AWS CodeCommit でのリポジトリのタグ付け - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit でのリポジトリのタグ付け

タグは、ユーザーあるいは AWS が AWS リソースに割り当てるカスタム属性ラベルです。AWS タグは、コミットに適用できる Git タグとは異なります。各 AWS タグは 2 つの部分で構成されます。

  • タグキー (例: CostCenterEnvironmentProjectSecret)。タグキーでは、大文字と小文字が区別されます。

  • タグ値として知られるオプションのフィールド (例: 111122223333Production、チーム名など)。タグ値を省略すると、空の文字列を使用した場合と同じになります。タグキーと同様に、タグ値は大文字と小文字が区別されます。

これらは共にキーと値のペアと呼ばれます。リポジトリに保持できるタグの数の制限およびタグキーとタグ値に適用される制限について詳細は、「制限」を参照してください。

タグを使用すると、AWS リソースの特定と整理に役立ちます。多くの AWS のサービスではタグ付けがサポートされるため、さまざまなサービスからリソースに同じタグを割り当てて、リソースの関連を示すことができます。たとえば、Amazon S3 バケットに割り当てたものと同じタグを CodeCommit リポジトリに割り当てることができます。タグ付け戦略の詳細については、「AWS リソースのタグ付け」を参照してください。

CodeCommit では、プライマリリソースがリポジトリとなります。CodeCommit コンソール、AWS CLI、CodeCommit API または AWS SDK を使用して、リポジトリに対してタグの追加、管理、削除ができます。タグを使用してリポジトリを識別、整理、および追跡するだけでなく、IAM ポリシーのタグを使って、リポジトリを表示および操作できるユーザーを制御することもできます。タグベースのアクセスポリシーの例については、「例 5: タグを使用してリポジトリに対するアクションを許可または拒否する」を参照してください。