タスクの事前移行評価の有効化と操作 - AWS Database Migration Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスクの事前移行評価の有効化と操作

事前移行評価では、データベース移行タスクの特定のコンポーネントを評価して、移行タスクが期待どおりに実行されない可能性のある問題を特定するのに役立ちます。この評価では、新規または変更されたタスクを実行する前に問題を特定できます。その後、移行タスク自体の実行中に問題が発生する前に問題を解決できます。これにより、データおよびデータベース環境の修復に必要な特定のデータベース移行の完了の遅延を回避できます。

AWS DMSでは、2 種類の移行前評価にアクセスできます。最初のタイプのプリマイグレーション評価であるプリマイグレーション評価の実行は、2番目のタイプの機能スーパーセットであるデータ型評価です。以下のトピックで説明されています。

注記

データ型評価を含む移行前の評価の実行を行う場合は、データ型の評価を個別に実行する必要はありません。

  1. 移行前の評価の実行の指定、開始、および表示:移行前の評価の実行では、新規または既存の移行タスク構成に基づいて実行する 1 つ以上の個別の評価を指定します。個々の評価では、移行タイプ、サポートされるオブジェクト、インデックス構成、および移行するスキーマおよびテーブルを識別するテーブルマッピングなどのその他のタスク設定などの考慮事項に応じて、サポートされるリレーショナル・ソースまたはターゲット・データベースの特定の要素を評価します。

    たとえば、個々の評価では、移行できるソースデータタイプまたはプライマリキー形式がどのソースデータタイプまたは移行できないかを評価できます。AWS DMSエンジンバージョン。次のいずれかを使用して、最新の評価の実行を開始して表示し、タスクに対する以前のすべての評価実行の結果を表示できます。AWS DMS管理コンソールまたは使用AWS CLIとアクセスする SDKAWS DMSアピ。また、対象として選択した Amazon S3 バケット内のタスクの事前評価の実行結果を表示することもできます。AWS DMSをクリックして、これらの結果を保存します。

    注記

    利用可能な個々のアセスメントの数と種類は、時間の経過とともに増加する可能性があります。定期的な更新の詳細については、評価を個別に指定する

  2. データ型評価の開始と表示— データ型評価は、単一の JSON 構造 (サポートされているリレーショナルソースデータベースインスタンスで正しく移行されない可能性のあるデータ型) で、単一タイプのプリマイグレーション評価の結果を返します。このレポートは、移行用にマップされているソースデータベースのすべてのスキーマおよびテーブルの列にあるすべての問題データ型の結果を返します。最新のデータタイプ評価の結果を作成および表示するには、AWS CLIとアクセスする SDKAWS DMSアピ。また、最新のデータ型の評価の結果を表示することもできます。AWS DMSマネジメントコンソール。アカウントの Amazon S3 バケットで、以前のデータ型の評価の結果を表示できます。AWS DMSこれらのレポートが格納されます。

プレマイグレーション評価を保存して S3 バケットで実行する

次の Identity and Access Management (IAM) ポリシーにより、DMS は作成した S3 バケットに事前評価結果を保存できます。

プレマイグレーション評価のために S3 バケットにアクセスするには

  1. IAM を使用してサービスロールを作成し、サービスロールに次のような IAM ポリシーをアタッチします。コンソールでサービスロールを作成する方法については、「」を参照してください。向けのロールの作成AWSサービス (コンソール)

    //Policy to access S3 bucket { "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Effect":"Allow", "Action":[ "s3:PutObject", "s3:DeleteObject", "s3:GetObject", "s3:PutObjectTagging" ], "Resource":[ "arn:aws:s3:::my-bucket/*" ] }, { "Effect":"Allow", "Action":[ "s3:ListBucket", "s3:GetBucketLocation" ], "Resource":[ "arn:aws:s3:::my-bucket" ] } ] }
  2. 信頼関係を編集し、次の IAM ロールをサービスロールにアタッチして、DMS がそのロールを引き受けることを許可します。

    { "Version":"2012-10-17", "Statement":[ { "Sid":"", "Effect":"Allow", "Principal":{ "Service":"dms.amazonaws.com" }, "Action":"sts:AssumeRole" } ] }