Step Functions で Lambda を呼び出す - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step Functions で Lambda を呼び出す

Step Functions は、Amazon States Language から、AWS の特定のサービスを直接制御することができます。AWS Step Functions との協働および統合の詳細については、以下を参照してください。

Optimized Lambda 統合と Lambda AWS SDK 統合との違い
  • レスポンスの Payload フィールドは、エスケープされた Json から Json に解析されます。

  • レスポンスにフィールド FunctionError が含まれている場合、タスクは失敗します。

状態の出入力および結果の管理については、Step Functions の入出力処理 を参照してください。

サポートされている AWS Lambda API:

以下には、Lambda 関数を呼び出す Task 状態が含まれます。

{ "StartAt":"CallLambda", "States":{ "CallLambda":{ "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:states:::lambda:invoke", "Parameters":{ "FunctionName":"MyFunction" }, "End":true } } }

以下には、コールバックサービス統合パターンを実行する Task の状態が含まれます。

{ "StartAt":"GetManualReview", "States":{ "GetManualReview":{ "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:states:::lambda:invoke.waitForTaskToken", "Parameters":{ "FunctionName":"get-model-review-decision", "Payload":{ "model.$":"$.new_model", "token.$":"$$.Task.Token" }, "Qualifier":"prod-v1" }, "End":true } } }

Lambda 関数を呼び出すと、実行は関数の完了を待ちます。ただし、次の例で示す通り、InvocationType パラメータを使って非同期で Lambda を呼び出すことができます。

{ "Comment": "A Hello World example of the Amazon States Language using Pass states", "StartAt": "Hello", "States": { "Hello": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::lambda:invoke", "Parameters": { "FunctionName": "echo", "InvocationType": "Event" }, "End": true } } }

ときに Task の結果が返されると、関数の出力はメタデータのディクショナリ内にネストされます。例:

{ "ExecutedVersion":"$LATEST", "Payload":"FUNCTION OUTPUT", "SdkHttpMetadata":{ "HttpHeaders":{ "Connection":"keep-alive", "Content-Length":"4", "Content-Type":"application/json", "Date":"Fri, 26 Mar 2021 07:42:02 GMT", "X-Amz-Executed-Version":"$LATEST", "x-amzn-Remapped-Content-Length":"0", "x-amzn-RequestId":"0101aa0101-1111-111a-aa55-1010aaa1010", "X-Amzn-Trace-Id":"root=1-1a1a000a2a2-fe0101aa10ab;sampled=0" }, "HttpStatusCode":200 }, "SdkResponseMetadata":{ "RequestId":"6b3bebdb-9251-453a-ae45-512d9e2bf4d3" }, "StatusCode":200 }

または、「リソース」フィールドに関数 ARN を直接指定して Lambda 関数を呼び出せます。この方法で Lambda 関数を呼び出す場合、.waitForTaskToken を指定することはできず、タスク結果には関数の出力のみが含まれます。

{ "StartAt":"CallFunction", "States":{ "CallFunction": { "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:lambda:us-east-1:123456789012:function:HelloFunction", "End": true } } }

Lambda 関数の特定バージョンまたはエイリアスを呼び出すには、Resource フィールドの ARN でそれらのオプションを指定します。Lambda ドキュメントで以下を参照してください。

他の AWS のサービスで Step Functions を使用して IAM を設定する方法については、統合サービスの IAM ポリシー を参照してください。