棒グラフの使用 - Amazon QuickSight

棒グラフの使用

Amazon QuickSight では、水平または垂直方向の次の種類の棒グラフがサポートされます。

  • [Single-measure] (単一測定) - 単一測定棒グラフは、ディメンションの単一測定の値を表示します。たとえば、次のイメージに示すように、リージョンごとの収益目標です。

    
							これは、単一測定棒グラフのイメージです。
  • [Multi-measure] (複数測定) - 複数測定棒グラフは、ディメンションの複数測定の値を表示します。たとえば、次のイメージに示されるように、収益目標とリージョンあたりのコストなどです。

    
							これは、複数測定棒グラフのイメージです。
  • [Clustered] (クラスター化) - クラスター化棒グラフは、ディメンションの単一メジャーの値を、別のディメンションでグループ化して表示します。たとえば、次のイメージに示すように、リージョン内の各チャネルのコストです。

    
							これは、クラスタ化グラフのイメージです。
  • [Stacked] (積み上げ) - 積み上げ棒グラフは、2 つのディメンションの測定を表示する点でクラスタ化棒グラフと似ています。ただし、各子ディメンションのバーを親ディメンションでクラスタ化する代わりに、親ディメンションごとに 1 つのバーが表示されます。その棒内でカラーブロックを使用して子ディメンションの各項目の値を相対的に示します。カラー・ブロックは、その測定の合計に対するチャイルドディメンジョンの各項目の値を反映しています。積み上げ棒グラフでは、選択した測定の最大値に基づいたスケールが使われます。たとえば、次のイメージに示すように、各セグメントのリージョンごとの収益目標です。

    
							これは、積み上げ棒グラフのイメージです。
  • [Stacked 100 percent] (積み上げ 100 パーセント) - 積み上げ 100 パーセント棒グラフは、積み上げ棒グラフに似ています。ただし、積み上げ 100 パーセント棒グラフでは、カラーブロックは、チャイルドディメンションの各項目の100パーセント中の割合を反映しています。たとえば、次のイメージに示すように、各セグメントのリージョンごとのコストの割合などです。

    
							これは、積み上げ100 パーセント棒グラフのイメージです。

棒グラフでは、グループまたは色を使用しないビジュアルの軸上に最大 2,500 個のデータポイントが表示されます。グループまたは色を使用するビジュアルでは、軸上に最大 50 個のデータポイントが表示され、グループまたは色には最大 50 個のデータポイントが表示されます。Amazon QuickSight が表示制限外のデータを取り扱うかについての詳細は、表示制限 を参照してください。

単一メジャーの棒グラフの作成

単一メジャーの棒グラフを作成するには、以下の手順を使用します。

単一メジャーの棒グラフを作成する
  1. 分析ページで、左側にあるツールバーの [Visualize (視覚化する)] を選択します。

  2. 左上にあるアプリケーションバーで [Add] (追加) をクリックし、[Add visual] (ビジュアルを追加) を選択します。

  3. [Visual types(ビジュアルタイプ)] ペインで、次に示されるような [Horizontal bar chart(横棒グラフ)] または [Vertical bar chart(縦棒グラフ)] のアイコンを選択します。

    
								横棒グラフと縦棒グラフのアイコンが赤い四角形で強調表示された、ビジュアルタイプのユーザーインターフェイスのイメージ。
  4. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを[X-axis(X軸)] または [Y-axis(Y軸)] のフィールドウェルにドラッグします。

  5. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、測定を [Value(値)] のフィールドウェルにドラッグします。

複数メジャーの棒グラフの作成

複数メジャーの棒グラフを作成するには、以下の手順を使用します。

複数メジャーの棒グラフを作成する
  1. 分析ページで、左側にあるツールバーの [Visualize (視覚化する)] を選択します。

  2. 左上にあるアプリケーションバーで [Add (追加)] を選択し、[Add visual (ビジュアルを追加)] を選択します。

  3. [Visual types(ビジュアルタイプ)] ペインで、次に示されるような [Horizontal bar chart(横棒グラフ)] または [Vertical bar chart(縦棒グラフ)] のアイコンを選択します。

    
								横棒グラフと縦棒グラフのアイコンが赤い四角形で強調表示された、ビジュアルタイプのユーザーインターフェイスのイメージ。
  4. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを[X-axis(X軸)] または [Y-axis(Y軸)] のフィールドウェルにドラッグします。

  5. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、2つ以上の測定を [Value(値)] のフィールドウェルにドラッグします。

クラスター化された棒グラフの作成

クラスター化された棒グラフを作成するには、以下の手順を使用します。

クラスター化された棒グラフを作成する
  1. 分析ページで、左側にあるツールバーの [Visualize (視覚化する)] を選択します。

  2. 左上にあるアプリケーションバーで [Add] (追加) をクリックし、[Add visual] (ビジュアルを追加) を選択します。

  3. [Visual types(ビジュアルタイプ)] ペインで、次に示されるような [Horizontal bar chart(横棒グラフ)] または [Vertical bar chart(縦棒グラフ)] のアイコンを選択します。

    
								横棒グラフと縦棒グラフのアイコンが赤い四角形で強調表示された、ビジュアルタイプのユーザーインターフェイスのイメージ。
  4. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを[X-axis(X軸)] または [Y-axis(Y軸)] のフィールドウェルにドラッグします。

  5. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、測定を [Value(値)] のフィールドウェルにドラッグします。

  6. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを [Group/Color(グループ/カラー)] のフィールドウェルにドラッグします。

積み上げ棒グラフの作成

積み上げ棒グラフを作成するには、以下の手順を使用します。

積み上げ棒グラフを作成する
  1. 分析ページで、左側にあるツールバーの [Visualize (視覚化する)] を選択します。

  2. 左上にあるアプリケーションバーで [Add (追加)] を選択し、[Add visual (ビジュアルを追加)] を選択します。

  3. [Visual types(ビジュアルタイプ)] ペインで、次に示されるような [Horizontal stacked bar chart(横積み上げ棒グラフ)] または [Vertical stacked bar chart(縦積み上げ棒グラフ)] を選択します。

    
								横および縦積み上げ棒グラフのアイコンが赤い四角形で強調表示されているビジュアルタイプのユーザーインターフェイスのイメージ。
  4. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを[X-axis(X軸)] または [Y-axis(Y軸)] のフィールドウェルにドラッグします。

  5. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを [Group/Color(グループ/カラー)] のフィールドウェルにドラッグします。

  6. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、測定を [Value(値)] のフィールドウェルにドラッグします。

  7. (オプション)データラベルを追加し、合計を表示します。

    1. ビジュアルの右上隅にあるメニューで、[Format Visual (ビジュアルのフォーマット)] を選択します。

    2. 左側に [Format Visual (ビジュアルのフォーマット)] ペインが開いたら、[Data labels (データラベル)] を選択します。

    3. [Show Data labels] (データラベルを表示) をオンにします。

      各測定値のラベルがグラフに表示され、合計値を表示するオプションがペインに表示されます。

    4. [Show totals(合計を表示)] を選択します。

      合計は、グラフ内の各棒に表示されます。

100 パーセント積み上げ棒グラフの作成

100 パーセント積み上げ棒グラフを作成するには、以下の手順を使用します。

100 パーセント積み上げ棒グラフを作成する
  1. 分析ページで、左側にあるツールバーの [Visualize (視覚化する)] を選択します。

  2. 左上にあるアプリケーションバーで [Add (追加)] を選択し、[Add visual (ビジュアルを追加)] を選択します。

  3. [Visual types(ビジュアルタイプ)] ペインで、次に示されるような [Horizontal stacked 100% bar chart(横積み上げ100%棒グラフ)] または [Vertical stacked bar chart(縦積み上げ100%棒グラフ)] を選択します。

    
								横および縦積み上げの 100% 棒グラフアイコンが赤い四角で強調表示されている、ビジュアルタイプのユーザーインターフェイスのイメージ。
  4. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、ディメンションを[X-axis(X軸)] または [Y-axis(Y軸)] のフィールドウェルにドラッグします。

  5. [Fields list(フィールドリスト)] のペインから、2つ以上の測定を [Value(値)] のフィールドウェルにドラッグします。

棒グラフの機能

以下の表を使用して、棒グラフでサポートされている機能を確認してください。

機能 サポート対象? コメント 詳細については
凡例表示の変更 はい (例外あり) 複数測定棒グラフおよびクラスター棒グラフには凡例が表示されますが、単一測定水平棒グラフには凡例は表示されません。 QuickSight のビジュアルタイプの凡例
タイトル表示の変更 はい QuickSight のビジュアルタイプに関するタイトルとサブタイトル
軸範囲の変更 はい QuickSight のビジュアルタイプの範囲とスケール
軸線、グリッド線、軸ラベル、軸ソートアイコンの表示/非表示 はい QuickSight のビジュアルタイプの軸とグリッドライン
ビジュアル色の変更 はい QuickSight のビジュアルタイプの色
要素への注目または要素の除外 はい (例外あり) グラフの任意の棒に注目したり、棒を除外したりできます。ただし、軸のディメンションとして日付フィールドを使用している場合を除きます。この場合は、1 つの棒に注目できますが、除外はできません。

ビジュアル要素へのフォーカス

ビジュアル要素の除外

ソート はい 軸および値に選択したフィールドでソートを実行できます。 Amazon QuickSight でのビジュアルデータのソート
フィールド集計の実行 はい 集計は、値に選択したフィールドに適用する必要があります。軸またはグループ/色に選択したフィールドには集計を適用できません。 フィールド集計の変更
ドリルダウンの追加 はい 軸および [Group/Color (グループ/色)] のフィールドウェルにドリルダウンレベルを追加できます。 Amazon QuickSight のビジュアルデータへのドリルダウンの追加
データラベルを表示する はい QuickSight のビジュアルタイプのデータラベル
積み上げ棒グラフの合計を表示する はい 積み上げ棒グラフでの合計値の表示は、データラベルの表示を選択した場合のみ可能です。 積み上げ棒グラフ