[Creating a task] (タスクの作成) - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

[Creating a task] (タスクの作成)

AWS DMS 移行タスクを作成するには、次の操作を行います。

  • 移行タスクを作成する前に、ソースエンドポイント、ターゲットエンドポイント、およびレプリケーションインスタンスを作成します。

  • 移行方法を選択します。

    • [Migrating data to the target database] (データをターゲットデータベースに移行する) – このプロセスでは、ターゲットデータベースにファイルまたはテーブルを作成し、ターゲットで必要なメタデータを自動的に定義します。また、ソースのデータをテーブルに入力します。テーブルのデータは、効率を高めるために並列でロードされます。このプロセスはの [既存データの移行] AWS Management Console オプションであり、API Full Load で呼び出されます。

    • [Capturing changes during migration] (移行中に変更をキャプチャする) – このプロセスでは、データがソースからターゲットに移行されているときに発生した変更をソースデータベースにキャプチャします。最初にリクエストされたデータの移行が完了すると、変更データキャプチャ (CDC) プロセスがキャプチャした変更をターゲットデータベースに適用します。変更は、1 つのコミットされたトランザクションユニットとしてキャプチャおよび適用され、複数の異なるターゲットテーブルを 1 つのソースコミットとして更新できます。このアプローチでは、ターゲットデータベースにおけるトランザクションの完全性が保証されます。このプロセスは、コンソールでは [Migrate existing data and replicate ongoing changes] (既存データの移行、継続的変更のレプリケーション) オプションとなっており、API では full-load-and-cdc と呼ばれています。

    • [Replicating only data changes on the source database] (データ変更のみソースデータベースにレプリケートする) – このプロセスでは、ソースデータベース管理システム (DBMS) の復旧ログファイルを読み取り、各トランザクションのエントリをまとめます。場合によっては、 AWS DMS 妥当な時間内にターゲットに変更を適用できないことがあります (たとえば、ターゲットにアクセスできない場合など)。このような場合、 AWS DMS 変更内容を必要な限りレプリケーションサーバーにバッファします。DBMS ログを再読み取りしないため、長時間かかる可能性があります。このプロセスは、 AWS DMS コンソールでは [Replicate data changes only] (データ変更のみをレプリケートする) オプションを指します。

  • ソースでラージバイナリオブジェクト (LOB) を処理する方法を決定します。詳細については、「タスク内のソースデータベースの LOB サポートの設定 AWS DMS」をご参照ください。

  • 移行タスクの設定を指定します。これには、ログ記録の設定、移行の制御テーブルに書き込まれるデータ、エラーの処理方法、およびその他の設定が含まれます。タスク設定の詳細については、「AWS Database Migration Service スタスクのタスク設定の指定」をご参照ください。

  • テーブルマッピングを設定して、選択するルールを定義し、移行するデータをフィルタします。テーブルマッピングの詳細については、「テーブルマッピングを使用して、タスクの設定を指定する」をご参照ください。マッピングを指定する前に、ソースデータベースとターゲットデータベースのデータ型マッピングのドキュメントセクションを確認してください。

  • タスクを実行する前に、移行前タスク評価を有効にして実行します。移行前評価の詳細については、「タスクの移行前評価の有効化と操作」をご参照ください。

  • データを移行するタスクに必要な補足データを指定します。詳細については、「タスク設定の補足データを指定する」をご参照ください。

[タスクの作成] ページでタスクへの情報の指定が完了するとすぐにタスクを開始することができます。または、後でダッシュボードページからタスクを開始することもできます。

次の手順では、レプリケーションインスタンス情報とエンドポイントがすでに指定されていることを前提としています。統合の設定の詳細については、「ソースおよびターゲットエンドポイントの作成」をご参照ください。

移行タスクを作成するには
  1. AWS Management Console にサインインし、https://console.aws.amazon.com/dms/v2/ AWS DMS のコンソールを開きます。

    AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーとしてサインインしている場合は、 AWS DMS適切なアクセス権限があることを確認してください。必要なアクセス権限の詳細については、「AWS DMS の使用に必要な IAM アクセス許可」をご参照ください。

  2. ナビゲーションペインで、[データベース移行タスク] を選択し、[タスクの作成] をクリックします。

  3. [データ移行タスクの作成] ページの [タスクの設定] セクションで、タスクのオプションを指定します。次の表で設定について説明します。

    
                        タスクの作成
    使用するオプション この操作を行います

    タスク識別子

    タスクの名前を入力します。

    説明的な Amazon リソースネーム (ARN) - オプション

    デフォルトの AWS DMS ARN を上書きするわかりやすい名前。タスク作成後は名前の変更はできない。

    レプリケーションインスタンス

    使用するレプリケーションインスタンスを表示します。

    ソースデータベースエンドポイント

    使用するソースエンドポイントを表示します。

    ターゲットデータベースエンドポイント

    使用するターゲットエンドポイントを表示します。

    移行タイプ

    使用する移行方法を選択します。既存のデータのみをターゲットデータベースへ移行するか、移行したデータに加えて継続的な変更もターゲットデータベースに送信するかを選択できます。

  4. [タスク設定] セクションでは、タスクの編集、ターゲットテーブル作成モード、タスク停止、LOB 設定、検証、ログ記録の値を指定します。

    使用するオプション この操作を行います

    編集モード

    タスク設定を指定するためにウィザードを使用するか JSON エディターを使用するかを選択する。ウィザードを選択すると、次のオプションが表示される。

    ソーストランザクションの CDC 開始モード

    この設定は、前のセクションの[移行タイプ][データ変更のみをレプリケート] を選択した場合にのみ表示される。

    カスタム CDC 開始モードを無効にする – このオプションを選択すると、次の [作成時に自動的に行う] オプションを使用してタスクを自動的に開始するか、コンソールを使用して手動でタスクを開始できる。

    カスタム CDC 開始モードを有効にする – このオプションを選択すると、変更の処理を開始するカスタム UTC 開始時刻を指定できる。

    ターゲットテーブル作成モード

    この設定は、前のセクションの [移行タイプ] で、[既存のデータを移行する] または [既存のデータを移行して継続的な変更をレプリケートする] を選択した場合にのみ表示される。

    何もしない何もしないモードでは、 AWS DMS ターゲットテーブルがターゲット上に事前に作成されていることを前提としています。テーブルが空でない場合、データ移行中に競合が発生し、DMS タスク エラーが発生する可能性がある。ターゲットテーブル不在の場合、DMS で自動的にテーブルが作成されます。テーブルの構造はそのまま変更されず、既存のデータはテーブル内に残ります。[何もしない] モードは、CDC のみのタスクに適切な選択肢です。この場合、ターゲットテーブルはソースからバックフィルされ、ソースとターゲットの同期を維持するために継続的なレプリケーションが適用されます。テーブルを事前に作成するには、 AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) を使用できる。詳細については、「インストール」を参照してください。 AWS SCT

    [Drop tables on target](ターゲット上のテーブルを削除] ) – ターゲット上のテーブルを削除 モードの場合、 AWS DMS はターゲットテーブルを削除し、これらを移行の開始前に再作成します。この方法では、移行開始時にターゲットテーブルが空になります。 AWS DMS データを効率的に移行するのに必要なオブジェクト (テーブル、プライマリキー、場合によってはユニークインデックス) のみを作成します。 AWS DMS セカンダリインデックス、非プライマリキー制約、またはカラムデータのデフォルトは作成されません。全ロードと CDC または CDC のみのタスクを実行する場合は、この時点で移行を一時停止することをお勧めします。次に、更新および削除ステートメントのフィルタリングをサポートするセカンダリインデックスを作成します。

    [ターゲット上のテーブルを削除] モードを使用する場合は、必要に応じてターゲットデータベースで一部の設定を行います。たとえば、Oracle ターゲットの場合、セキュリティ上の理由からスキーマ (データベースユーザ) AWS DMS を作成することはできません。この場合、 AWS DMS 移行の開始時にテーブルを作成できるように、スキーマユーザーを事前に作成します。 AWS DMS 他のほとんどのターゲットタイプでは、スキーマと関連するすべてのテーブルを適切な設定パラメータで作成します。

    TruncateTruncate モードでは、 AWS DMS 移行が開始される前にターゲットテーブルをすべて切り捨てます。ターゲットテーブル不在の場合、DMS で自動的にテーブルが作成されます。テーブル構造はそのまま維持されますが、ターゲットではテーブルが切り捨てられます。切り捨てモードは全ロードまたは全ロード + CDC の移行に適しています。この場合、移行の開始前にターゲットスキーマは作成済みとします。テーブルを事前に作成するには、 AWS SCTを使用できます。詳細については、「インストール」を参照してください。 AWS SCT

    注記

    ターゲットが MongoDB の場合、[切り捨て] モードではターゲットでテーブルが切り捨てられない。代わりに、コレクションを削除し、すべてのインデックスを失います。ターゲットが MongoDB の場合は [切り捨て] モードの使用は避ける。

    全ロードの完了後にタスクを停止する

    この設定は、前のセクションの [移行タイプ][既存のデータを移行して継続的な変更をレプリケートする] を選択した場合にのみ表示される。

    [Don't stop] (停止しない) - タスクを停止せず、キャッシュされた変更をすぐに適用したら、そのまま続行します。

    キャッシュされた変更の適用前に停止する – キャッシュした変更を適用する前にタスクを停止する。この方法を使用して、変更の適用を高速化する可能性があるセカンダリインデックスを追加できます。

    キャッシュされた変更の適用後に停止 – キャッシュした変更が適用された後にタスクを停止する。トランザクショナルな適用を使用する場合、この方法を使用して、外部キーを追加できます。

    [Include LOB columns in replication] (レプリケーションに LOB 列を含める)

    [Don't include LOB columns] (LOB 列を含めない) – LOB 列は移行対象から除外されます。

    フル LOB モード — サイズに関係なく LOB 全体を移行します。 AWS DMS LOB を [最大 LOB サイズ] パラメーターで制御されるチャンク単位で分割して移行します。このモードは制限付き LOB モードを使用するよりも低速です。

    [Limited LOB mode] (制限付き LOB モード) – LOB を [Max LOB size] (最大 LOB サイズ) パラメータの値まで切り詰めます。このモードは完全 LOB モードを使用するよりも高速です。

    最大 LOB サイズ (KB)

    [制限付き LOB モード] では、[最大 LOB サイズ] の設定を超える LOB 列は指定した [最大 LOB サイズ] まで切り捨てられます。

    検証の有効化

    データの検証を有効にして、ソースからターゲットにデータが正確に移行されることを確認します。詳細については、「AWS DMS データ検証」を参照してください。

    CloudWatch ログを有効にします。

    Amazon によるロギングを有効にします CloudWatch。

  5. [移行前評価] セクションで、移行前評価を実行するかを選択します。移行前評価は、データベース移行タスクを開始する前に潜在的な移行の問題について警告を作成します。詳細については、「移行前評価の有効化と操作」を参照してください。

  6. [移行タスクのスタートアップ設定] セクションで、タスクの作成後に自動的に開始するかを指定します。

  7. [タグ] セクションで、タスクを整理するために必要なタグを指定します。タグを使用すると、IAM ロールとポリシーを管理して、DMS コストを追跡できます。詳細については、「リソースのタグ付け」を参照してください。

  8. タスクの設定を完了した後、[タスクの作成] を選択します。