開始 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

開始

次のセクションは、Amazon Personalize コンソール、AWS CLI、および AWS SDK で Amazon Personalize の使用を開始するのに役立ちます。このチュートリアルでは、600 名のユーザーからの 9,700 本の映画に対する 100,000 件のレーティングで構成される履歴データを使用します。

チュートリアルを簡略化するには:

  • ここでは小さなデータセットを使います。これにより、リソースが生成するあらゆる指標に悪影響が及ぶ可能性があります。チュートリアルは Amazon Personalize ワークフローの紹介を目的としており、必ずしも最高のパフォーマンスを発揮するモデルを生成できるわけではありません。

  • アイテムインタラクションデータセットのみを作成します。ユーザーが映画を見たという事実に基づいており、映画の評価内容は問いません。これにより、トレーニングデータを簡単に作成することができます。

  • イベントレコードのライブユーザーのインタラクションイベントは記録されません。ユーザーイベントをキャプチャする方法については、「イベントの記録」を参照してください。

ドメインデータセットグループまたはカスタムデータセットグループを開始することを選択できます。

  • ドメインデータセットグループは、ドメインに基づいてさまざまなユースケース向けに最適化されたリソースを提供します。ドメインデータセットグループの作成を開始するには、開始方法の前提条件 を完了してから、ドメインデータセットグループの開始方法 のチュートリアルを完了します。

  • カスタムデータセットグループを使用すると、カスタムリソースのみを作成および設定できます。カスタムリソースと User-Personalization レシピを使用してユーザー向けにパーソナライズされた映画のレコメンデーションの提供を開始するには、開始方法の前提条件 を完了してから、カスタムデータセットグループの開始方法 でチュートリアルを開始します。

開始方法の演習を完了したら、不要な料金が発生しないように、作成したリソースを、「リソースのクリーンアップ」の手順に従って削除します。