Amazon Route 53
開発者ガイド (API バージョン 2013-04-01)

プライベートホストゾーンの使用

プライベートホストゾーンは、Amazon VPC サービスで作成する 1 つ以上の VPC 内のドメインとそのサブドメインに対する DNS クエリに Amazon Route 53 が応答する方法に関する情報を保持するコンテナです。プライベートホストゾーンの動作は次のとおりです。

  1. example.com などのプライベートホストゾーンを作成して、そのホストゾーンに関連付ける VPC を指定します。

  2. VPC 内および VPC 間でドメインとサブドメインの DNS クエリに Route 53 が応答する方法を決定するホストゾーンにレコードを作成します。たとえば、プライベートホストゾーンに関連付けた VPC の 1 つで、EC2 インスタンスで実行されるデータベースサーバーがある場合です。A または AAAA レコードを作成し (例: db.example.com)、データベースサーバーの IP アドレスを指定します。

    レコードの詳細については、「レコードを使用する」を参照してください。プライベートホストゾーンを使用する際の Amazon VPC 要件については、『Amazon VPC ユーザーガイド』の「プライベートホストゾーンの使用」を参照してください。

  3. アプリケーションが db.example.com への DNS クエリを送信すると、Route 53 は対応する IP アドレスを返します。また、アプリケーションは、example.com プライベートホストゾーンに関連付けたいずれかの VPC で EC2 インスタンスを実行している必要があります。

  4. アプリケーションは、Route 53 から取得した IP アドレスを使用して、データベースサーバーとの接続を確立します。

インターネットでドメインのトラフィックをルーティングする場合は、Route 53 パブリックホストゾーンを使用します。詳細については、「パブリックホストゾーンの使用」を参照してください。