自動更新 SSM エージェント (CLI) - AWS Systems Manager

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

自動更新 SSM エージェント (CLI)

次の手順では、 ステートマネージャー 関連付け、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)。関連付けは自動的に SSM エージェント 指定スケジュールに従って の詳しい情報は、 SSM エージェント、を参照 との共同作業 SSM エージェント.

注記

以下について通知を受ける SSM エージェント 更新、購読 SSM エージェント リリースノート ページ(GitHub)

始める前に

次の手順を完了する前に、少なくとも1つの EC2 インスタンスを Linux または Windows Server 設定される Systems Manager. 対象: 詳細情報については、 Systems Manager の前提条件.

注記

いずれかの AWS CLI または AWS Tools for Windows PowerShell、 --Targets パラメータをターゲット インスタンスに 次の例を参照してください。を使わないでください --InstanceID パラメータ。は --InstanceID パラメータはレガシーパラメータです。

自動更新の関連付けを作成するには SSM エージェント

  1. まだ AWS CLI をインストールして設定していない場合は、インストールして設定します。

    詳細については、「AWS コマンドラインツールをインストールまたはアップグレードする」を参照してください。

  2. 以下のコマンドを実行して、インスタンスをターゲットにしてアソシエーションを作成します。 使用 Amazon EC2 タグ。は Schedule パラメーターは、実行するスケジュールを設定します。 毎週日曜日の午前2時 (UTC)。

    Linux
    aws ssm create-association \ --targets Key=tag:tag_key,Values=tag_value \ --name AWS-UpdateSSMAgent \ --schedule-expression "cron(0 2 ? * SUN *)"
    Windows
    aws ssm create-association ^ --targets Key=tag:tag_key,Values=tag_value ^ --name AWS-UpdateSSMAgent ^ --schedule-expression "cron(0 2 ? * SUN *)"
    注記

    ステートマネージャー アソシエーションは、すべての cron およびレート式をサポートしません。のcronおよびrate式の作成についての詳細は、 関連、参照 Reference: Cron and rate expressions for Systems Manager.

    必要に応じて、 コンマ区切りリスト内のインスタンスID。

    Linux
    aws ssm create-association \ --targets Key=instanceids,Values=instance_ID,instance_ID,instance_ID \ --name document_name \ --schedule-expression "cron(0 2 ? * SUN *)"
    Windows
    aws ssm create-association ^ --targets Key=instanceids,Values=instance_ID,instance_ID,instance_ID ^ --name document_name ^ --schedule-expression "cron(0 2 ? * SUN *)"

    システムは以下のような情報を返します。

    {
        "AssociationDescription": {
            "ScheduleExpression": "cron(0 2 ? * SUN *)",
            "Name": "AWS-UpdateSSMAgent",
            "Overview": {
                "Status": "Pending",
                "DetailedStatus": "Creating"
            },
            "AssociationId": "123..............",
            "DocumentVersion": "$DEFAULT",
            "LastUpdateAssociationDate": 1504034257.98,
            "Date": 1504034257.98,
            "AssociationVersion": "1",
            "Targets": [
                {
                    "Values": [
                        "TagValue"
                    ],
                    "Key": "tag:TagKey"
                }
            ]
        }
    }

    システムは、インスタンスと 直ちに適用します。関連付けステータスには、 Pending.

  3. 次のコマンドを実行して、更新されたアソシエーションのステータスを表示します。 作成しました。

    aws ssm list-associations
    注記

    インスタンスが 実行、最新の バージョン SSM エージェント、ステータスは Failed。 これは 期待される行動。新しいバージョンの SSM エージェント 公開され、 新しいエージェントが自動的にインストールされ、 Success.