サーバの作成 - AWS Transfer Family

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

サーバの作成

次に、 AWS Transfer Family サービス。以下のプロトコルを使用できます。

  • セキュアシェル(SSH)ファイル転送プロトコル(SFTP) – SSHを介したファイル転送

  • ファイル転送プロトコルセキュア(FTPS) – TLS暗号化によるファイル転送

  • ファイル転送プロトコル(FTP) – 暗号化されていないファイル転送

複数のプロトコルを持つサーバーを作成できます。

注記

同じサーバーエンドポイントに対して複数のプロトコルを有効にしていて、複数のプロトコルで同じユーザー名を使用してアクセスを提供する場合は、そのプロトコルに固有の認証情報がIDプロバイダで設定されていれば、それを行うことができます。FTP の場合、SFTP と FTPS とは別の資格情報を維持することをお勧めします。これは、SFTPとFTPSとは異なり、FTPはクリアテキストで認証情報を送信するためです。FTP 資格情報を SFTP または FTPS から分離することで、不注意に FTP 資格情報が共有または公開された場合、SFTP または FTPS を使用しているワークロードは安全のままになります。

サーバーを作成するとき、そのサーバーに、SSH キーを使用したサービスマネージド型またはカスタムのどちらかの ID プロバイダータイプを割り当てます。カスタムメソッドは Amazon API Gateway ディレクトリサービスを統合して、ユーザーを認証および承認することができます。サービスは、サーバーを一意に識別する識別子を自動的に割り当てます。

必要に応じて、カスタムホスト名を定義できます。これには、Amazon Route 53 サービスまたは任意のドメインネームシステム (DNS) サービスを使用します。

特定の AWS 地域:そのサーバに割り当てられているユーザーのファイル操作要求を実行します。サーバーにホスト名を割り当てるか、DNS リダイレクトに基づいたカスタムホスト名を使用できます。

キーと値のペアであるタグの形式で、サーバーにメタデータを割り当てることもできます。サーバ ホスト名は、 AWS 作成された地域。インスタンス化されたサーバーとデータ転送のコストが発生します。

次の手順では、SFTP 対応サーバ、FTPS 対応サーバ、または FTP 対応サーバを作成できます。

次のステップ