AWS Lambda
開発者ガイド

Python の AWS Lambda 関数ログ作成

関数コードからログを出力するには、印刷メソッドか、stdout または stderr に書き込む任意のログ記録ライブラリを使用します。次の例では、環境変数の値とイベントオブジェクトをログに記録します。

例 lambda_function.py

import json import os def lambda_handler(event, context): print('## ENVIRONMENT VARIABLES') print(os.environ) print('## EVENT') print(event) return { 'statusCode': 200, 'body': json.dumps('Hello from Lambda!') }

より詳細なログには、ログ記録ライブラリを使用します。

import json import os import logging logger = logging.getLogger() logger.setLevel(logging.INFO) def lambda_handler(event, context): logger.info('## ENVIRONMENT VARIABLES') logger.info(os.environ) logger.info('## EVENT') logger.info(event) return { 'statusCode': 200, 'body': json.dumps('Hello from Lambda!') }

logger からの出力には、ログレベル、タイムスタンプおよびリクエスト ID が含まれています。

[INFO] 2019-04-21T23:24:14.135Z 00d3cdad-8aaf-42b2-af4e-6f8b2cae00a5 ## EVENT [INFO] 2019-04-21T23:24:14.135Z 00d3cdad-8aaf-42b2-af4e-6f8b2cae00a5 {'key1': 'value1', 'key2': 'value2', 'key3': 'value3'}