Amazon Cognito のクォータ - Amazon Cognito

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Amazon Cognito のクォータ

AWS アカウントには、AWS のサービスごとにデフォルトのクォータ (以前は制限と呼ばれていました) があります。特に明記されていない限り、クォータはリージョンごとに存在します。一部のクォータについては引き上げをリクエストできますが、その他のクォータについてはリクエストできません。

Amazon Cognito のクォータを表示するには、サービスクォータ コンソールを開きます。ナビゲーションペインで [AWS のサービス] を選択し、[Cognito] を検索します。

クォータの増加を要求するには、以下を参照してください。 割当増額の要求サービスクォータ ユーザーガイド. サービスクォータ でクォータがまだ利用できない場合は、「サービスの制限の引き上げ」フォームを使用します。

accessToken を入力として使用するいずれのオペレーションもユーザーに対してスロットリングされます。このスロットリングは、ユーザープールのスロットリングに加えて行われます。以下のデフォルトの制限は、すべてのユーザーに対する全体的な制限です。

ソフト制限

以下の表で、Amazon Cognito のソフト (デフォルト) 制限を示します。これらは、変更可能な制限です。

Amazon Cognito ユーザープールリソースにおけるソフト制限
Resource デフォルトの制限
ユーザープールあたりのアプリクライアントの最大数 1000*
アカウントあたりのユーザープールの最大数 1000*
ユーザープールあたりのユーザーインポートジョブの最大数 1000*
ユーザープールあたりの ID プロバイダーの最大数 300
ユーザープールあたりのリソースサーバーの最大数 25*
ユーザープールあたりのユーザーの最大数 4.000.000ドル

下の表に示されている制限は、AWS アカウントごとに適用されます。

Amazon Cognito ユーザープール API におけるソフト制限
API の制限 (1 秒あたりのリクエスト数) デフォルトの制限
AdminInitiateAuth 30
AdminRespondToAuthChallenge -20
  • AdminAddUserToGroup

  • AdminRemoveUserFromGroup

  • AdminListGroupsForUser

10*
SignUp、InitiateAuth (サインイン)、ForgotPassword などのユーザー認証操作. 10*

以下の API の作成、更新、削除:

  • UserPool

  • UserPoolClient

  • UserImportJob

  • UserPoolDomain

  • IdentityProvider

  • ResourceServer

1

以下の API の説明:

  • UserPool

  • UserPoolClient

  • UserImportJob

  • UserPoolDomain

5*
ListUsers 25*

以下の API の表示:

  • UserPool

  • UserPoolClients

  • UserImportJobs

5*
SetUICustomization、AddCustomAttributes 1
上記にない管理 API 5*

のソフトリミット Amazon Cognito アイデンティティプール(連合アイデンティティ)

Resource デフォルトの制限
アカウントあたりの ID プールの最大数 1000*
ID プールあたりの Amazon Cognito ユーザープールプロバイダの最大数 $50
ロールベースのアクセスコントロール (RBAC) 用のルールの最大数 25*

のソフトリミット Amazon Cognito 同期

Resource デフォルトの制限
ID あたりのデータセットの最大数 -20
データセットあたりのレコードの最大数 1024
1 つのデータセットの最大サイズ 1 MB

ハード制限

以下の表で、Amazon Cognito のハード制限について説明します。これらは、変更不可な制限です。

ハードリミット Amazon Cognito ユーザープール

Resource Limit
ユーザープールごとのカスタム属性の最大数 $50
属性あたりの最大文字数 2048 バイト
カスタム属性名の最大文字長 -20
パスワードポリシーの最小長/最大長 6 以上 99 以下
1 日に送信される AWS アカウントあたりの E メールの最大数1 $50
メール件名の最大文字数 140
メールメッセージの最大文字数 20,000
SMS 確認メッセージの最大文字数 140
パスワードの最大文字数 256
ID プロバイダー名の最大文字長 40
ID プロバイダーあたり最大識別子 $50
ユーザーにリンクされた ID の最大数 5*
アプリクライアントあたりの最大コールバック URL -100
アプリクライアントあたり最大ログアウト URL -100
リソースサーバーあたりのスコープの最大数 -100
アプリクライアントあたりのスコープの最大数 $50
アカウントあたりのカスタムドメインの最大数 4.
各ユーザーが所属できるグループの最大数 -100
ユーザープールごとのグループの最大数 10,000

コメント

  1. この制限は、Amazon Cognito ユーザープールのデフォルトの E メール機能を使用している場合にのみ適用されます。より高い E メール配信ボリュームを可能にするには、Amazon SES E メールの設定を使用するようにユーザープールを設定します。詳細については、Amazon Cognito ユーザープールの E メール設定 を参照してください。

トークンの有効性に関するハードリミット Amazon Cognito ユーザープール

Resource Limit
ID トークン 5分~1日(含む)
更新トークン 1時間~3650日(含む)
アクセストークン 5分~1日(含む)

のコードの有効性のハードリミット Amazon Cognito ユーザープール

Resource Limit
サインアップ確認コード 24 時間
ユーザー属性検証コードの有効性 24 時間
MFA 認証コード 3 分
パスワードを忘れた場合のコード 1 時間

ハードリミット Amazon Cognito アイデンティティプール(連合アイデンティティ)

Resource Limit
ID プールあたりの ID の最大数 無制限
ID プール名の最大文字長 128 バイト
ログインプロバイダー名の最大文字長 2048 バイト
1 つのリスト/参照 API 呼び出しの最大数 %60
役割マッピングを指定できるIDプロバイダーの最大数 10*

ハードリミット Amazon Cognito 同期

Resource Limit
データセット名の最大文字長 128 バイト
正常なリクエスト後の一括発行の最小待機時間 24 時間