例では、 という名前のドメインの という名前のリポジトリtest-repo内のパッケージを一覧表示しますtest-domain

aws codeartifact list-packages \ --domain test-domain \ --repository test-repo

出力:

{ "packages": [ { "format": "npm", "package": "lodash" } { "format": "python", "package": "test-package" } ] }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「パッケージ名を一覧表示AWS CodeArtifact する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListPackages」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-repositories-in-domain を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

ドメイン内のリポジトリを一覧表示するには

次のlist-repositories-in-domain例では、テストドメイン内のすべてのリポジトリの概要を返します。

aws codeartifact list-repositories-in-domain \ --domain test-domain

出力:

{ "repositories": [ { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "description": "This is a test repository." }, { "name": "test-repo2", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo2", "description": "This is a test repository." } ] }

詳細については、「 AWS CodeArtifact ユーザーガイド」の「リポジトリを一覧表示する」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListRepositoriesInDomain」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、list-repositories を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリを一覧表示するには

次のlist-repositories例では、呼び出しを行う AWS アカウントが所有するドメイン内のすべてのリポジトリの概要を返します。

aws codeartifact list-repositories

出力:

{ "repositories": [ { "name": "npm-store", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "my-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/my-domain/npm-store", "description": "Provides npm artifacts from npm, Inc." }, { "name": "target-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "my-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/my-domain/target-repo", "description": "test target repo" }, { "name": "test-repo2", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo2", "description": "This is a test repository." } ] }

詳細については、「 AWS CodeArtifact ユーザーガイド」の「リポジトリのリスト」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスListRepositories」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、login を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

login コマンドを使用してリポジトリへの認証を設定するには

次のlogin例では、test-domain という名前のドメインで test-repo という名前のリポジトリを使用して npm パッケージマネージャーを設定します。

aws codeartifact login \ --domain test-domain \ --repository test-repo \ --tool npm

出力:

Successfully configured npm to use AWS CodeArtifact repository https://test-domain-111122223333.d.codeartifact.us-west-2.amazonaws.com/npm/test-repo/ Login expires in 12 hours at 2020-11-12 01:53:16-05:00

詳細については、「 ユーザーガイド」の「 AWS CLI の開始方法AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、AWS CLI 「 コマンドリファレンス」の「ログイン」を参照してください。

次の例は、put-domain-permissions-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アクセス許可ポリシーをドメインにアタッチするには

次のput-domain-permissions-policy例では、policy.json ファイルで定義されているアクセス許可ポリシーを test-domain という名前のドメインにアタッチします。

aws codeartifact put-domain-permissions-policy \ --domain test-domain \ --policy-document file://PATH/TO/policy.json

出力:

{ "policy": { "resourceArn": "arn:aws:codeartifact:region-id:111122223333:domain/test-domain", "document": "{ ...policy document content...}", "revision": "MQlyyTQRASRU3HB58gBtSDHXG7Q3hvxxxxxxx=" } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ドメインポリシーの設定AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスPutDomainPermissionsPolicy」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、put-repository-permissions-policy を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

アクセス許可ポリシーをリポジトリにアタッチするには

次のput-repository-permissions-policy例では、policy.json ファイルで定義されているアクセス許可ポリシーを test-repo という名前のリポジトリにアタッチします。

aws codeartifact put-repository-permissions-policy \ --domain test-domain \ --repository test-repo \ --policy-document file://PATH/TO/policy.json

出力:

{ "policy": { "resourceArn": "arn:aws:codeartifact:region-id:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "document": "{ ...policy document content...}", "revision": "MQlyyTQRASRU3HB58gBtSDHXG7Q3hvxxxxxxx=" } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「ポリシーの設定AWS CodeArtifact 」を参照してください。

次の例は、update-package-versions-status を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

パッケージバージョンのステータスを更新するには

次のupdate-package-versions-status例では、test-package パッケージのバージョン 4.0.0 のステータスをアーカイブ済みに更新します。

aws codeartifact update-package-versions-status \ --domain test-domain \ --repo test-repo \ --format npm \ --package test-package \ --versions 4.0.0 \ --target-status Archived

出力:

{ "successfulVersions": { "4.0.0": { "revision": "Ciqe5/9yicvkJT13b5/LdLpCyE6fqA7poa9qp+FilPs=", "status": "Archived" } }, "failedVersions": {} }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「パッケージバージョンのステータスを更新する」を参照してください。 AWS CodeArtifact

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdatePackageVersionsStatus」の「」を参照してください。 AWS CLI

次の例は、update-repository を使用する方法を説明しています。

AWS CLI

リポジトリを更新するには

次のupdate-repository例では、test-domain という名前のドメイン内の test-repo という名前のリポジトリの説明を「更新された説明です」に更新します。

aws codeartifact update-repository \ --domain test-domain \ --repository test-repo \ --description "this is an updated description"

出力:

{ "repository": { "name": "test-repo", "administratorAccount": "111122223333", "domainName": "test-domain", "domainOwner": "111122223333", "arn": "arn:aws:codeartifact:us-west-2:111122223333:repository/test-domain/test-repo", "description": "this is an updated description", "upstreams": [], "externalConnections": [] } }

詳細については、「 ユーザーガイド」の「リポジトリ設定の表示または変更AWS CodeArtifact 」を参照してください。

  • API の詳細については、「 コマンドリファレンスUpdateRepository」の「」を参照してください。 AWS CLI