Step Functions で Lambda を呼び出す - AWS Step Functions

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Step Functions で Lambda を呼び出す

Step Functions can control certain AWS services directly from the Amazon ステートメント言語. For more information, see the following:

状態の出入力および結果の管理については、「Step Functions の入出力処理」を参照してください。

サポート対象 AWS Lambda API:

以下には、Lambda 関数を呼び出す Task 状態が含まれます。

{ "StartAt":"CallLambda", "States":{ "CallLambda":{ "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:states:::lambda:invoke", "Parameters":{ "FunctionName":"MyFunction" }, "End":true } } }

以下には、コールバックサービス統合パターンを実装する Task 状態が含まれています。

{ "StartAt":"GetManualReview", "States":{ "GetManualReview":{ "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:states:::lambda:invoke.waitForTaskToken", "Parameters":{ "FunctionName":"get-model-review-decision", "Payload":{ "model.$":"$.new_model", "token.$":"$$.Task.Token" }, "Qualifier":"prod-v1" }, "End":true } } }

Lambda 関数を単に呼び出すには、"Resource" 文字列でリソース Amazon リソースネーム ARN を直接呼び出すこともできます。

{ "StartAt":"CallFunction", "States":{ "CallFunction": { "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:lambda:us-east-1:123456789012:function:HelloFunction", "End": true } } }

_を呼び出すと Lambda ARN を "Resource" フィールドでは、 .waitForTaskToken。 状態入力が渡されます Lambda ペイロードとして Lambda 関数の出力が結果です。Lambda タスクがタスクトークンを待つようにするには、前のコールバックパターンの例を参照してください。

Lambda 関数の特定バージョンまたはエイリアスを呼び出すには、Resource フィールドの ARN でそれらのオプションを指定します。Lambda のドキュメントで以下を参照してください。

For information on how to configure IAM when using Step Functions with other AWS services, see IAM Policies for Integrated Services.