AWS IoT
開発者ガイド

AWS IoT メッセージブローカー

AWS IoT メッセージブローカーを使用すると、クライアントが AWS IoT と通信し、AWS IoT がクライアントと通信できるようになります。クライアントは、トピックにメッセージを発行してデータを送信します。クライアントは、トピックにサブスクライブすることでメッセージを受信します。メッセージブローカーは、メッセージを受信すると、トピックにサブスクライブしているすべてのクライアントにメッセージを転送します。

メッセージブローカーは、セッションごとにすべてのクライアントセッションとサブスクリプションのリストを維持します。メッセージがトピックにパブリッシュされると、ブローカーはトピックにマップされたサブスクリプションとのセッションがあるかどうかを確認します。続いてブローカーは、現在接続されているクライアントのあるすべてのセッションに、パブリッシュされたメッセージを転送します。

ユースケースで AWS IoT を必要としない場合は、要求によりよく合う他の AWS メッセージングサービスについて、「AWS メッセージング」を参照してください。