メニュー
AWS Elastic Beanstalk
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

アプリケーションバージョンの管理

Elastic Beanstalk は、ソースコードをアップロードするたびにアプリケーションバージョンを作成します。これは通常、環境管理コンソールまたは EB CLI を使用して新しい環境を作成するか、コードをデプロイするときに発生します。また、アプリケーション管理コンソールからデプロイすることなく、ソースバンドルをアップロードすることもできます。

新しいアプリケーションのバージョンを作成するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. アプリケーションを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Application Versions] を選択します。

  4. [Upload] を選択します。

  5. [Version Label] フィールドにこのバージョンのラベルを入力します。

  6. (オプション)[Description] フィールドにこのバージョンの簡単な説明を入力します。

  7. [Browse] を選択して、ソースバンドルの場所を指定します。

    注記

    ファイルサイズの上限は 512 MB です。

  8. [Upload] を選択します。

指定したファイルがアプリケーションに関連付けられます。アプリケーションのバージョンを、新しい環境または既存の環境にデプロイできます。

時間の経過とともに、アプリケーションで、多数のアプリケーションバージョンが累積されることがあります。ストレージ領域を節約し、アプリケーションバージョン制限に達するのを防ぐために、古いバージョンを自動的に削除するように Elastic Beanstalk を設定できます。

注記

アプリケーションバージョンを削除しても、現在そのバージョンで実行されている環境に影響はありません。

アプリケーションバージョンを削除するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開きます。

  2. アプリケーションを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[Application versions] を選択します。

  4. アプリケーションバージョンのリストで、削除するアプリケーションバージョンの横にあるチェックボックスを選択し、[Delete] をクリックします。

  5. (オプション) このアプリケーションバージョンのアプリケーションソースバンドルを Amazon S3 バケットに残すには、[Delete versions from Amazon S3] チェックボックスをオフにします。

  6. [Apply] を選択します。

ライフサイクル設定は、新しいアプリケーションバージョンを作成するときに適用されます。たとえば、アプリケーションバージョンの最大数を 25 に設定している場合、26 番目のバージョンがアップロードされると Elastic Beanstalk によって最も古いバージョンが削除されます。90 日間の最長有効期間を設定すると、新しいバージョンがアップロードされた際に 90 日を超えているものが削除されます。

Amazon S3 からソースバンドルを削除することを選択しない場合、Elastic Beanstalk はレコードからバージョンを削除しますが、ソースバンドルは Elastic Beanstalk ストレージバケットに残ります。アプリケーションバージョン制限は Elastic Beanstalk が追跡しているバージョンにのみ適用されます。そのため、必要に応じて、制限内に収めるためにバージョンを削除する一方で Amazon S3 内のすべてのソースバンドルを保持することもできます。