AWS X-Ray と Step Functions - AWS Step Functions

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS X-Ray と Step Functions

以下を使用できます。 AWS X-Ray ステート マシンのコンポーネントを視覚化し、パフォーマンスのボトルネックを特定し、エラーの原因となったリクエストのトラブルシューティングを行います。ステート マシンがトレース データを に送信 X-Ray、および X-Ray は、データを処理してサービスマップと検索可能なトレースサマリーを生成します。

付 X-Ray ステート マシンで有効になっている場合、リクエストは で実行されるときにトレースできます。 Step Functions、すべてのAWSリージョンで、 X-Ray が利用可能です。これにより、 Step Functions 要求。X-Ray サービスマップを使用して、X-Ray と統合されている AWS サービスなど、リクエストのレイテンシーを表示できます。また、サンプリングルールを設定して、指定した条件に応じて、記録するリクエストとそのサンプリングレートを X-Ray に指示できます。

以下を使用できます。 AWS X-Ray と Step Functions 両方がサポートされている地域。詳細は、 Step Functions および X-Ray の地域サポートについては、エンドポイントおよびクォータのページを参照してください。 X-Ray および Step Functions.

X線およびステップ機能の組み合わせクォータ

データをトレースに最大7日間追加し、トレースデータのクエリを30日間遡ることができます。 X-Ray トレースデータを保存します。お客様のトレースは、 X-Ray クォータ。他のクォータに加えて、 X-Ray は、最小保証トレースサイズ100KBを提供します。 Step Functions 状態マシン。100KBを超えるトレースデータが X-Ray、これによりトレースが凍結される場合があります。『グループ管理ガイド』の「サービスクォータ」の X-Ray エンドポイントとクォータ ページを参照してください。 X-Ray.

セットアップと構成

有効化 X-Ray ステート マシン作成時のトレース

有効化できます。 X-Ray 選択して新しいステート マシンを作成するときのトレース 有効化 X-Ray トレース 上の 詳細を指定 ページ。

  1. [ Step Functions コンソールを選択し、 ステート マシンの作成.

  2. [ ステート マシンの定義 ]ページで、 コードスニペットを含む著者 又は テンプレートから始める. サンプル プロジェクトの実行を選択した場合、 X-Ray トレーシングを有効にする必要があります。 X-Ray ステート マシン作成後のトレース。参照 有効化 X-Ray 既存のステート マシンで を参照してください。

    [] を選択します。

  3. [ 詳細を指定 」ページで、ステート マシンを構成します。

  4. 選択 有効化 X-Ray トレース.

    
              X-Ray 有効化

    あなたの Step Functions ステートマシンがトレースを X-Ray ステート マシン実行用です。

    注記

    既存の IAM 必ず、 X-Ray 書き込みが許可されます。

有効化 X-Ray 既存のステート マシンで

有効にするには X-Ray 既存のステート マシンで:

  1. [ Step Functions トレースを有効にするステートマシンを選択します。

  2. [Edit (編集)] を選択します。

  3. 選択 有効化 X-Ray トレース.

    
              X-Ray 有効化

    追加の変更が必要になる可能性があることを知らせる通知が表示されます。

    注記

    有効化すると、 X-Ray 既存のステート マシンの場合は、 IAM 十分な許可を与えるポリシー X-Ray トレースを実行します。手動で追加することも、生成することもできます。詳細については、 IAM ポリシーセクション X-Ray.

  4. (オプション) ステート マシンに含む新しいロールを自動生成します。 X-Ray 許可。

  5. [Save] を選択します。

構成 X-Ray トレース Step Functions

ステート マシンを初めて実行するときに、 X-Ray トレーシングを有効にすると、 X-Ray トレース。AWS(AWS) X-Ray は、アプリケーションに送信されるすべてのリクエストのデータを収集しません。代わりに、統計的に有意な数のリクエストのデータを収集します。デフォルトは、1秒ごとに最初のリクエストを記録し、追加リクエストの5%を記録することです。1 秒あたり 1 つのリクエストがリザーバです。これにより、サービスがリクエストを処理している限り、毎秒少なくとも 1 つのトレースが記録されます。5% は、リザーバサイズを超えて追加リクエストがサンプリングされるレートです。

開始時にサービス料がかからないように、デフォルトのサンプリングレートは控えめになっています。 デフォルトのサンプリングルールを変更し、サービスまたはリクエストのプロパティに基づいてサンプリングを適用する追加のルールを設定するように X-Ray を設定できます。

たとえば、サンプリングを無効にして、状態を変更したり、ユーザーアカウントやトランザクションを処理したりする呼び出しのすべての要求をトレースすることができます。バックグラウンド・ポーリング、ヘルス・チェック、接続メンテナンスなど、大量の読み取り専用コールでは、低速でサンプリングを行い、問題の発生を観察するのに十分なデータを取得できます。

ステート マシンのサンプリング ルールを構成するには:

  1. X-Ray コンソールに移動します。

  2. [サンプリング] を選択します。

  3. ルールを作成するには、[サンプリングルールの作成] を選択します。

    ルールを編集するには、ルールの名前を選択します。

    ルールを削除するには、ルールを選択し、[アクション] メニューを使用して削除します。

名前や優先度など、既存のサンプリングルールの一部は変更できません。代わりに、既存のルールを追加または複製し、必要な変更を行ってから、新しいルールを使用します。

詳細については、 X-Ray サンプリングルールと各種パラメータの設定方法。 でのサンプリングルールの構成 X-Ray コンソール.

Concepts

X-Ray コンソール

AWS X-Ray コンソールでは、サービスマップと、アプリケーションが処理するリクエストのトレースを表示できます。コンソールにアクセスして、 X-Ray ステートマシンで有効になっている場合。

参照 X-Ray コンソールの表示 」を参照してください。 X-Ray ステート マシン実行用のコンソール。

『 X-Ray コンソール、 X-Ray コンソールのドキュメント.

セグメント、サブセグメント、トレース

A セグメント は、要求に関する情報をステート マシンに記録します。これには、ステートマシンが実行する作業などの情報が含まれ、 サブセグメント ダウンストリームコールに関する情報が含まれます。

A トレース は、単一のリクエストによって生成されたすべてのセグメントを収集します。

Sampling

効率的なトレースを確保し、アプリケーションが処理するリクエストの代表サンプルを提供するために、 X-Ray は、 サンプリング アルゴリズムを使用して、どのリクエストがトレースされるかを決定します。これは、サンプリングルールを編集することで変更できます。

Metrics

ステートマシンの場合、 X-Ray は、呼び出し時間、状態遷移時間、全体的な実行時間 Step Functions、およびこの実行時間の分散。この情報は、 X-Ray コンソール。

Analytics

[ AWS X-Ray Analytics Console は、トレースデータを解釈するためのインタラクティブなツールです。現在のトレースセットに関連付けられているグラフとメトリクスおよびフィールドのパネルをクリックして、アクティブなデータセットをきめ細かく絞り込むことができます。これにより、ステート マシンのパフォーマンスを分析し、パフォーマンスの問題をすばやく特定して特定できます。

詳細情報については、 X-Ray 分析、参照 との対話 AWS X-Ray 分析コンソール

Step Functions サービス統合と X-Ray

AWSサービスの一部は、 Step Functions AWSとの統合を提供 X-Ray トレースヘッダーをリクエストに追加して、 X-Ray サンプリング決定を行い、トレースデータを X-Ray. その他は、 AWS X-Ray SDK。少数ではまだサポートしていない X-Ray 統合です。 X-Ray 完全なトレース・データを提供するには、サービス統合を Step Functions

ネイティブ X-Ray サポート

ネイティブの X-Ray サポートには以下が含まれます。

計装が必要

必要なサービス統合 X-Ray インストゥルメンテーション:

  • Amazon Elastic Container Service

  • AWS Batch

  • AWS Fargate

クライアント側のトレースのみ

その他のサービス統合はサポートしていない X-Ray トレース。ただし、クライアント側のトレースは収集できます。

  • Amazon DynamoDB

  • Amazon EMR

  • Amazon SageMaker

  • AWS CodeBuild

  • AWS Glue

X-Ray コンソールの表示

X-Ray は、サービスからセグメントとしてデータを受信します。 X-Ray 共通のリクエストを持つセグメントをトレースにグループ化します。 X-Ray は、トレースを処理して、アプリケーションの視覚的表現を提供するサービスグラフを生成します。

ステート マシンの実行を開始した後、 X-Ray トレースを X-Ray トレースマップ リンク、 実行内容 セクション。


        X-Ray トレース

有効化した後 X-Ray ステート マシンでは、 X-Ray コンソール。

表示 X-Ray トレース情報 Step Functions

次の手順は、有効化後にコンソールでどのような情報を表示できるかを示しています。 X-Ray 実行することができます。 X-Ray のトレース コールバックパターンの例 (Amazon SQS、Amazon SNS、Lambda) サンプル・プロジェクトが表示されます。

Traces

実行が完了したら、 X-Ray 表示される X-Ray トレース ページ。これは、サービスマップの概要と、ステートマシンのトレースおよびセグメント情報を表示します。


        X-Ray トレース

サービスマップ

[サービス マップ] X-Ray コンソールは、エラーが発生したサービス、遅延の大きい接続が存在するサービス、失敗したリクエストのトレースを確認するのに役立ちます。


        X-Ray トレース

トレースマップでは、サービスノードを選択してそのノードに対するリクエストを表示するか、2 つのノード間のエッジを選択してその接続を経由したリクエストを表示できます。ここでは、 WaitForCallBack ノードが選択され、その実行および応答ステータスに関する追加情報を表示できます。


        X-Ray トレース

どのように X-Ray サービスマップはステートマシンと相関します。によって呼び出される各サービス統合のサービスマップノードがあります。 Step Functionsは、 X-Ray.


        X-Ray トレース

セグメントとサブセグメント

A トレース は、 セグメント 単一のリクエストによって生成されます。各セグメントはリソースの名前、要求の詳細、および完了した仕事の詳細を提供する。[ トレース をクリックすると、セグメントと、それに対応するサブセグメント(展開されている場合)が表示されます。セグメントまたはサブセグメントを選択すると、その詳細が表示されます。

各タブを選択すると、セグメントとサブセグメントの情報がどのように表示されるかが表示されます。

Overview of Segments

このステートマシンのセグメントとサブセグメントの概要。サービス・マップには、ノードごとに異なるセグメントがあります。


              セグメント
View segment detail

セグメントを選択すると、リソースの名前、リクエストの詳細、完了した作業の詳細が表示されます。


              セグメント詳細
View subsegment detail

セグメントでは、完了した作業に関するデータをサブセグメントに分けることができます。サブセグメントを選択すると、より詳細なタイミング情報と詳細が表示されます。サブセグメントには、AWS のサービス、外部 HTTP API、SQL データベースに対する呼び出しに関する追加の詳細を含めることができます。


              サブセグメントの詳細

Analytics

[ AWS X-Ray アナリティクス コンソールは、トレース・データを解釈するためのインタラクティブなツールです。これを使用すると、ステート マシンのパフォーマンスをより簡単に把握できます。このコンソールを使用すると、インタラクティブな応答時間グラフと時系列グラフを使用して、トレースを調査、分析、および視覚化できます。これにより、パフォーマンスおよび遅延の問題をすばやく特定できます。

現在のトレースセットに関連付けられているグラフとメトリクスおよびフィールドのパネルをクリックして、アクティブなデータセットをきめ細かく絞り込むことができます。


        分析

Configuration

サンプリングおよび暗号化オプションは、 X-Ray コンソール。

Sampling

選択 サンプリング サンプリング・レートと構成の詳細を表示します。サンプリングルールを変更して、記録するデータの量を制御したり、特定の要件に合わせてサンプリング動作を変更したりできます。


              サンプリング
Encryption

選択 暗号化 暗号化設定を変更します。デフォルト設定を使用できます。 X-Ray は、トレースと保存日を暗号化するか、必要に応じて顧客マスターキーを選択できます。標準 AWS KMS 後者の場合、料金が適用されます。


              暗号化設定

トレース・マップまたはサービス・マップにデータがない場合はどうなりますか?

有効にした場合 X-Rayは、 X-Ray コンソールで、次のことを確認します。

  • あなたの IAM 役割が正しく設定され、 X-Ray.

  • サンプリングルールは、データのサンプリングを可能にします。

  • 新規作成・変更前に少し遅れることがあるため IAM 数分後に、トレースまたはサービスマップを再度チェックしてください。

  • もし データが見つかりません を X-Ray [トレース] パネルでは、 IAM アカウント設定 そして AWS Security Token Service は、目的の領域に対して有効になっています。詳細については、以下を参照してください。 [ IAM ユーザーガイド.