アクション構造リファレンス - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

アクション構造リファレンス

このセクションは、アクション設定のみのリファレンスです。パイプライン構造の概念的な概要については、CodePipeline プラインの構造リファレンス を参照してください。

Each action provider in CodePipeline uses a set of required and optional configuration fields in the pipeline structure. このセクションでは、アクションプロバイダー別の以下のリファレンス情報を提供します。

  • OwnerProvider などのパイプライン構造アクションブロックに含まれる ActionType フィールドの有効な値。

  • パイプライン構造のアクションセクションに含まれる Configuration パラメータの説明およびその他のリファレンス情報(必須およびオプション)。

  • JSON および YAML アクションフィールドの有効な例。

このセクションは、より多くのアクションプロバイダーで定期的に更新されます。リファレンス情報は現在、次のアクションプロバイダーで利用できます。