AD Connector を削除する - AWS Directory Service

AD Connector を削除する

AD Connector を削除してもオンプレミスのディレクトリはそのまま残ります。ディレクトリに結合されているインスタンスもすべてそのまま残り、オンプレミスのディレクトリに結合された状態のまま変わりません。引き続き、ディレクトリの認証情報を使用して、このインスタンスにログインできます。

AWS Managed Microsoft AD または Simple AD を削除すると、ディレクトリデータとスナップショットはすべて削除され、復元することはできません。ディレクトリが削除されても、ディレクトリに結合されているインスタンスはすべてそのまま残ります。ただし、ディレクトリの認証情報を使用して、これらのインスタンスにログインすることはできません。これらのインスタンスにログインするには、インスタンス専用のユーザーアカウントを使用します。

AD Connector を削除するには
  1. AWS Directory Service コンソールのナビゲーションペインで、[Directories] (ディレクトリ) をクリックします。

  2. 削除する AD Connector に対して有効になっている AWS アプリケーションがないことを確認します。AWS アプリケーションが有効になっていると、AD Connector を削除できません。

    1. [Directories] (ディレクトリ) ページで、ディレクトリ ID を選択します。

    2. [Directory details] (ディレクトリの詳細) ページで、[Application management] (アプリケーション管理) タブを選択します。[AWS アプリとサービス] セクションで、AD Connector に対して有効になっている AWS アプリケーションを確認できます。

      • AWS Management Console へのアクセスを無効にする。

      • Amazon WorkSpaces を無効にするには、WorkSpaces コンソールでディレクトリからサービスを登録解除する必要があります。詳細については、「Amazon WorkSpaces Administration Guide」(Amazon WorkSpaces 管理ガイド) の「Deregistering from a directory」(ディレクトリからの登録解除) を参照してください。

      • Amazon WorkSpaces Application Manager を無効にするには、Amazon WAM コンソールですべてのアプリケーションの割り当てを削除する必要があります。詳細については、「Amazon WAM Administration Guide」(Amazon WAM 管理ガイド) の「Removing all application assignments」(すべてのアプリケーションの割り当てを削除する) を参照してください。

      • Amazon WorkDocs を無効にするには、Amazon WorkDocs コンソールで Amazon WorkDocs サイトを削除する必要があります。詳細については、「Amazon WorkDocs Administration Guide」(Amazon WorkDocs 管理ガイド) の「Delete a site」(サイトを削除する) を参照してください。

      • Amazon WorkMail を無効にするには、Amazon WorkMail コンソールで Amazon WorkMail 組織を削除する必要があります。詳細については、「Amazon WorkMail Administrator Guide」(Amazon WorkMail 管理者ガイド) の「Remove an organization」(組織を削除する) を参照してください。

      • Amazon FSx for Windows File Server を無効にするには、ドメインから Amazon FSx ファイルシステムを削除する必要があります。詳細については、「Amazon FSx for Windows File Server ユーザーガイド」の「FSx for Windows File Server での Microsoft Active Directory での作業」を参照してください。

      • Amazon Relational Database Service を無効にするには、ドメインから Amazon RDS インスタンスを削除する必要があります。詳細については、「Amazon RDS ユーザーガイド」の「ドメインの DB インスタンスの管理」を参照してください。

      • AWS Client VPN サービスを無効にするには、Client VPN エンドポイントからディレクトリサービスを削除する必要があります。詳細については、「AWS Client VPN 管理者ガイド」の「Active Directory 認証」を参照してください。

      • Amazon Connect を無効にするには、Amazon Connect インスタンスを削除する必要があります。詳細については、「Amazon Connect 管理者ガイド」の「Amazon Connect インスタンスの削除」を参照してください。

      • Amazon QuickSight を無効にするには、Amazon QuickSight のサブスクリプションを解除する必要があります。詳細については、「Amazon QuickSight ユーザーガイド」の「Amazon QuickSight サブスクリプションの削除とアカウントの閉鎖」を参照してください。

      注記

      AWS IAM Identity Center を使用していて、それを削除する予定の AWS Managed Microsoft AD ディレクトリに以前に接続していた場合は、削除する前にまずその ID ソースを変更する必要があります。詳細については、「IAM Identity Center ユーザーガイド」の「ID ソースを変更する」を参照してください。

  3. ナビゲーションペインで [ディレクトリ] を選択します。

  4. 削除するディレクトリを選択し、[削除] をクリックします。AD Connector が削除されるまでに数分かかります。AD Connector を削除すると、ディレクトリリストからも削除されます。