ユーザーを対象とした WorkSpace の自己管理機能を有効にする - Amazon WorkSpaces

ユーザーを対象とした WorkSpace の自己管理機能を有効にする

WorkSpaces で、ユーザーが自分のエクスペリエンスをより詳細に制御するには、WorkSpace 自己管理機能を使用します。WorkSpaces の IT サポートスタッフのワークロードを減らすこともできます。自己管理機能を有効にすると、ユーザーは WorkSpacesクライアントから直接、以下のタスクを 1 つ以上実行できるようになります。

  • 認証情報はクライアントにキャッシュされます。これにより、ユーザーは認証情報を再度入力することなく、WorkSpace に再接続することができます。

  • WorkSpace を再起動します。

  • WorkSpace 上のルートボリュームとユーザーボリュームのサイズを増やします。

  • WorkSpace のコンピューティングタイプ (バンドル) を変更します。

  • WorkSpace の実行モードを切り替えます。

  • WorkSpace を再構築します。

Supported Clients (サポートされるクライアント)

  • Android、Android または Android 対応の Chrome OS システム

  • Linux

  • macOS

  • Windows

ユーザーの自己管理機能を有効にするには

  1. https://console.aws.amazon.com/workspaces/ で WorkSpaces コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Directories] を選択します。

  3. ディレクトリを選択し、[Actions]、[Update Details] の順に選択します。

  4. [ユーザーセルフサービスアクセス許可] を展開します。ユーザーが自分のクライアントから実行できる WorkSpace 管理タスクを確認するために、必要に応じて次のオプションを有効または無効にします。

    • Remember me (このアカウントを記憶する) — ユーザーは、ログイン画面の [Remember Me] (このアカウントを記憶する) または [Keep me logged in] (ログイン状態を保つ) のチェックボックスを選択して、認証情報をクライアントにキャッシュするかどうかを選択できます。認証情報は、RAM にのみキャッシュされます。認証情報をキャッシュするように設定すると、ユーザーは認証情報を再入力することなく、WorkSpaces に再接続できます。ユーザーが認証情報をキャッシュできる期間を管理する方法については、Kerberos チケットの最大ライフタイムを設定する を参照してください。

    • Restart WorkSpace from client (WorkSpace をクライアントから再起動) — ユーザーは、WorkSpace を再起動できます。再起動すると、WorkSpace からユーザーを切断してシャットダウンしてから、再起動します。ユーザーデータ、オペレーティングシステム、およびシステム設定には影響しません。

    • Increase volume size (ボリュームサイズの拡張) — ユーザーは、WorkSpace のルートボリュームとユーザーボリュームを指定のサイズに拡張できます。IT サポートに連絡する必要はありません。ユーザーは、ルートボリューム (Windows の場合は C: ドライブ、Linux の場合は /) のサイズを 175 GB まで、ユーザーボリューム (Windows の場合は D: ドライブ、Linux の場合は /home) のサイズを 100 GB まで増やすことができます。セットグループに付属の WorkSpace ルートボリュームおよびユーザーボリュームは変更できません。使用可能なボリュームは [ルート (GB)、ユーザー (GB)]: [80、10]、[80、50]、[80、100]、[175~2000、100~2000] です。詳細については、「」を参照してくださいWorkSpace の変更

      新しく作成された WorkSpace の場合、これらのドライブのサイズを拡張するには、6 時間ほど待機する必要があります。それ以降、6 時間に 1 度のみ行うことができます。ボリュームサイズを拡大中の場合でも、ユーザーは自分の WorkSpace でほとんどのタスクを実行できます。WorkSpace のコンピューティングタイプの変更、WorkSpace 実行モードの切り替え、WorkSpace の再起動、WorkSpace の再構築のタスクは実行できません。プロセスが終了したら、変更を有効にするために WorkSpace を再起動する必要があります。このプロセスには最長で 1 時間程度かかることがあります。

      注記

      ユーザーが自分の WorkSpace のボリュームサイズを拡張すると、WorkSpace の請求レートも上がります。

    • Change compute type (コンピューティングタイプの変更) — ユーザーは、コンピューティングタイプ (バンドル) 間で WorkSpace を切り替えることができます。新しく作成された WorkSpace の場合、別のバンドルに切り替えるには、6 時間ほど待機する必要があります。それ以降は、6 時間に 1 度のみ大きなバンドルに切り替えるか、30 日間に 1 回小さなバンドルに切り替えることができます。WorkSpace コンピューティングタイプが変更中の場合、ユーザーは WorkSpace から切断されるため、WorkSpace を使用または変更することはできません。WorkSpace は、コンピューティングタイプの変更プロセス中に自動的に再起動されます。このプロセスには最長で 1 時間程度かかることがあります。

      注記

      ユーザーが WorkSpace コンピューティングタイプを変更すると、WorkSpace の請求レートが変わります。

    • Switch running mode (実行モードの切り替え) — ユーザーは、[AlwaysOn] と [AutoStop] 実行モードの間で WorkSpace を切り替えることができます。詳細については、「」を参照してくださいWorkSpace の実行モードを管理する

      注記

      ユーザーが WorkSpace の実行モードを切り替えると、その WorkSpace の請求レートが変わります。

    • Rebuild WorkSpace from client (クライアントから WorkSpace を再構築する) — WorkSpace のオペレーティングシステムは、元の状態に再構築できます。WorkSpace を再構築すると、ユーザーボリューム (D: ドライブ) は、最新のバックアップから再作成されます。バックアップは、12 時間ごとに完了するため、ユーザーのデータには最大 12 時間分含まれます。新しく作成された WorkSpace の場合、WorkSpace を再構築するには、12 時間ほど待機する必要があります。WorkSpace の再構築が進行中の場合、ユーザーは WorkSpace から切断されるため、WorkSpace を使用したり、変更を加えたりすることはできません。このプロセスには最長で 1 時間程度かかることがあります。

  5. [更新] または [更新と終了] を選択します。