AWS Snowball Edge とは。 - AWS Snowball Edge 開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Snowball Edge とは。

AWS Snowball Edge は特定の AWS の機能向けに、オンボードのストレージと処理能力を備えた Snowball デバイスです。Snowball Edge は、ローカル環境や AWS クラウド 間のデータ転送だけでなく、ローカルの処理およびエッジコンピューティングワークロードにも対応できます。

各 Snowball Edge デバイスは、インターネットよりも高速でデータを転送できます。この転送は、アプライアンス内のデータをリージョンのキャリアが配送することで行われます。アプライアンスは頑丈で、E Ink 配送ラベルを完備しています。

Snowball Edge デバイスのデバイス設定には、ストレージの最適化コンピューティングの最適化GPU によるコンピューティングの最適化の 3 つのオプションが用意されています。このガイドでは、Snowball Edge デバイスとはこのデバイスのすべてのオプションを指しています。特定の情報がデバイスの 1 つ (あるいは複数) の設定のみに適用される場合 (GPU を使用した Snowball Edge にオンボード GPU 周辺機能が用意される詳細など) には、限定して呼び出します。詳細については、「Snowball Edge デバイスオプション」を参照してください。

AWS Snowball Edge の特徴

Snowball Edge デバイスには次のような特徴があります。

  • デバイス用の大容量のストレージ容量とコンピューティング機能。これは、ジョブの作成時に選択するオプションによって異なります。

  • 最大で 100 ギガビット/秒の転送速度のネットワークアダプタ。

  • 暗号化が強制であり、保管中や輸送中のデータを保護します。

  • ローカル環境と Amazon S3 の間でデータをインポートまたはエクスポートし、1 つ以上のデバイスでインターネットを使用せずにデータを物理的に転送できます。

  • Snowball Edge デバイスは、それ自体が頑丈なボックスです。デバイスが発送可能になると、組み込みの E Ink ディスプレイが変化して配送ラベルを表示します。

  • Snowball Edge デバイスには、ネットワーク接続を管理し、サービスステータスの情報を取得するために使用できるオンボードの LCD ディスプレイが装備されています。

  • Snowball Edge デバイスは、ローカルストレージおよびコンピューティングジョブ用にクラスター化できます。これにより、5~10 個のデバイスでデータの耐久性を実現し、必要に応じてストレージをローカルで拡大または縮小できます。

  • ファイルインターフェイスを使用して、AWS Snowball Edgeファイル共有または Network File System (NFS) マウントポイントを介したデバイス。

  • 作成時に、Python 言語の Lambda 関数を作成して Amazon S3 バケットに関連付けることができます。AWS Snowball Edgeデバイスのジョブ。各関数は、デバイス上の関連するバケットでローカルの Amazon S3 PUT オブジェクトでアクションが実行された場合にトリガーされます。

  • Snowball Edge デバイスには Amazon S3 および Amazon EC2 と互換性のあるエンドポイントが用意されており、ユースケースをプログラムで実行できます。

  • Snowball Edge デバイスでは、新しい sbe1sbe-c、および sbe-g インスタンスタイプがサポートされています。このインスタンスタイプでは Amazon マシンイメージ (AMI) を使用してデバイスでコンピューティングインスタンスを実行できます。

Snowball Edge を使用する際の前提条件

ジョブに関連付けられた Amazon S3 バケットは、Amazon S3 標準ストレージクラスを使用する必要があります。最初のジョブを作成する前に、以下の点に留意してください。

Amazon S3 にデータをインポートするジョブについては、以下のステップに従ってください。

Amazon S3 からデータをエクスポートする前に、以下のステップに従ってください。

  • ジョブの作成時に、エクスポートされるデータを確認します。詳細については、「エクスポート範囲の使用」を参照してください。

  • ファイル名にコロン (:) を含むファイルがある場合は、Amazon S3 でファイル名を変更してから、これらを取得するエクスポートジョブを作成します。ファイル名にコロンが含まれている場合は、ファイルを Microsoft Windows Server にエクスポートすることはできません。

コンピューティングインスタンスを使用するジョブの場合:

  • ジョブに任意の AMI を追加する前に、サポートされるイメージタイプの AMI を AWS アカウント で所有する必要があります。現在、サポートされている AMI は、Amazon Linux 2CentOS 7 (x86_64) - with Updates HVMUbuntu 16.04 LTS - Xenial (HVM) イメージに基づいています。これらのイメージは、AWS Marketplace から取得できます。

  • SSH を使用して Snowball Edge で実行されているインスタンスに接続している場合は、インスタンスに接続するためのキーペアが事前に必要です。

  • デバイスでコンピューティングインスタンスを使用する際の固有の情報については、「Amazon EC2 コンピューティングインスタンスの使用」を参照してください。

次を使用できます。AWS Snowball Edge次の関連のあるデバイスAWSサービス:

  • Simple Storage Service (Amazon S3)— データを転送するAWS Snowball EdgeAmazon S3 API オペレーションのサブセットをサポートする Snowball Edge 向けの Amazon S3 API を使用するデバイス。単一の Snowball Edge デバイスで行うこともできますが、データの耐久性を向上させるためデバイスのクラスターで行うこともできます。

    上にホストされているデータをインポートすることもできます。AWS Snowball Edge発送された Snowball Edge デバイスを介して Amazon S3 やローカル環境にデバイスを接続します。詳細については、Amazon Simple Storage Serviceユーザーガイドを参照してください。

  • Amazon EC2 - Amazon EC2 API オペレーションのサブセットをサポートする Amazon EC2 と互換性のあるエンドポイントを使用して、Snowball Edge デバイスでコンピューティングインスタンスを実行します。AWS で Amazon EC2 を使用する方法の詳細については、Amazon EC2 Linux インスタンスの開始方法を参照してください。

  • AWS Lambda電源供給AWS IoT Greengrass— 上で実行された Amazon S3 ストレージアクションに基づいて Lambda 関数を呼び出します。AWS Snowball Edgeデバイス。これらの Lambda 関数は、AWS Snowball Edgeジョブ作成中のデバイス。Lambda の使用方法の詳細については、AWS Lambda デベロッパーガイドを参照してください。

  • Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) - EC2 インスタンスで使用するためのブロックレベルのストレージボリュームを提供します。詳細については、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) を参照してください。

  • AWS Identity and Access Management (IAM) - このサービスを使用して、AWS リソースへのアクセスを安全に制御します。詳細については、IAM とはを参照してください。

  • AWS Security Token Service (AWS STS) - IAM ユーザーまたは認証するユーザー (フェデレーティッドユーザー) に対して、権限が制限された一時的な認証情報をリクエストします。詳細については、「IAM のテンポラリセキュリティ認証情報」を参照してください。

  • Amazon EC2 Systems Manager - このサービスを使用して、AWS のインフラストラクチャを表示および制御します。詳細については、AWS Systems Manager とはを参照してください。

のサービスへのアクセス

AWS Snow ファミリーマネジメントコンソール またはジョブ管理 API のいずれかを使用して、ジョブを作成、管理できます。ジョブ管理 API の詳細については、AWS Snowball のジョブ管理 API リファレンスを参照してください。

へのアクセスAWS Snowball Edgeデバイス

Snowball Edge デバイスがオンサイトになったら、複数の異なる方法でデバイスにアクセスできます。各デバイスに組み込まれている LCD ディスプレイ (ネットワーク設定にのみ使用)、Amazon S3 および Amazon EC2 互換のエンドポイント、または利用可能なファイルインターフェイスを使用できます。詳細については、「AWS Snowball Edge デバイスの使用」を参照してください。

AWS Snowball Edge の料金

サービスやそのデバイスに関する料金表や料金については、を参照してください。AWS Snowball Edgeの料金」を参照してください。

AWS Snowball を初めてお使いになる方向けの情報

AWS Snow Family サービスを初めて使用する方は、次のセクションを順を追って読むことをお勧めします。

  1. デバイスタイプとオプションの詳細については、AWS Snowball Edge デバイスの相違点 を参照してください。

  2. ジョブのタイプに関する詳細ついては、「AWS Snowball Edge ジョブについて」を参照してください。

  3. Aの場合 end-to-end の使用方法の概要AWS Snowball Edgeデバイス、「」を参照してください。AWS Snowball Edge の仕組み

  4. 始める準備ができたら、「使用開始」を参照してください。

  5. デバイスでのコンピューティングインスタンスの使用方法については、「Amazon EC2 コンピューティングインスタンスの使用」を参照してください。