の変更 WorkSpace - Amazon WorkSpaces

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の変更 WorkSpace

を起動したら WorkSpace、次の 3 つの方法で設定を変更できます。

  • ルートボリューム (Windows の場合はドライブ C、Linux の場合は /)、およびユーザーボリューム (Windows の場合はドライブ D、Linux の場合は /home) のサイズを変更できます。

  • コンピューティングタイプを変更して、新しいバンドルを選択できます。

  • が PCoIP AWS バンドルで WorkSpace 作成された場合は、 CLI または Amazon WorkSpaces API を使用してストリーミングプロトコルを変更できます。

の現在の変更状態を確認するには WorkSpace、矢印を選択して、その の詳細を表示します WorkSpace。[状態] に表示される値は、[コンピューティングの変更]、[ストレージの変更]、および [なし] です。

を変更する場合は WorkSpace、ステータスが AVAILABLEまたは である必要がありますSTOPPED。ボリュームサイズとコンピューティングタイプを同時に変更することはできません。

のボリュームサイズまたはコンピューティングタイプを変更すると、 の請求レート WorkSpace が変更されます WorkSpace。

ユーザーがボリュームとコンピューティングタイプを変更できるようにするには、ユーザーのセルフサービス WorkSpace管理機能を有効にする を参照してください。

ボリュームサイズの変更

のルートボリュームとユーザーボリュームのサイズは WorkSpace、それぞれ最大 2000 GB まで増やすことができます。 WorkSpace ルートボリュームとユーザーボリュームには、変更できないセットグループが付属しています。使用可能なグループは以下のとおりです。

[ルート (GB)、ユーザー (GB)]
[80, 10]
[80, 50]
[80, 100]
[175 〜 2,000、100 〜 2,000]

ルートボリュームとユーザーボリュームは、暗号化されているかどうかにかかわらず拡張できます。両方のボリュームとも、6 時間に 1 回拡張できます。ただし、ルートボリュームとユーザーボリュームのサイズを同時に増やすことはできません。詳細については、「Limitations for Increasing Volumes」を参照してください。

注記

のボリュームを拡張すると WorkSpace、 は Windows または Linux 内でボリュームのパーティション WorkSpaces を自動的に拡張します。プロセスが完了したら、 を再起動して WorkSpace 変更を有効にする必要があります。

データを確実に保持するために、 の起動後にルートボリュームまたはユーザーボリュームのサイズを縮小することはできません WorkSpace。代わりに、 を起動するときに、これらのボリュームの最小サイズを必ず指定してください WorkSpace。Value、Standard、Performance、Power、または を起動できます。ルートボリュームの場合は最低 PowerPro WorkSpace 80 GB、ユーザーボリュームの場合は 10 GB です。Graphics.g4dn、 GraphicsPro.g4dn、Graphics、または を起動できます。ルートボリュームの場合は GraphicsPro WorkSpace 最低 100 GB、ユーザーボリュームの場合は最低 100 GB です。

WorkSpace ディスクサイズの増加中、ユーザーは でほとんどのタスクを実行できます WorkSpace。ただし、 WorkSpace コンピューティングタイプの変更、 WorkSpace 実行モードの切り替え、 の再構築 WorkSpace、 の再起動 (再起動) はできません WorkSpace。

注記

ディスクサイズの増加 WorkSpaces 中にユーザーが を使用できるようにする場合は、 のボリュームのサイズを変更するSTOPPED前に、 WorkSpaces のステータスが AVAILABLEではなく であることを確認します WorkSpaces。 WorkSpaces が の場合STOPPED、ディスクサイズの増加中は起動できません。

多くの場合、ディスクサイズの拡大プロセスには最長で 2 時間かかります。ただし、多数の のボリュームサイズを変更する場合 WorkSpaces、プロセスにかなり時間がかかることがあります。変更 WorkSpaces する の数が多い場合は、 に連絡してサポートAWS Supportを受けることをお勧めします。

ボリューム増加の制限
  • サイズ変更できるのは SSD ボリュームのみです。

  • を起動するときは WorkSpace、ボリュームのサイズを変更する前に 6 時間待つ必要があります。

  • ルートボリュームとユーザーボリュームのサイズを同時に増やすことはできません。ルートボリュームを増やすには、まずユーザーボリュームを 100 GB に変更する必要があります。この変更を行った後、ルートボリュームを 175~2000 GB の任意の値に更新できます。ルートボリュームを 175~2000 GB の任意の値に変更した後、ユーザーボリュームを 100~2000 GB の任意の値にさらに更新できます。

    注記

    両方のボリュームを増やす場合は、最初の操作が終了するまで 20~30 分待ってから 2 番目の操作を開始する必要があります。

  • WorkSpace が Graphics.g4dn、 GraphicsPro.g4dn、Graphics、または でない限り GraphicsPro WorkSpace、ユーザーボリュームが 100 GB の場合、ルートボリュームを 175 GB 未満にすることはできません。Graphics.g4dn、 GraphicsPro.g4dn、Graphics、および GraphicsPro WorkSpaces では、ルートボリュームとユーザーボリュームの両方を最小 100 GB に設定できます。

  • ユーザーボリュームが 50 GB の場合、ルートボリュームを 80 GB 以外に更新することはできません。ルートボリュームが 80 GB の場合、ユーザーボリュームは 10、50、または 100 GB のみに設定できます。

のルートボリュームを変更するには WorkSpace
  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、 を選択しますWorkSpaces

  3. WorkSpace を選択し、アクション、ルートボリュームの変更を選択します。

  4. [Root volume sizes] (ルートボリュームサイズ) でボリュームサイズを選択するか、[Custom] (カスタム) を選択してカスタムボリュームサイズを入力します。

  5. [変更の保存] をクリックします。

  6. ディスクサイズの増加が完了したら、 を再起動 WorkSpaceして変更を有効にする必要があります。データ損失を避けるため、 を再起動する前に、開いているファイルが必ず保存してください WorkSpace。

のユーザーボリュームを変更するには WorkSpace
  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、 を選択しますWorkSpaces

  3. WorkSpace を選択し、アクション、ユーザーボリュームの変更を選択します。

  4. [User volume sizes] (ユーザーボリュームサイズ) でボリュームサイズを選択するか、[Custom] (カスタム) を選択してカスタムボリュームサイズを入力します。

  5. [変更の保存] をクリックします。

  6. ディスクサイズの増加が完了したら、 を再起動 WorkSpaceして変更を有効にする必要があります。データ損失を避けるため、 を再起動する前に、開いているファイルが必ず保存してください WorkSpace。

のボリュームサイズを変更するには WorkSpace

RootVolumeSizeGib または UserVolumeSizeGibプロパティで modify-workspace-properties コマンドを使用します。

コンピューティングタイプの変更

スタンダード、パワー、パフォーマンス、 PowerPro コンピューティングタイプ WorkSpace の間で を切り替えることができます。これらのコンピューティングタイプの詳細については、「Amazon WorkSpaces バンドル」を参照してください。

注記
  • コンピューティングタイプは Graphics.g4dn から GraphicsPro.g4dn、または GraphicsPro.g4dn から Graphics.g4dn に変更できます。Graphics.g4dn および GraphicsPro.g4dn のコンピューティングタイプを他の値に変更することはできません。

  • 2023 年 11 月 30 日以降、Graphics バンドルはサポートされなくなります。を WorkSpaces Graphics.g4dn バンドルに移行することをお勧めします。詳細については、「の移行 WorkSpace」を参照してください。

  • Graphics および のコンピューティングタイプを他の値 GraphicsPro に変更することはできません。

コンピューティングの変更をリクエストすると、 は新しいコンピューティングタイプ WorkSpace を使用して WorkSpaces を再起動します。 WorkSpaces は、 のオペレーティングシステム、アプリケーション、データ、およびストレージ設定を保持します WorkSpace。

より大きなコンピューティングタイプは 6 時間に 1 回、より小さなコンピューティングタイプは 30 日に 1 回リクエストできます。新しく起動された の場合 WorkSpace、より大きなコンピューティングタイプをリクエストするには 6 時間待つ必要があります。

WorkSpace コンピューティングタイプの変更が進行中の場合、ユーザーは から切断され WorkSpace、 を使用または変更することはできません WorkSpace。 WorkSpace は、コンピューティングタイプの変更プロセス中に自動的に再起動されます。

重要

データ損失を避けるため、 WorkSpace コンピューティングタイプを変更する前に、開いているドキュメントやその他のアプリケーションファイルを必ず保存してください。

コンピューティングタイプの変更プロセスには、最大 1 時間かかる場合があります。

のコンピューティングタイプを変更するには WorkSpace
  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで、 を選択しますWorkSpaces

  3. WorkSpace を選択し、アクション コンピューティングタイプの変更 を選択します。

  4. [Compute type] (コンピューティングタイプ) で、コンピューティングタイプを選択します。

  5. [変更の保存] をクリックします。

のコンピューティングタイプを変更するには WorkSpace

ComputeTypeName プロパティで modify-workspace-properties コマンドを使用します。

プロトコルの変更

WorkSpace が PCoIP バンドルで作成されている場合は、 CLI または Amazon WorkSpaces API AWS を使用してストリーミングプロトコルを変更できます。これにより、移行機能を使用 WorkSpace せずに、既存の を使用してプロトコルを WorkSpace 移行できます。これにより、移行プロセス中に既存の PCoIP WorkSpaces を再作成することなく、 WorkSpaces ストリーミングプロトコル (WSP) を使用してルートボリュームを維持することもできます。

  • プロトコルを変更できるのは、 WorkSpace が PCoIP バンドルで作成された場合のみです。

  • プロトコルを WSP に変更する前に、 WorkSpace が WSP の次の要件を満たしていることを確認してください WorkSpace。

    • WorkSpaces クライアントが WSP をサポートしている

    • がデプロイされているリージョン WorkSpace が WSP をサポート

    • WSP の IP アドレスとポートの要件が公開されている。詳細については、「 の IP アドレスとポートの要件 WorkSpaces」を参照してください。

    • 現在のバンドルが WSP で確実に利用できる。

    • ビデオ会議を最大限に活用するには、Power または PowerPro バンドルのみを使用することをお勧めします。

注記
  • プロトコルの変更 WorkSpaces を開始する前に、非本番環境でテストすることを強くお勧めします。

  • プロトコルを PCoIP から WSP に変更し、プロトコルを PCoIP に戻すと、Web Access WorkSpaces を介して に接続できなくなります。

のプロトコルを変更するには WorkSpace
  1. 〔オプション] を再起動 WorkSpace し、 AVAILABLE状態になるまで待ってからプロトコルを変更します。

  2. 〔オプション] describe-workspaces コマンドを使用して WorkSpace プロパティを一覧表示します。それが AVAILABLE 状態にあり、現在の Protocol が正しいことを確認します。

  3. modify-workspace-properties コマンドを使用して、Protocols プロパティを PCOIP からWSP に、またはその逆に変更します。

    aws workspaces modify-workspace-properties --workspace-id <value> --workspace-properties "Protocols=[WSP]"
    重要

    Protocols プロパティは、大文字と小文字が区別されます。PCOIP または WSP を必ず使用してください。

  4. コマンドを実行した後、 が WorkSpace 再起動して必要な設定を完了するまでに最大 20 分かかる場合があります。

  5. describe-workspaces コマンドを再度使用してプロパティを WorkSpace一覧表示し、それが AVAILABLE状態にあり、現在のProtocolsプロパティが正しいプロトコルに変更されていることを確認します。

    注記
    • の WorkSpaceプロトコルを変更しても、コンソールのバンドルの説明は更新されません。[Launch Bundle] (バンドルの起動) という表示は変わりません。

    • 20 分経っても が UNHEALTHY状態 WorkSpace のままの場合は、コンソール WorkSpace で を再起動します。

  6. これで、 に接続できます WorkSpace。