問い合わせブロック: オペレーション時間の確認 - Amazon Connect

問い合わせブロック: オペレーション時間の確認

説明

  • キューで定義されたオペレーション時間内または時間外に問い合わせが行われているかどうかを確認します。

  • 指定されたオペレーション時間に基づいて分岐します。

サポートされるチャネル

次の表に、このブロックでの、指定されたチャネルを使用している問い合わせのルーティング先を示します。

チャンネル サポート対象?

音声

はい

チャット

はい

タスク

はい

問い合わせフロータイプ

このブロックは、次の問い合わせフロータイプで使用できます。

  • 着信問い合わせフロー

  • [Customer queue flow (お客様キューフロー)]

  • [Transfer to Agent flow (エージェントフローへ転送)]

  • [Transfer to Queue flow (キューフローへ転送)]

[Properties] (プロパティ)

複数のオペレーション時間を設定して、キュー別にオペレーション時間を割り当てることができます。手順については、「キューのオペレーション時間とタイムゾーンを設定する」を参照してください。

設定のヒント

  • インスタンス内のエージェントごとに自動的に作成されるエージェントキューには、オペレーション時間が含まれません。

  • このブロックを使用してエージェントキューのオペレーション時間を確認すると、このチェックは失敗し、問い合わせは [Error (エラー)] ブランチにルーティングされます。

設定されているブロック

このブロックが設定されると、次のイメージのようになります。

サンプルフロー

サンプルインバウンドフロー (初回問い合わせエクスペリエンス)

シナリオ

このブロックを使用するシナリオについては、次のトピックを参照してください。