Amazon AWS の使用中にプロビジョニングされたリソースを監視する SageMaker - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon AWS の使用中にプロビジョニングされたリソースを監視する SageMaker

モニタリングは、 AWS その他のソリューションの信頼性、可用性、パフォーマンスを維持する上で重要な部分です。 SageMaker AWS には、異常を監視して報告し SageMaker、必要に応じて自動的にアクションを実行するための以下の監視ツールが用意されています。

  • Amazon は、 CloudWatch AWS AWS お客様のリソースとお客様が実行するアプリケーションをリアルタイムで監視します。メトリクスを収集および追跡し、カスタマイズされたダッシュボードを作成し、指定されたメトリックが指定したしきい値に達したときに通知またはアクションを実行するアラームを設定できます。たとえば、Amazon EC2 インスタンスの CPU CloudWatch 使用率やその他のメトリックスを追跡し、必要に応じて新しいインスタンスを自動的に起動できます。詳細については、Amazon CloudWatch ユーザーガイドを参照してください

  • Amazon CloudWatch Logs では、EC2 インスタンスやその他のソースからのログファイルを監視 AWS CloudTrail、保存、アクセスできます。 CloudWatch ログはログファイル内の情報を監視し、特定のしきい値に達すると通知してくれます。高い耐久性を備えたストレージにログデータをアーカイブすることもできます。詳細については、Amazon CloudWatch Logs ユーザーガイドを参照してください

  • AWS CloudTrailアカウントによって、 AWS またはアカウントに代わって行われた API 呼び出しと関連イベントをキャプチャし、指定した Amazon S3 バケットにログファイルを配信します。どのユーザーとアカウント AWS、呼び出しが行われたソース IP アドレス、呼び出しがいつ発生したかを特定できます。詳細については、『AWS CloudTrail ユーザーガイド』を参照してください。

  • CloudWatch Events は、 AWS リソースの変化を説明するシステムイベントのストリームをほぼリアルタイムで配信します。Create CloudWatch Events ルールは、 SageMakerトレーニング、ハイパーパラメータチューニング、またはバッチ変換ジョブのステータス変化に対応します。