MAS TRMG の運用のベストプラクティス - AWS Config

MAS TRMG の運用のベストプラクティス

コンフォーマンスパックは、マネージドルールやカスタム AWS Config ルールと AWS Config 修復アクションを使用して、セキュリティ、運用、コスト最適化のガバナンスチェックを作成できるように設計された汎用コンプライアンスフレームワークを提供します。サンプルテンプレートとしてのコンフォーマンスパックは、特定のガバナンスまたはコンプライアンス基準を準拠するようには設計されていません。お客様は、本サービスの利用が該当する法的要件および規制要件を満たしているかどうかについて、お客様自身で評価する責任を負います。

シンガポール金融管理局 (MAS) の「Technology Risk Managment Guidelines (TRMG) January 2021」と、AWS マネージド Config ルール間のマッピングの例を以下に示します。各 AWS Config ルールが特定の AWS リソースに適用され、1 つ以上の MAS TRMGコントロールに関連付けられます。MAS の「TRMG January 2021」によるコントロールを、複数の Config ルールに関連付けることができます。これらのマッピングに関する詳細およびガイダンスについては、以下の表を参照してください。

AWS リージョン:中東 (バーレーン) を除く、サポートされているすべての AWS リージョン

コントロール ID AWS Config ルール ガイダンス
3.3.1

account-part-of-organizations

AWS Organizations 内の AWS アカウントを一元管理することで、アカウントが準拠されるようになります。アカウントの管理が一元化されていないと、アカウントの設定に一貫性がなくなり、リソースや機密データが流出する可能性があります。
4.3.1 annual-risk-assessment-performed (process check) 年に 1 回、組織のリスク評価を実施します。リスク評価は、組織に影響を及ぼす可能性のある特定のリスクや脆弱性の影響を判断するのに役立ちます。
5.4.3

codebuild-project-envvar-awscred-check

AWS Codebuild プロジェクト環境内に、認証情報である AWS_ACCESS_KEY_ID および AWS_SECRET_ACCESS_KEY_ID が存在しないことを確認します。これらの変数をクリアテキストで保存しないでください。これらの変数をクリアテキストで保存すると、意図しないデータ漏えいや不正アクセスを招く可能性があります。
5.4.3

codebuild-project-source-repo-url-check

GitHub または Bitbucket のソースレポジトリの URL に、AWS Codebuild プロジェクト環境内の個人用のアクセストークン、ユーザー名、パスワードが含まれていないことを確認します。GitHub または Bitbucket リポジトリへのアクセス認可を付与するには、個人のアクセストークンまたはユーザー名とパスワードではなく、OAuth を使用します。
6.1.1

codebuild-project-envvar-awscred-check

AWS Codebuild プロジェクト環境内に、認証情報である AWS_ACCESS_KEY_ID および AWS_SECRET_ACCESS_KEY_ID が存在しないことを確認します。これらの変数をクリアテキストで保存しないでください。これらの変数をクリアテキストで保存すると、意図しないデータ漏えいや不正アクセスを招く可能性があります。
6.1.2

codebuild-project-envvar-awscred-check

AWS Codebuild プロジェクト環境内に、認証情報である AWS_ACCESS_KEY_ID および AWS_SECRET_ACCESS_KEY_ID が存在しないことを確認します。これらの変数をクリアテキストで保存しないでください。これらの変数をクリアテキストで保存すると、意図しないデータ漏えいや不正アクセスを招く可能性があります。
6.1.4

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
6.1.4

ec2-managedinstance-association-compliance-status-check

AWS Systems Manager Association を使用することで、組織内でソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager では、マネージドインスタンスに設定のステータスを割り当て、オペレーティングシステムのパッチレベル、ソフトウェアのインストール、アプリケーション設定、環境に関するその他の詳細のベースラインを設定できます。
6.1.4

ec2-managedinstance-patch-compliance-status-check

このルールを有効にすると、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の脆弱性の特定とドキュメント化ができます。このルールにより、AWS Systems Manager で、Amazon EC2 インスタンスのパッチコンプライアンスが組織のポリシーや手順で要求されているかどうかをチェックします。
6.2.1

elastic-beanstalk-managed-updates-enabled

Amazon Elastic Beanstalk 環境でマネージドプラットフォームの更新を有効にすると、利用可能なプラットフォームの最新の修正、更新と、環境のための機能がインストールされます。パッチのインストールを最新の状態に保つことは、システムのセキュリティ保護のベストプラクティスです。
6.3.1

elastic-beanstalk-managed-updates-enabled

Amazon Elastic Beanstalk 環境でマネージドプラットフォームの更新を有効にすると、利用可能なプラットフォームの最新の修正、更新と、環境のための機能がインストールされます。パッチのインストールを最新の状態に保つことは、システムのセキュリティ保護のベストプラクティスです。
6.4.5

acm-certificate-expiration-check

X509 証明書が AWS ACM によって発行されるようにすることで、ネットワークの整合性を保護します。これらの証明書は有効で、期限切れではない必要があります。このルールには、daysToExpiration の値が必要です (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
6.4.5

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
6.4.5

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
6.4.5

api-gw-ssl-enabled

Amazon API Gateway REST API ステージで SSL 証明書を設定して、バックエンドシステムが API Gateway からのリクエストを認証できるようにします。
6.4.5

cmk-backing-key-rotation-enabled

キーのローテーションを有効にして、暗号化期間の最後に到達したときにキーがローテーションされるようにします。
6.4.5

elasticsearch-node-to-node-encryption-check

Amazon OpenSearch Service のノード間の暗号化を有効にします。ノード間の暗号化により、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のすべての通信で TLS 1.2 暗号化が有効になります。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
6.4.5

elb-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
6.4.5

elb-tls-https-listeners-only

Elastic Load Balancing (ELB) が、SSL または HTTPS リスナーを使用して設定されるようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
6.4.5

elbv2-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
6.4.5

redshift-require-tls-ssl

Amazon Redshift クラスターで、SQL クライアントに接続するために TLS/SSL 暗号化が必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
6.4.5

s3-bucket-ssl-requests-only

転送中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、Secure Sockets Layer (SSL) を使用するためのリクエストが必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
6.4.6

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
6.4.6

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
6.4.6

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
6.4.6

cloud-trail-log-file-validation-enabled

AWS CloudTrail のログファイルの検証を使用して、CloudTrail ログの整合性をチェックします。ログファイルの検証は、CloudTrail がログファイルを配信した後に変更されたか、削除されたか、変更されていないかを判断するのに役立ちます。この機能は、業界標準のアルゴリズムを使用して構築されています。ハッシュ用の SHA-256 とデジタル署名用の RSA を備えた SHA-256。これにより、CloudTrail ログファイルを検出せずに変更、削除、または偽造することは計算上実行不可能になります。
6.4.6

elb-logging-enabled

Elastic Load Balancing でのアクティビティは、環境内の通信の中心となるポイントです。ELB ログ記録が有効になっていることを確認します。収集されたデータから、ELB に送信されるリクエストについての詳細情報が得られます。各ログには、リクエストを受け取った時刻、クライアントの IP アドレス、レイテンシー、リクエストのパス、サーバーレスポンスなどの情報が含まれます。
6.4.6

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
6.4.6

rds-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを行うため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) でログ記録を有効にします。Amazon RDS のログ記録を使用すると、接続、切断、クエリ、クエリされたテーブルなどのイベントをキャプチャできます。
6.4.6

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
6.4.6

s3-bucket-logging-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) サーバーアクセスのログ記録によって、ネットワークをモニタリングし、潜在的なサイバーセキュリティイベントに対応することができます。Amazon S3 バケットに対して行われたリクエストの詳細な記録をキャプチャすることで、イベントをモニタリングします。各アクセスのログレコードから、1 つのアクセスリクエストについての詳細情報を取得できます。詳細情報には、リクエスタ、バケット名、リクエスト時刻、リクエストアクション、レスポンスのステータス、エラーコード (該当する場合) などの情報が含まれます。
6.4.6

wafv2-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを実行するには、リージョンおよびグローバルウェブアクセスコントロールで AWS WAF (V2) ログ記録を有効にします。AWS WAF ログ記録により、ウェブ ACL で分析されるトラフィックに関する詳細情報を取得します。ログには、AWS WAF が AWS リソースからリクエストを受信した時間、リクエストの詳細、各リクエストが一致させるルールのアクションが記録されます。
6.4.7

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
6.4.7

api-gw-xray-enabled

AWS X-Ray は、アプリケーションで処理するリクエストに関するデータを収集するとともに、データの表示、フィルタリング、インサイトによって問題や機会を特定して最適化するために使用できるツールを提供します。Ensure X-Ray を有効にすると、リクエストとレスポンスに関する情報だけではなく、ダウンストリーム AWS リソース、マイクロサービス、データベース、および HTTP ウェブ API に対してアプリケーションが行う呼び出しに関する詳細な情報も確認できます。
6.4.7

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
6.4.7

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
6.4.7

cloud-trail-log-file-validation-enabled

AWS CloudTrail のログファイルの検証を使用して、CloudTrail ログの整合性をチェックします。ログファイルの検証は、CloudTrail がログファイルを配信した後に変更されたか、削除されたか、変更されていないかを判断するのに役立ちます。この機能は、業界標準のアルゴリズムを使用して構築されています。ハッシュ用の SHA-256 とデジタル署名用の RSA を備えた SHA-256。これにより、CloudTrail ログファイルを検出せずに変更、削除、または偽造することは計算上実行不可能になります。
6.4.7

cloudtrail-s3-dataevents-enabled

Simple Storage Service (Amazon S3) のデータイベントを収集することで、異常性の高いアクティビティを検出できます。詳細には、Amazon S3 バケットにアクセスした AWS アカウントの情報、IP アドレス、イベント発生時刻が含まれます。
6.4.7

cloudtrail-security-trail-enabled

このルールでは、複数の設定が有効になっていることをチェックすることで、AWS CloudTrail で AWS が推奨するセキュリティのベストプラクティスが使用されるようになります。これには、ログ暗号化の使用、ログ検証、複数のリージョンでの AWS CloudTrail の有効化が含まれます。
6.4.7

cw-loggroup-retention-period-check

トラブルシューティングとフォレンジック調査を実行するため、ロググループでイベントログデータの最小期間が保持されていることを確認します。利用可能な過去のイベントログデータを入手できない場合、悪意のあるイベントの再構築と特定が困難になります。
6.4.7

elb-logging-enabled

Elastic Load Balancing でのアクティビティは、環境内の通信の中心となるポイントです。ELB ログ記録が有効になっていることを確認します。収集されたデータから、ELB に送信されるリクエストについての詳細情報が得られます。各ログには、リクエストを受け取った時刻、クライアントの IP アドレス、レイテンシー、リクエストのパス、サーバーレスポンスなどの情報が含まれます。
6.4.7

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
6.4.7

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
6.4.7

rds-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを行うため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) でログ記録を有効にします。Amazon RDS のログ記録を使用すると、接続、切断、クエリ、クエリされたテーブルなどのイベントをキャプチャできます。
6.4.7

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
6.4.7

s3-bucket-logging-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) サーバーアクセスのログ記録によって、ネットワークをモニタリングし、潜在的なサイバーセキュリティイベントに対応することができます。Amazon S3 バケットに対して行われたリクエストの詳細な記録をキャプチャすることで、イベントをモニタリングします。各アクセスのログレコードから、1 つのアクセスリクエストについての詳細情報を取得できます。詳細情報には、リクエスタ、バケット名、リクエスト時刻、リクエストアクション、レスポンスのステータス、エラーコード (該当する場合) などの情報が含まれます。
6.4.7

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
6.4.7

wafv2-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを実行するには、リージョンおよびグローバルウェブアクセスコントロールで AWS WAF (V2) ログ記録を有効にします。AWS WAF ログ記録により、ウェブ ACL で分析されるトラフィックに関する詳細情報を取得します。ログには、AWS WAF が AWS リソースからリクエストを受信した時間、リクエストの詳細、各リクエストが一致させるルールのアクションが記録されます。
6.4.8

dynamodb-autoscaling-enabled

Amazon DynamoDB Auto Scaling は AWS Application Auto Scaling サービスを使用し、ユーザーに代わって、実際のトラフィックパターンに自動的に応答するプロビジョンドスループット性能を調節します。これにより、テーブルまたはグローバルセカンダリインデックスで、プロビジョンされた読み取りおよび書き込みの容量が拡張され、トラフィックの急激な増加をスロットリングなしで処理できるようになります。
6.4.8

elb-cross-zone-load-balancing-enabled

Elastic Load Balancing (ELB) のクロスゾーン負荷分散を有効にして、十分な容量と可用性を維持します。クロスゾーン負荷分散により、有効な各アベイラビリティーゾーンで同じインスタンス数を維持する必要性が軽減されます。また、1 つ以上のインスタンスの消失を処理するアプリケーションの能力が向上します。
6.4.8

elb-deletion-protection-enabled

このルールにより、Elastic Load Balancing で削除保護が有効になっているかどうかを確認します。この機能を使用すると、ロードバランサーが誤って削除されたり悪意を持って削除されることで、アプリケーションの可用性が失われることを防ぐことができます。
6.4.8

rds-instance-deletion-protection-enabled

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスで、削除保護が有効になっていることを確認します。削除保護を使用すると、Amazon RDS インスタンが誤って削除されたり、悪意を持って削除されることでアプリケーションの可用性が失われることを防ぐことができます。
6.4.8

rds-multi-az-support

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のマルチ AZ のサポートにより、データベースインスタンスの可用性と耐久性が強化されます。マルチ AZ のデータベースインスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS はプライマリデータベースのインスタンスを自動的に作成し、別のアベイラビリティーゾーンのスタンバイインスタンスにデータを同期的にレプリケートします。各アベイラビリティーゾーンは、物理的に独立した独自のインフラストラクチャで実行されますが、高度な信頼性を実現できるよう設計されています。インフラストラクチャに障害が発生した場合、Amazon RDS ではスタンバイへの自動フェイルオーバーが実行されるため、フェイルオーバーが完了するとすぐにデータベース運用を再開できます。
6.4.8

vpc-vpn-2-tunnels-up

冗長な Site-to-Site VPN トンネルを実装することで、回復性の要件を満たすことができます。2 つのトンネルを使用することで、Site-to-Site VPN 接続の 1 つが使用できなくなった場合の接続を確保します。カスタマーゲートウェイが使用できなくなった場合に接続が失われるのを防ぐために、2 つ目のカスタマーゲートウェイを使用して Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) および仮想プライベートゲートウェイへの 2 つ目の Site-to-Site VPN 接続を設定できます。
7.2.1

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
7.2.1

ec2-managedinstance-association-compliance-status-check

AWS Systems Manager Association を使用することで、組織内でソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager では、マネージドインスタンスに設定のステータスを割り当て、オペレーティングシステムのパッチレベル、ソフトウェアのインストール、アプリケーション設定、環境に関するその他の詳細のベースラインを設定できます。
7.4.1

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
7.4.1

ec2-managedinstance-association-compliance-status-check

AWS Systems Manager Association を使用することで、組織内でソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager では、マネージドインスタンスに設定のステータスを割り当て、オペレーティングシステムのパッチレベル、ソフトウェアのインストール、アプリケーション設定、環境に関するその他の詳細のベースラインを設定できます。
7.4.1

ec2-managedinstance-patch-compliance-status-check

このルールを有効にすると、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の脆弱性の特定とドキュメント化ができます。このルールにより、AWS Systems Manager で、Amazon EC2 インスタンスのパッチコンプライアンスが組織のポリシーや手順で要求されているかどうかをチェックします。
7.4.1

elastic-beanstalk-managed-updates-enabled

Amazon Elastic Beanstalk 環境でマネージドプラットフォームの更新を有効にすると、利用可能なプラットフォームの最新の修正、更新と、環境のための機能がインストールされます。パッチのインストールを最新の状態に保つことは、システムのセキュリティ保護のベストプラクティスです。
7.4.1

rds-automatic-minor-version-upgrade-enabled

Amazon Relational Database Service (RDS) インスタンスで自動マイナーバージョンアップグレードを有効にすると、セキュリティパッチやバグ修正を含むリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) の最新のマイナーバージョンアップデートをインストールできます。
7.4.1

redshift-cluster-maintenancesettings-check

このルールにより、Amazon Redshift クラスターで組織に適した設定が行われるようになります。具体的には、データベースの任意のメンテナンスウインドウと自動スナップショットの保持期間を設定します。このルールでは、allowVersionUpgrade を設定する必要があります。デフォルトは true です。必要に応じて、「preferredMaintenanceWindow (デフォルトは「sat: 16:00-sat: 16:30」) と automatedSnapshotRetentionPeriod (デフォルトは 1) を設定することもできます。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
7.5.5

db-instance-backup-enabled

Amazon RDS のバックアップ機能では、データベースとトランザクションログのバックアップが作成されます。Amazon RDS により、DB インスタンスクラスターのストレージボリュームのスナップショットが自動的に作成され、DB インスタンス全体がバックアップされます。このシステムでは、回復性の要件を満たす特定の保持期間を設定できます。
7.5.5

dynamodb-in-backup-plan

データバックのアッププロセスを実行するため、Amazon DynamoDB テーブルが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
7.5.5

dynamodb-pitr-enabled

このルールを有効にして、情報がバックアップされているかどうかをチェックします。また、Amazon DynamoDB でポイントインタイムリカバリが有効になっているかどうかを確認することで、バックアップを維持します。リカバリによって、過去 35 日間のテーブルの継続的なバックアップが維持されます。
7.5.5

ebs-in-backup-plan

データバックアッププロセスを実行するには、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
7.5.5

efs-in-backup-plan

データのバックアッププロセスを実行するには、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
7.5.5

elasticache-redis-cluster-automatic-backup-check

自動バックアップが有効になっている場合、Amazon ElastiCache はクラスターのバックアップを毎日作成します。バックアップは、組織の指定により数日間、保持することができます。自動バックアップは、データ損失を防ぐのに役立ちます。障害が発生した場合は、新しいクラスターを作成して、最新のバックアップからデータを復元できます。
7.5.5

rds-in-backup-plan

データのバックアッププロセスを実行するには、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
7.5.5

redshift-backup-enabled

データのバックアッププロセスを実行するため、Amazon Redshift クラスターで自動スナップショットが設定されていることを確認します。クラスターの自動スナップショットを有効にすると、Amazon Redshift はそのクラスターのスナップショットを定期的に作成します。デフォルトでは、Amazon Redshift は 8 時間ごと、または各ノードの 5 GB ごとのデータ変更、またはそのいずれか早い方のタイミングでスナップショットを作成します。
7.5.5

s3-bucket-replication-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) クロスリージョンレプリケーション (CRR) は、十分な容量と可用性の維持をサポートします。CRR により、Amazon S3 バケット間でオブジェクトを自動的に非同期コピーできるため、データの可用性が維持されます。
7.5.5

s3-bucket-versioning-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットのバージョニングは、同じ Amazon S3 バケットでオブジェクトの複数のバリアントを保持するのに役立ちます。バージョニングを使用すると、Amazon S3 バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのすべてのバージョンを、保存、取得、復元することができます。バージョニングによって、意図しないユーザーアクションやアプリケーション障害から簡単に復旧できます。
7.5.7

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
7.5.7

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
7.5.7

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
7.5.7

cloudtrail-s3-dataevents-enabled

Simple Storage Service (Amazon S3) のデータイベントを収集することで、異常性の高いアクティビティを検出できます。詳細には、Amazon S3 バケットにアクセスした AWS アカウントの情報、IP アドレス、イベント発生時刻が含まれます。
7.5.7

elasticsearch-logs-to-cloudwatch

Amazon OpenSearch Service のドメインでエラーログが有効になっており、保持と応答のために Amazon CloudWatch Logs にストリーミングされていることを確認します。ドメインのエラーログは、セキュリティとアクセス監査や、可用性の問題の診断に役立ちます。
7.5.7

elb-logging-enabled

Elastic Load Balancing でのアクティビティは、環境内の通信の中心となるポイントです。ELB ログ記録が有効になっていることを確認します。収集されたデータから、ELB に送信されるリクエストについての詳細情報が得られます。各ログには、リクエストを受け取った時刻、クライアントの IP アドレス、レイテンシー、リクエストのパス、サーバーレスポンスなどの情報が含まれます。
7.5.7

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
7.5.7

s3-bucket-logging-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) サーバーアクセスのログ記録によって、ネットワークをモニタリングし、潜在的なサイバーセキュリティイベントに対応することができます。Amazon S3 バケットに対して行われたリクエストの詳細な記録をキャプチャすることで、イベントをモニタリングします。各アクセスのログレコードから、1 つのアクセスリクエストについての詳細情報を取得できます。詳細情報には、リクエスタ、バケット名、リクエスト時刻、リクエストアクション、レスポンスのステータス、エラーコード (該当する場合) などの情報が含まれます。
7.5.7

vpc-flow-logs-enabled

VPC フローログでは、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のネットワークインターフェイス間で送受信される IP トラフィックに関する情報の詳細な記録を提供します。フローログレコードには、送信元、送信先、プロトコルなど、IP フローのさまざまなコンポーネントの値がデフォルトで含まれています。
7.5.7

wafv2-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを実行するには、リージョンおよびグローバルウェブアクセスコントロールで AWS WAF (V2) ログ記録を有効にします。AWS WAF ログ記録により、ウェブ ACL で分析されるトラフィックに関する詳細情報を取得します。ログには、AWS WAF が AWS リソースからリクエストを受信した時間、リクエストの詳細、各リクエストが一致させるルールのアクションが記録されます。
7.7.7.7.1 response-plan-exists-maintained (process check) インシデント対応計画が確立および維持され、責任者に配布されていることを確認します。
8.1.1

dynamodb-autoscaling-enabled

Amazon DynamoDB Auto Scaling は AWS Application Auto Scaling サービスを使用し、ユーザーに代わって、実際のトラフィックパターンに自動的に応答するプロビジョンドスループット性能を調節します。これにより、テーブルまたはグローバルセカンダリインデックスで、プロビジョンされた読み取りおよび書き込みの容量が拡張され、トラフィックの急激な増加をスロットリングなしで処理できるようになります。
8.1.1

elb-cross-zone-load-balancing-enabled

Elastic Load Balancing (ELB) のクロスゾーン負荷分散を有効にして、十分な容量と可用性を維持します。クロスゾーン負荷分散により、有効な各アベイラビリティーゾーンで同じインスタンス数を維持する必要性が軽減されます。また、1 つ以上のインスタンスの消失を処理するアプリケーションの能力が向上します。
8.1.1

elb-deletion-protection-enabled

このルールにより、Elastic Load Balancing で削除保護が有効になっているかどうかを確認します。この機能を使用すると、ロードバランサーが誤って削除されたり悪意を持って削除されることで、アプリケーションの可用性が失われることを防ぐことができます。
8.1.1

rds-instance-deletion-protection-enabled

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスで、削除保護が有効になっていることを確認します。削除保護を使用すると、Amazon RDS インスタンが誤って削除されたり、悪意を持って削除されることでアプリケーションの可用性が失われることを防ぐことができます。
8.1.1

rds-multi-az-support

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のマルチ AZ のサポートにより、データベースインスタンスの可用性と耐久性が強化されます。マルチ AZ のデータベースインスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS はプライマリデータベースのインスタンスを自動的に作成し、別のアベイラビリティーゾーンのスタンバイインスタンスにデータを同期的にレプリケートします。各アベイラビリティーゾーンは、物理的に独立した独自のインフラストラクチャで実行されますが、高度な信頼性を実現できるよう設計されています。インフラストラクチャに障害が発生した場合、Amazon RDS ではスタンバイへの自動フェイルオーバーが実行されるため、フェイルオーバーが完了するとすぐにデータベース運用を再開できます。
8.1.1

vpc-vpn-2-tunnels-up

冗長な Site-to-Site VPN トンネルを実装することで、回復性の要件を満たすことができます。2 つのトンネルを使用することで、Site-to-Site VPN 接続の 1 つが使用できなくなった場合の接続を確保します。カスタマーゲートウェイが使用できなくなった場合に接続が失われるのを防ぐために、2 つ目のカスタマーゲートウェイを使用して Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) および仮想プライベートゲートウェイへの 2 つ目の Site-to-Site VPN 接続を設定できます。
8.1.2

dynamodb-autoscaling-enabled

Amazon DynamoDB Auto Scaling は AWS Application Auto Scaling サービスを使用し、ユーザーに代わって、実際のトラフィックパターンに自動的に応答するプロビジョンドスループット性能を調節します。これにより、テーブルまたはグローバルセカンダリインデックスで、プロビジョンされた読み取りおよび書き込みの容量が拡張され、トラフィックの急激な増加をスロットリングなしで処理できるようになります。
8.1.2

elb-cross-zone-load-balancing-enabled

Elastic Load Balancing (ELB) のクロスゾーン負荷分散を有効にして、十分な容量と可用性を維持します。クロスゾーン負荷分散により、有効な各アベイラビリティーゾーンで同じインスタンス数を維持する必要性が軽減されます。また、1 つ以上のインスタンスの消失を処理するアプリケーションの能力が向上します。
8.1.3

autoscaling-group-elb-healthcheck-required

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Auto Scaling グループの Elastic Load Balancing (ELB) ヘルスチェックは、十分な容量と可用性の維持をサポートします。ロードバランサーは、定期的に ping の送信、接続の試行、リクエストの送信を実行し、Auto scaling グループ内の Amazon EC2 インスタンスのヘルスステータスをテストします。インスタンスによってレポートが返されない場合、新しい Amazon EC2 インスタンスにトラフィックが送信されます。
8.1.3

beanstalk-enhanced-health-reporting-enabled

AWS Elastic Beanstalk のヘルスレポートが強化されたことで、基盤となるインフラストラクチャの状態の変化に、より迅速に対応できるようになりました。これらの変更は、アプリケーションの可用性を低下させる可能性があります。Elastic Beanstalk 拡張ヘルスレポートは、特定された問題の重要度を測定し、調査すべき可能性のある原因を特定するためのステータス記述子を提供します。
8.1.3

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
8.1.3

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
8.3.1 response-plan-tested (Process Check) インシデント対応と復旧計画がテスト済みであることを確認します。これにより、インシデント発生時に計画が有効であるか、ギャップや更新に対処する必要があるかどうかを理解することができます。
8.4.1

db-instance-backup-enabled

Amazon RDS のバックアップ機能では、データベースとトランザクションログのバックアップが作成されます。Amazon RDS により、DB インスタンスクラスターのストレージボリュームのスナップショットが自動的に作成され、DB インスタンス全体がバックアップされます。このシステムでは、回復性の要件を満たす特定の保持期間を設定できます。
8.4.1

dynamodb-in-backup-plan

データバックのアッププロセスを実行するため、Amazon DynamoDB テーブルが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.1

dynamodb-pitr-enabled

このルールを有効にして、情報がバックアップされているかどうかをチェックします。また、Amazon DynamoDB でポイントインタイムリカバリが有効になっているかどうかを確認することで、バックアップを維持します。リカバリによって、過去 35 日間のテーブルの継続的なバックアップが維持されます。
8.4.1

ebs-in-backup-plan

データバックアッププロセスを実行するには、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.1

ebs-optimized-instance

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) の最適化インスタンスは、Amazon EBS I/O 操作専用の追加容量を提供します。この最適化は、Amazon EBS I/O 操作とその他のインスタンスからのトラフィック間の競合を最小化することで、EBS ボリュームの効率的なパフォーマンスを実現します。
8.4.1

efs-in-backup-plan

データのバックアッププロセスを実行するには、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.1

rds-in-backup-plan

データのバックアッププロセスを実行するには、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.1

redshift-backup-enabled

データのバックアッププロセスを実行するため、Amazon Redshift クラスターで自動スナップショットが設定されていることを確認します。クラスターの自動スナップショットを有効にすると、Amazon Redshift はそのクラスターのスナップショットを定期的に作成します。デフォルトでは、Amazon Redshift は 8 時間ごと、または各ノードの 5 GB ごとのデータ変更、またはそのいずれか早い方のタイミングでスナップショットを作成します。
8.4.1

s3-bucket-replication-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) クロスリージョンレプリケーション (CRR) は、十分な容量と可用性の維持をサポートします。CRR により、Amazon S3 バケット間でオブジェクトを自動的に非同期コピーできるため、データの可用性が維持されます。
8.4.1

s3-bucket-versioning-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットのバージョニングは、同じ Amazon S3 バケットでオブジェクトの複数のバリアントを保持するのに役立ちます。バージョニングを使用すると、Amazon S3 バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのすべてのバージョンを、保存、取得、復元することができます。バージョニングによって、意図しないユーザーアクションやアプリケーション障害から簡単に復旧できます。
8.4.2

db-instance-backup-enabled

Amazon RDS のバックアップ機能では、データベースとトランザクションログのバックアップが作成されます。Amazon RDS により、DB インスタンスクラスターのストレージボリュームのスナップショットが自動的に作成され、DB インスタンス全体がバックアップされます。このシステムでは、回復性の要件を満たす特定の保持期間を設定できます。
8.4.2

dynamodb-in-backup-plan

データバックのアッププロセスを実行するため、Amazon DynamoDB テーブルが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.2

dynamodb-pitr-enabled

このルールを有効にして、情報がバックアップされているかどうかをチェックします。また、Amazon DynamoDB でポイントインタイムリカバリが有効になっているかどうかを確認することで、バックアップを維持します。リカバリによって、過去 35 日間のテーブルの継続的なバックアップが維持されます。
8.4.2

ebs-in-backup-plan

データバックアッププロセスを実行するには、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.2

ebs-optimized-instance

Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) の最適化インスタンスは、Amazon EBS I/O 操作専用の追加容量を提供します。この最適化は、Amazon EBS I/O 操作とその他のインスタンスからのトラフィック間の競合を最小化することで、EBS ボリュームの効率的なパフォーマンスを実現します。
8.4.2

efs-in-backup-plan

データのバックアッププロセスを実行するには、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステムが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.2

elasticache-redis-cluster-automatic-backup-check

自動バックアップが有効になっている場合、Amazon ElastiCache はクラスターのバックアップを毎日作成します。バックアップは、組織の指定により数日間、保持することができます。自動バックアップは、データ損失を防ぐのに役立ちます。障害が発生した場合は、新しいクラスターを作成して、最新のバックアップからデータを復元できます。
8.4.2

rds-in-backup-plan

データのバックアッププロセスを実行するには、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが AWS Backup のプランに含まれていることを確認します。AWS Backup は、ポリシーベースのバックアップソリューションを備えたフルマネージドのバックアップサービスです。このソリューションを使用すると、バックアップの管理が簡素化され、バックアップに関するビジネスおよび規制のコンプライアンス要件を満たすことができます。
8.4.2

redshift-backup-enabled

データのバックアッププロセスを実行するため、Amazon Redshift クラスターで自動スナップショットが設定されていることを確認します。クラスターの自動スナップショットを有効にすると、Amazon Redshift はそのクラスターのスナップショットを定期的に作成します。デフォルトでは、Amazon Redshift は 8 時間ごと、または各ノードの 5 GB ごとのデータ変更、またはそのいずれか早い方のタイミングでスナップショットを作成します。
8.4.2

s3-bucket-replication-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) クロスリージョンレプリケーション (CRR) は、十分な容量と可用性の維持をサポートします。CRR により、Amazon S3 バケット間でオブジェクトを自動的に非同期コピーできるため、データの可用性が維持されます。
8.4.2

s3-bucket-versioning-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットのバージョニングは、同じ Amazon S3 バケットでオブジェクトの複数のバリアントを保持するのに役立ちます。バージョニングを使用すると、Amazon S3 バケットに保存されたあらゆるオブジェクトのすべてのバージョンを、保存、取得、復元することができます。バージョニングによって、意図しないユーザーアクションやアプリケーション障害から簡単に復旧できます。
8.4.4

rds-snapshot-encrypted

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) スナップショットで、暗号化が有効になっていることを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
8.5.4

rds-multi-az-support

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) のマルチ AZ のサポートにより、データベースインスタンスの可用性と耐久性が強化されます。マルチ AZ のデータベースインスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS はプライマリデータベースのインスタンスを自動的に作成し、別のアベイラビリティーゾーンのスタンバイインスタンスにデータを同期的にレプリケートします。各アベイラビリティーゾーンは、物理的に独立した独自のインフラストラクチャで実行されますが、高度な信頼性を実現できるよう設計されています。インフラストラクチャに障害が発生した場合、Amazon RDS ではスタンバイへの自動フェイルオーバーが実行されるため、フェイルオーバーが完了するとすぐにデータベース運用を再開できます。
9.1.1

ec2-instance-profile-attached

EC2 インスタンスプロファイルによって、IAM ロールが EC2 インスタンスに渡されます。インスタンスプロファイルをインスタンスにアタッチすることで、最小特権とアクセス許可を管理できます。
9.1.1

ecs-task-definition-user-for-host-mode-check

タスク定義に昇格した権限がある場合は、お客様がそれらの設定に特別にオプトインしていることが原因です。このコントロールでは、タスク定義でホストネットワークが有効になっており、お客様が昇格した権限にオプトインしていない場合に、予期しない権限の昇格が発生しないかどうかを確認します。
9.1.1

emr-kerberos-enabled

Amazon EMR クラスターで Kerberos を有効にすることで、最小特権と職務の分離の原則に基づいてアクセス許可と認可を管理して組み込むことができます。Kerberos では、認証を必要とするサービスとユーザーをプリンシパルと呼びます。プリンシパルは Kerberos 領域内に存在します。この領域内では、Kerberos サーバーを KDC (キー配布センター) と呼びます。これは、プリンシパルが認証を行うための手段を提供するものです。KDC は、チケットを発行して認証を行います。KDC は、領域内にあるプリンシパルのデータベースに加え、プリンシパルのパスワードや、各プリンシパルに関するその他の管理情報を保持しています。
9.1.1

iam-customer-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) は、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことで、すべての AWS Key Management Service のキーに対するブロックされたアクションがポリシーに含まれることを制限できます。タスク完了のために必要以上の特権を持つことは、最小特権と職務分離の原則に反する可能性があります。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.1

iam-group-has-users-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、IAM グループに少なくとも 1 つの IAM ユーザーが存在するようにすることで、アクセス許可と認可に最小特権と職務の分離の原則を組み込むことができます。関連するアクセス許可や職務に基づいて IAM ユーザーをグループに配置することは、最小特権を組み込む方法の 1 つです。
9.1.1

iam-inline-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、すべての AWS Key Management Service キーでブロックされたアクションを許可するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーでは、再利用可能性、バージョニング、ロールバック、アクセス許可の管理を委任できます。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.1

iam-no-inline-policy-check

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、システムやアセットへのアクセスを管理するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーにより、再利用性、バージョニング、ロールバック、権限管理の委任が可能になります。
9.1.1

iam-password-policy

ID と認証情報は、組織の IAM パスワードポリシーに基づいて発行、管理、検証されます。これらの ID と認証情報は、NIST SP 800-63 および AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティス標準で規定されているパスワード強度の要件を満たしています。このルールでは、必要に応じて RequireUppercaseCharacters (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireLowercaseCharacters (AWS Foundational セキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireSymbols (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireNumbers (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、MinimumPasswordLength (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 14)、PasswordReusePrevention (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 24)、および MaxPasswordAge (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90) を、IAM パスワードポリシーに設定します。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.1

iam-policy-no-statements-with-admin-access

AWS Identity and Access Management (IAM) によって、ポリシーで「Resource」: 「*」に対して「Action」: 「*」が「Effect」: 「Allow」にならないように制限し、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことができます。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
9.1.1

iam-policy-no-statements-with-full-access

IAM アクションが、必要なアクションのみに制限されていることを確認します。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
9.1.1

iam-root-access-key-check

ルートユーザーに AWS Identity and Access Management (IAM) ロールにアタッチされたアクセスキーが割り当てられていないことを確認することで、システムとアセットへのアクセスをコントロールできます。root アクセスキーが削除されていることを確認します。代わりに、ロールベースの AWS アカウントを作成して使用し、最小限の機能の原則を組み込みます。
9.1.1

iam-user-group-membership-check

AWS Identity and Access Management (IAM) は、IAM ユーザーが少なくとも 1 つのグループのメンバーであることを確認することで、アクセス許可と認可をコントロールします。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに許可することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
9.1.1

iam-user-mfa-enabled

AWS クラウド内のリソースへのアクセスを制限するには、このルールを有効にします。このルールにより、すべての IAM ユーザーの多要素認証 (MFA) が有効になります。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らします。
9.1.1

iam-user-no-policies-check

このルールにより、AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーがグループまたはロールのみにアタッチされ、システムとアセットへのアクセスがコントロールされるようになります。グループレベルまたはロールレベルで特権を割り当てると、ID が過剰な特権を受け取ったり保持したりする機会を減らすことができます。
9.1.1

iam-user-unused-credentials-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、指定した期間に使用されていない IAM パスワードとアクセスキーをチェックすることで、アクセスの許可と認可を行うことができます。これらの未使用の認証情報が特定された場合は、最小特権の原則に反する可能性があるため、その認証情報を無効にするか、削除する必要があります。このルールでは、maxCredentialUsageAge (Config デフォルト: 90) の値を設定する必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.1

mfa-enabled-for-iam-console-access

コンソールのパスワードを所有するすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに対して MFA が有効になっていることを確認することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らし、権限のないユーザーが機密データにアクセスできないようにすることができます。
9.1.1

root-account-hardware-mfa-enabled

ルートユーザーに対してハードウェア MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
9.1.1

root-account-mfa-enabled

ルートユーザーに対して MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
9.1.1

secretsmanager-rotation-enabled-check

このルールにより、AWS Secrets Manager シークレットでローテーションが有効にされます。シークレットを定期的にローテーションすることで、シークレットがアクティブになる期間が短縮され、シークレットが侵害された場合のビジネスへの影響が軽減される可能性があります。
9.1.1

secretsmanager-scheduled-rotation-success-check

このルールにより、AWS Secrets Manager のシークレットがローテーションスケジュールに従って正常にローテーションされるようになります。シークレットを定期的にローテーションすることで、シークレットがアクティブになる期間が短縮され、シークレットが侵害された場合のビジネスへの影響が軽減される可能性があります。
9.1.1

s3-bucket-policy-grantee-check

s3_ bucket_policy_grantee_check を有効にして、AWS クラウドへのアクセスを管理します。このルールにより、Amazon S3 バケットによって許可されたアクセスが、指定した任意の AWS プリンシパル、フェデレーティッドユーザー、サービスプリンシパル、IP アドレス、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) ID によって制限されているかどうかチェックされます。
9.1.1

secretsmanager-secret-periodic-rotation

シークレットをローテーションさせ、AWS アカウント内のデータベース認証情報、パスワード、サードパーティ API キー、さらには任意のテキストなどの秘密が不正に使用されるリスクを低減します。AWS Secret Manager では、シークレットを自動的にローテーションするように設定できます これにより、長期のシークレットを短期のシークレッに置き換えることが可能となり、侵害されるリスクが大幅に減少します。
9.1.1

secretsmanager-secret-unused

使用されていないシークレットは、そのシークレットを使っていた前のユーザーがそれにアクセスして不正使用する可能性があります。使用されていないシークレットを削除すると、それを使う必要のないユーザーが機密へアクセスできないようにすることができます。
9.1.2

iam-customer-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) は、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことで、すべての AWS Key Management Service のキーに対するブロックされたアクションがポリシーに含まれることを制限できます。タスク完了のために必要以上の特権を持つことは、最小特権と職務分離の原則に反する可能性があります。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.2

iam-group-has-users-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、IAM グループに少なくとも 1 つの IAM ユーザーが存在するようにすることで、アクセス許可と認可に最小特権と職務の分離の原則を組み込むことができます。関連するアクセス許可や職務に基づいて IAM ユーザーをグループに配置することは、最小特権を組み込む方法の 1 つです。
9.1.2

iam-inline-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、すべての AWS Key Management Service キーでブロックされたアクションを許可するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーでは、再利用可能性、バージョニング、ロールバック、アクセス許可の管理を委任できます。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.2

iam-no-inline-policy-check

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、システムやアセットへのアクセスを管理するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーにより、再利用性、バージョニング、ロールバック、権限管理の委任が可能になります。
9.1.2

iam-policy-no-statements-with-admin-access

AWS Identity and Access Management (IAM) によって、ポリシーで「Resource」: 「*」に対して「Action」: 「*」が「Effect」: 「Allow」にならないように制限し、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことができます。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
9.1.3

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
9.1.3

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
9.1.3

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
9.1.3

cloud-trail-log-file-validation-enabled

AWS CloudTrail のログファイルの検証を使用して、CloudTrail ログの整合性をチェックします。ログファイルの検証は、CloudTrail がログファイルを配信した後に変更されたか、削除されたか、変更されていないかを判断するのに役立ちます。この機能は、業界標準のアルゴリズムを使用して構築されています。ハッシュ用の SHA-256 とデジタル署名用の RSA を備えた SHA-256。これにより、CloudTrail ログファイルを検出せずに変更、削除、または偽造することは計算上実行不可能になります。
9.1.3

cloudtrail-s3-dataevents-enabled

Simple Storage Service (Amazon S3) のデータイベントを収集することで、異常性の高いアクティビティを検出できます。詳細には、Amazon S3 バケットにアクセスした AWS アカウントの情報、IP アドレス、イベント発生時刻が含まれます。
9.1.3

cloudtrail-security-trail-enabled

このルールでは、複数の設定が有効になっていることをチェックすることで、AWS CloudTrail で AWS が推奨するセキュリティのベストプラクティスが使用されるようになります。これには、ログ暗号化の使用、ログ検証、複数のリージョンでの AWS CloudTrail の有効化が含まれます。
9.1.3

cw-loggroup-retention-period-check

トラブルシューティングとフォレンジック調査を実行するため、ロググループでイベントログデータの最小期間が保持されていることを確認します。利用可能な過去のイベントログデータを入手できない場合、悪意のあるイベントの再構築と特定が困難になります。
9.1.3

elasticsearch-logs-to-cloudwatch

Amazon OpenSearch Service のドメインでエラーログが有効になっており、保持と応答のために Amazon CloudWatch Logs にストリーミングされていることを確認します。ドメインのエラーログは、セキュリティとアクセス監査や、可用性の問題の診断に役立ちます。
9.1.3

elb-logging-enabled

Elastic Load Balancing でのアクティビティは、環境内の通信の中心となるポイントです。ELB ログ記録が有効になっていることを確認します。収集されたデータから、ELB に送信されるリクエストについての詳細情報が得られます。各ログには、リクエストを受け取った時刻、クライアントの IP アドレス、レイテンシー、リクエストのパス、サーバーレスポンスなどの情報が含まれます。
9.1.3

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
9.1.3

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
9.1.3

rds-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを行うため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) でログ記録を有効にします。Amazon RDS のログ記録を使用すると、接続、切断、クエリ、クエリされたテーブルなどのイベントをキャプチャできます。
9.1.3

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.3

s3-bucket-logging-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) サーバーアクセスのログ記録によって、ネットワークをモニタリングし、潜在的なサイバーセキュリティイベントに対応することができます。Amazon S3 バケットに対して行われたリクエストの詳細な記録をキャプチャすることで、イベントをモニタリングします。各アクセスのログレコードから、1 つのアクセスリクエストについての詳細情報を取得できます。詳細情報には、リクエスタ、バケット名、リクエスト時刻、リクエストアクション、レスポンスのステータス、エラーコード (該当する場合) などの情報が含まれます。
9.1.3

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
9.1.3

vpc-flow-logs-enabled

VPC フローログでは、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のネットワークインターフェイス間で送受信される IP トラフィックに関する情報の詳細な記録を提供します。フローログレコードには、送信元、送信先、プロトコルなど、IP フローのさまざまなコンポーネントの値がデフォルトで含まれています。
9.1.3

wafv2-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを実行するには、リージョンおよびグローバルウェブアクセスコントロールで AWS WAF (V2) ログ記録を有効にします。AWS WAF ログ記録により、ウェブ ACL で分析されるトラフィックに関する詳細情報を取得します。ログには、AWS WAF が AWS リソースからリクエストを受信した時間、リクエストの詳細、各リクエストが一致させるルールのアクションが記録されます。
9.1.4

iam-password-policy

ID と認証情報は、組織の IAM パスワードポリシーに基づいて発行、管理、検証されます。これらの ID と認証情報は、NIST SP 800-63 および AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティス標準で規定されているパスワード強度の要件を満たしています。このルールでは、必要に応じて RequireUppercaseCharacters (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireLowercaseCharacters (AWS Foundational セキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireSymbols (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireNumbers (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、MinimumPasswordLength (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 14)、PasswordReusePrevention (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 24)、および MaxPasswordAge (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90) を、IAM パスワードポリシーに設定します。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.5

iam-user-mfa-enabled

AWS クラウド内のリソースへのアクセスを制限するには、このルールを有効にします。このルールにより、すべての IAM ユーザーの多要素認証 (MFA) が有効になります。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らします。
9.1.5

mfa-enabled-for-iam-console-access

コンソールのパスワードを所有するすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに対して MFA が有効になっていることを確認することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らし、権限のないユーザーが機密データにアクセスできないようにすることができます。
9.1.5

root-account-hardware-mfa-enabled

ルートユーザーに対してハードウェア MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
9.1.5

root-account-mfa-enabled

ルートユーザーに対して MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
9.1.6

iam-user-unused-credentials-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、指定した期間に使用されていない IAM パスワードとアクセスキーをチェックすることで、アクセスの許可と認可を行うことができます。これらの未使用の認証情報が特定された場合は、最小特権の原則に反する可能性があるため、その認証情報を無効にするか、削除する必要があります。このルールでは、maxCredentialUsageAge (Config デフォルト: 90) の値を設定する必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.7

emr-kerberos-enabled

Amazon EMR クラスターで Kerberos を有効にすることで、最小特権と職務の分離の原則に基づいてアクセス許可と認可を管理して組み込むことができます。Kerberos では、認証を必要とするサービスとユーザーをプリンシパルと呼びます。プリンシパルは Kerberos 領域内に存在します。この領域内では、Kerberos サーバーを KDC (キー配布センター) と呼びます。これは、プリンシパルが認証を行うための手段を提供するものです。KDC は、チケットを発行して認証を行います。KDC は、領域内にあるプリンシパルのデータベースに加え、プリンシパルのパスワードや、各プリンシパルに関するその他の管理情報を保持しています。
9.1.7

iam-customer-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) は、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことで、すべての AWS Key Management Service のキーに対するブロックされたアクションがポリシーに含まれることを制限できます。タスク完了のために必要以上の特権を持つことは、最小特権と職務分離の原則に反する可能性があります。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.7

iam-group-has-users-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、IAM グループに少なくとも 1 つの IAM ユーザーが存在するようにすることで、アクセス許可と認可に最小特権と職務の分離の原則を組み込むことができます。関連するアクセス許可や職務に基づいて IAM ユーザーをグループに配置することは、最小特権を組み込む方法の 1 つです。
9.1.7

iam-inline-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、すべての AWS Key Management Service キーでブロックされたアクションを許可するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーでは、再利用可能性、バージョニング、ロールバック、アクセス許可の管理を委任できます。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.1.7

iam-no-inline-policy-check

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、システムやアセットへのアクセスを管理するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーにより、再利用性、バージョニング、ロールバック、権限管理の委任が可能になります。
9.1.7

iam-policy-no-statements-with-admin-access

AWS Identity and Access Management (IAM) によって、ポリシーで「Resource」: 「*」に対して「Action」: 「*」が「Effect」: 「Allow」にならないように制限し、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことができます。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
9.2.1

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
9.2.1

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
9.2.1

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
9.2.1

cloud-trail-encryption-enabled

機密データが含まれている可能性があるため、AWS CloudTrail の証跡で暗号化を有効にして、保管中のデータを保護します。
9.2.1

cloud-trail-log-file-validation-enabled

AWS CloudTrail のログファイルの検証を使用して、CloudTrail ログの整合性をチェックします。ログファイルの検証は、CloudTrail がログファイルを配信した後に変更されたか、削除されたか、変更されていないかを判断するのに役立ちます。この機能は、業界標準のアルゴリズムを使用して構築されています。ハッシュ用の SHA-256 とデジタル署名用の RSA を備えた SHA-256。これにより、CloudTrail ログファイルを検出せずに変更、削除、または偽造することは計算上実行不可能になります。
9.2.1

cw-loggroup-retention-period-check

トラブルシューティングとフォレンジック調査を実行するため、ロググループでイベントログデータの最小期間が保持されていることを確認します。利用可能な過去のイベントログデータを入手できない場合、悪意のあるイベントの再構築と特定が困難になります。
9.2.1

iam-root-access-key-check

ルートユーザーに AWS Identity and Access Management (IAM) ロールにアタッチされたアクセスキーが割り当てられていないことを確認することで、システムとアセットへのアクセスをコントロールできます。root アクセスキーが削除されていることを確認します。代わりに、ロールベースの AWS アカウントを作成して使用し、最小限の機能の原則を組み込みます。
9.2.1

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
9.2.1

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.2.1

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
9.2.2

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
9.2.2

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
9.2.2

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
9.2.2

cloud-trail-encryption-enabled

機密データが含まれている可能性があるため、AWS CloudTrail の証跡で暗号化を有効にして、保管中のデータを保護します。
9.2.2

cloud-trail-log-file-validation-enabled

AWS CloudTrail のログファイルの検証を使用して、CloudTrail ログの整合性をチェックします。ログファイルの検証は、CloudTrail がログファイルを配信した後に変更されたか、削除されたか、変更されていないかを判断するのに役立ちます。この機能は、業界標準のアルゴリズムを使用して構築されています。ハッシュ用の SHA-256 とデジタル署名用の RSA を備えた SHA-256。これにより、CloudTrail ログファイルを検出せずに変更、削除、または偽造することは計算上実行不可能になります。
9.2.2

cw-loggroup-retention-period-check

トラブルシューティングとフォレンジック調査を実行するため、ロググループでイベントログデータの最小期間が保持されていることを確認します。利用可能な過去のイベントログデータを入手できない場合、悪意のあるイベントの再構築と特定が困難になります。
9.2.2

ec2-instance-managed-by-systems-manager

AWS Systems Manager を使用して Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを管理することで、組織内のソフトウェアプラットフォームやアプリケーションのインベントリを作成できます。AWS Systems Manager を使用して、詳細なシステム設定、オペレーティングシステムのパッチレベル、サービス名とタイプ、ソフトウェアのインストール、アプリケーション名、発行者とバージョン、および環境に関するその他の詳細を提供します。
9.2.2

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
9.2.2

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
9.2.2

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.2.2

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
9.3.1

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
9.3.1

api-gw-ssl-enabled

Amazon API Gateway REST API ステージで SSL 証明書を設定して、バックエンドシステムが API Gateway からのリクエストを認証できるようにします。
9.3.1

elasticsearch-node-to-node-encryption-check

Amazon OpenSearch Service のノード間の暗号化を有効にします。ノード間の暗号化により、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のすべての通信で TLS 1.2 暗号化が有効になります。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
9.3.1

elb-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
9.3.1

elb-tls-https-listeners-only

Elastic Load Balancing (ELB) が、SSL または HTTPS リスナーを使用して設定されるようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
9.3.1

iam-user-unused-credentials-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、指定した期間に使用されていない IAM パスワードとアクセスキーをチェックすることで、アクセスの許可と認可を行うことができます。これらの未使用の認証情報が特定された場合は、最小特権の原則に反する可能性があるため、その認証情報を無効にするか、削除する必要があります。このルールでは、maxCredentialUsageAge (Config デフォルト: 90) の値を設定する必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
9.3.1

mfa-enabled-for-iam-console-access

コンソールのパスワードを所有するすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに対して MFA が有効になっていることを確認することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らし、権限のないユーザーが機密データにアクセスできないようにすることができます。
9.3.1

redshift-require-tls-ssl

Amazon Redshift クラスターで、SQL クライアントに接続するために TLS/SSL 暗号化が必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
9.3.1

root-account-hardware-mfa-enabled

ルートユーザーに対してハードウェア MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
9.3.1

root-account-mfa-enabled

ルートユーザーに対して MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
9.3.1

s3-bucket-ssl-requests-only

転送中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、Secure Sockets Layer (SSL) を使用するためのリクエストが必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

acm-certificate-expiration-check

X509 証明書が AWS ACM によって発行されるようにすることで、ネットワークの整合性を保護します。これらの証明書は有効で、期限切れではない必要があります。このルールには、daysToExpiration の値が必要です (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
10.1.1

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

api-gw-cache-enabled-and-encrypted

保管中のデータを保護するため、API Gateway ステージのキャッシュで暗号化が有効になっていることを確認します。機密データは API のメソッドでキャプチャされる可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

api-gw-ssl-enabled

Amazon API Gateway REST API ステージで SSL 証明書を設定して、バックエンドシステムが API Gateway からのリクエストを認証できるようにします。
10.1.1

cloud-trail-encryption-enabled

機密データが含まれている可能性があるため、AWS CloudTrail の証跡で暗号化を有効にして、保管中のデータを保護します。
10.1.1

cloudwatch-log-group-encrypted

保管中の機密データを保護するため、Amazon CloudWatch ロググループで暗号化が有効になっていることを確認します。
10.1.1

dynamodb-table-encrypted-kms

Amazon DynamoDB テーブルで、暗号化が有効になっていることを確認します。これらのテーブルには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。デフォルトでは、DynamoDB のテーブルは AWS が所有するカスタマーマスターキー (CMK) で暗号化されます。
10.1.1

ec2-ebs-encryption-by-default

保管中のデータを保護するため、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。これらのボリュームには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

efs-encrypted-check

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic File System (EFS) で暗号化が有効になっていることを確認します。
10.1.1

elasticsearch-encrypted-at-rest

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) ドメインで暗号化が有効になっていることを確認します。
10.1.1

elasticsearch-node-to-node-encryption-check

Amazon OpenSearch Service のノード間の暗号化を有効にします。ノード間の暗号化により、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のすべての通信で TLS 1.2 暗号化が有効になります。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

elb-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
10.1.1

elb-tls-https-listeners-only

Elastic Load Balancing (ELB) が、SSL または HTTPS リスナーを使用して設定されるようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

elbv2-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
10.1.1

encrypted-volumes

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。
10.1.1

rds-snapshot-encrypted

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) スナップショットで、暗号化が有効になっていることを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

rds-storage-encrypted

保管中のデータを保護するため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスで暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon RDS インスタンスには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
10.1.1

redshift-cluster-kms-enabled

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。Redshift クラスターには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

redshift-require-tls-ssl

Amazon Redshift クラスターで、SQL クライアントに接続するために TLS/SSL 暗号化が必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

s3-bucket-server-side-encryption-enabled

保管中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon S3 バケットには機密データが含まれている可能性があるため、暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

s3-bucket-ssl-requests-only

転送中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、Secure Sockets Layer (SSL) を使用するためのリクエストが必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

s3-default-encryption-kms

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon S3 バケットには機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータの暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

sagemaker-endpoint-configuration-kms-key-configured

保管中のデータを保護するため、SageMaker エンドポイントで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。SageMaker エンドポイントには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

sagemaker-notebook-instance-kms-key-configured

保管中のデータを保護するため、SageMaker ノートブックで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。SageMaker ノートブックには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

secretsmanager-using-cmk

保管中のデータを保護するため、AWS Secrets Manager のシークレットに対して AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。保管中の Secrets Manager のシークレットに機密データが存在する可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.1.1

sns-encrypted-kms

保管中のデータを保護するため、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックで AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用する暗号化が必要かどうかを確認します。公開されたメッセージには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
10.2.1

acm-certificate-expiration-check

X509 証明書が AWS ACM によって発行されるようにすることで、ネットワークの整合性を保護します。これらの証明書は有効で、期限切れではない必要があります。このルールには、daysToExpiration の値が必要です (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
10.2.1

cmk-backing-key-rotation-enabled

キーのローテーションを有効にして、暗号化期間の最後に到達したときにキーがローテーションされるようにします。
10.2.1

kms-cmk-not-scheduled-for-deletion

保管中のデータを保護するため、AWS Key Management Service (AWS KMS) で、必要なカスタマーマスターキー (CMK) の削除がスケジュールされていないことを確認します。キーの削除が必要になる場合があるため、このルールでは、キーが意図せずスケジュールされた場合に備えて、削除予定のすべてのキーをチェックすることができます。
10.2.2

kms-cmk-not-scheduled-for-deletion

保管中のデータを保護するため、AWS Key Management Service (AWS KMS) で、必要なカスタマーマスターキー (CMK) の削除がスケジュールされていないことを確認します。キーの削除が必要になる場合があるため、このルールでは、キーが意図せずスケジュールされた場合に備えて、削除予定のすべてのキーをチェックすることができます。
10.2.3

access-keys-rotated

組織のポリシーに従って IAM アクセスキーがローテーションされるようにすることで、認可されたデバイス、ユーザー、プロセスについての認証情報が監査されます。アクセスキーを定期的に変更することが、セキュリティのベストプラクティスです。これにより、アクセスキーがアクティブになっている期間が短縮され、キーが侵害された場合のビジネスへの影響を軽減できます。このルールでは、アクセスキーの更新の値が必要です (Config デフォルト: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
10.2.3

cmk-backing-key-rotation-enabled

キーのローテーションを有効にして、暗号化期間の最後に到達したときにキーがローテーションされるようにします。
10.2.3

kms-cmk-not-scheduled-for-deletion

保管中のデータを保護するため、AWS Key Management Service (AWS KMS) で、必要なカスタマーマスターキー (CMK) の削除がスケジュールされていないことを確認します。キーの削除が必要になる場合があるため、このルールでは、キーが意図せずスケジュールされた場合に備えて、削除予定のすべてのキーをチェックすることができます。
11.1.1 (a)

acm-certificate-expiration-check

X509 証明書が AWS ACM によって発行されるようにすることで、ネットワークの整合性を保護します。これらの証明書は有効で、期限切れではない必要があります。このルールには、daysToExpiration の値が必要です (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.1 (a)

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (a)

api-gw-cache-enabled-and-encrypted

保管中のデータを保護するため、API Gateway ステージのキャッシュで暗号化が有効になっていることを確認します。機密データは API のメソッドでキャプチャされる可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (a)

api-gw-ssl-enabled

Amazon API Gateway REST API ステージで SSL 証明書を設定して、バックエンドシステムが API Gateway からのリクエストを認証できるようにします。
11.1.1 (a)

elasticsearch-node-to-node-encryption-check

Amazon OpenSearch Service のノード間の暗号化を有効にします。ノード間の暗号化により、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のすべての通信で TLS 1.2 暗号化が有効になります。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (a)

elbv2-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
11.1.1 (a)

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
11.1.1 (a)

redshift-require-tls-ssl

Amazon Redshift クラスターで、SQL クライアントに接続するために TLS/SSL 暗号化が必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (a)

s3-bucket-ssl-requests-only

転送中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、Secure Sockets Layer (SSL) を使用するためのリクエストが必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

api-gw-cache-enabled-and-encrypted

保管中のデータを保護するため、API Gateway ステージのキャッシュで暗号化が有効になっていることを確認します。機密データは API のメソッドでキャプチャされる可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

autoscaling-launch-config-public-ip-disabled

パブリック IP アドレスを使用してネットワークインターフェイスを設定すると、それらのネットワークインターフェイスに関連付けられたリソースにインターネットからアクセスできます。EC2 リソースが、アプリケーションやサーバーへの意図しないアクセスを許可する可能性があるため、パブリックにアクセスできないようにする必要があります。
11.1.1 (b)

cloud-trail-encryption-enabled

機密データが含まれている可能性があるため、AWS CloudTrail の証跡で暗号化を有効にして、保管中のデータを保護します。
11.1.1 (b)

cloudwatch-log-group-encrypted

保管中の機密データを保護するため、Amazon CloudWatch ロググループで暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.1 (b)

dms-replication-not-public

DMS レプリケーションインスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。DMS レプリケーションインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

dynamodb-table-encrypted-kms

Amazon DynamoDB テーブルで、暗号化が有効になっていることを確認します。これらのテーブルには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。デフォルトでは、DynamoDB のテーブルは AWS が所有するカスタマーマスターキー (CMK) で暗号化されます。
11.1.1 (b)

ebs-snapshot-public-restorable-check

EBS スナップショットがパブリックで復元されないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。EBS ボリュームスナップショットには機密情報が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

ec2-ebs-encryption-by-default

保管中のデータを保護するため、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。これらのボリュームには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

ec2-instance-no-public-ip

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EC2 インスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

efs-encrypted-check

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic File System (EFS) で暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.1 (b)

elasticsearch-encrypted-at-rest

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) ドメインで暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.1 (b)

elasticsearch-in-vpc-only

Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) のドメインが Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にあることを確認することで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon VPC 内の OpenSearch Service のドメインによって、インターネットゲートウェイ、NAT デバイスや VPN 接続なしで、OpenSearch Service と他のサービス間に Amazon VPC 内で安全な通信ができるようになります。
11.1.1 (b)

emr-master-no-public-ip

Amazon EMR クラスターマスターノードにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EMR クラスターのマスターノードには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

encrypted-volumes

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.1 (b)

restricted-ssh

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のセキュリティグループは、AWS リソースへの出入口ネットワークトラフィックをステートフルにフィルタリングすることで、ネットワークアクセスの管理を支援することができます。リソースで 0.0.0.0/0 からポート 22 への入力 (またはリモート) トラフィックを許可しないようにすることで、リモートアクセスを制限できます。
11.1.1 (b)

ec2-instances-in-vpc

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内に Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを展開し、Amazon VPC 内でのインスタンスとサービス間の安全な通信を、インターネットゲートウェイ、NATデバイス、VPN接続を必要とせず可能にします。すべてのトラフィックは AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。Amazon EC2 インスタンスを Amazon VPC に割り当て、アクセスを適切に管理します。
11.1.1 (b)

lambda-function-public-access-prohibited

AWS Lambda 関数へのパブリックアクセスができないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。パブリックアクセスにより、リソースの可用性の低下を招く可能性があります。
11.1.1 (b)

lambda-inside-vpc

AWS Lambda 関数を Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にデプロイして、関数と Amazon VPC 内の他のサービスとの間の安全な通信を実現します。この設定では、インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続を使用する必要はありません。すべてのトラフィックは、AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。アクセスを適切に管理するため、AWS Lambda 関数を VPC に割り当てる必要があります。
11.1.1 (b)

no-unrestricted-route-to-igw

Amazon EC2 ルートテーブルで、インターネットゲートウェイへの無制限のルートがないことを確認します。Amazon VPC 内のワークロードのインターネットへのアクセスを削除または制限すると、環境内の意図しないアクセスを減らすことができます。
11.1.1 (b)

rds-instance-public-access-check

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

rds-snapshot-encrypted

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) スナップショットで、暗号化が有効になっていることを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

rds-snapshots-public-prohibited

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報と原則が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

rds-storage-encrypted

保管中のデータを保護するため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスで暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon RDS インスタンスには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.1 (b)

redshift-cluster-kms-enabled

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。Redshift クラスターには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

redshift-cluster-public-access-check

Amazon Redshift クラスターが公開されていないことを確認して、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon Redshift クラスターには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
11.1.1 (b)

restricted-common-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。ポートへのアクセスを信頼できるソースに制限しなければ、システムの可用性、完全性、機密性に対する脅威を招く可能性があります。このルールでは、blockedPort1 - blockedPort5 パラメータを必要に応じて設定できます (Config デフォルト: 20、21、3389、3306、4333)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.1 (b)

s3-account-level-public-access-blocks-periodic

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールは、パブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護するのに役立ちます。このルールでは、ignorePublicAcls (Config デフォルト: True)、blockPublicPolicy (Config デフォルト: True)、blockPublicAcls (Config デフォルト: True)、および restrictPublicBuckets (Config デフォルト: True) の各パラメータを必要に応じて設定できます。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.1 (b)

s3-bucket-level-public-access-prohibited

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールでは、バケットレベルでのパブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護します。
11.1.1 (b)

s3-bucket-public-read-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
11.1.1 (b)

s3-bucket-public-write-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
11.1.1 (b)

s3-bucket-server-side-encryption-enabled

保管中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon S3 バケットには機密データが含まれている可能性があるため、暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

s3-default-encryption-kms

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon S3 バケットには機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータの暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

sagemaker-endpoint-configuration-kms-key-configured

保管中のデータを保護するため、SageMaker エンドポイントで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。SageMaker エンドポイントには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

sagemaker-notebook-instance-kms-key-configured

保管中のデータを保護するため、SageMaker ノートブックで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。SageMaker ノートブックには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

sagemaker-notebook-no-direct-internet-access

Amazon SageMaker ノートブックがインターネットからの直接アクセスを許可しないようにすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。インターネットからの直接アクセスを防止することで、権限のないユーザーが機密データにアクセスするのを防ぐことができます。
11.1.1 (b)

secretsmanager-using-cmk

保管中のデータを保護するため、AWS Secrets Manager のシークレットに対して AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。保管中の Secrets Manager のシークレットに機密データが存在する可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

sns-encrypted-kms

保管中のデータを保護するため、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックで AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用する暗号化が必要かどうかを確認します。公開されたメッセージには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.1 (b)

ssm-document-not-public

AWS Systems Manager (SSM) ドキュメントへの意図しないアクセスが許可される可能性があるため、SSM ドキュメントが公開されていないことを確認します。パブリック SSM ドキュメントにより、お客様のアカウント、リソース、内部プロセスに関する情報が公開される可能性があります。
11.1.1 (b)

vpc-sg-open-only-to-authorized-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。信頼できるソースへのポートに対するアクセスを制限しないと、システムの可用性、完全性、機密性に対する攻撃を招く可能性があります。インターネットからのセキュリティグループ内のリソースへのアクセスを制限することで (0.0.0.0/0)、内部システムへのリモートアクセスをコントロールできます。
11.1.3

api-gw-cache-enabled-and-encrypted

保管中のデータを保護するため、API Gateway ステージのキャッシュで暗号化が有効になっていることを確認します。機密データは API のメソッドでキャプチャされる可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

cloud-trail-encryption-enabled

機密データが含まれている可能性があるため、AWS CloudTrail の証跡で暗号化を有効にして、保管中のデータを保護します。
11.1.3

cloudwatch-log-group-encrypted

保管中の機密データを保護するため、Amazon CloudWatch ロググループで暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.3

dynamodb-table-encrypted-kms

Amazon DynamoDB テーブルで、暗号化が有効になっていることを確認します。これらのテーブルには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。デフォルトでは、DynamoDB のテーブルは AWS が所有するカスタマーマスターキー (CMK) で暗号化されます。
11.1.3

ebs-snapshot-public-restorable-check

EBS スナップショットがパブリックで復元されないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。EBS ボリュームスナップショットには機密情報が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.1.3

ec2-ebs-encryption-by-default

保管中のデータを保護するため、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。これらのボリュームには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

ec2-instance-profile-attached

EC2 インスタンスプロファイルによって、IAM ロールが EC2 インスタンスに渡されます。インスタンスプロファイルをインスタンスにアタッチすることで、最小特権とアクセス許可を管理できます。
11.1.3

ecs-task-definition-user-for-host-mode-check

タスク定義に昇格した権限がある場合は、お客様がそれらの設定に特別にオプトインしていることが原因です。このコントロールでは、タスク定義でホストネットワークが有効になっており、お客様が昇格した権限にオプトインしていない場合に、予期しない権限の昇格が発生しないかどうかを確認します。
11.1.3

efs-encrypted-check

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic File System (EFS) で暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.3

elasticsearch-encrypted-at-rest

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) ドメインで暗号化が有効になっていることを確認します。
11.1.3

emr-kerberos-enabled

Amazon EMR クラスターで Kerberos を有効にすることで、最小特権と職務の分離の原則に基づいてアクセス許可と認可を管理して組み込むことができます。Kerberos では、認証を必要とするサービスとユーザーをプリンシパルと呼びます。プリンシパルは Kerberos 領域内に存在します。この領域内では、Kerberos サーバーを KDC (キー配布センター) と呼びます。これは、プリンシパルが認証を行うための手段を提供するものです。KDC は、チケットを発行して認証を行います。KDC は、領域内にあるプリンシパルのデータベースに加え、プリンシパルのパスワードや、各プリンシパルに関するその他の管理情報を保持しています。
11.1.3

iam-customer-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) は、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことで、すべての AWS Key Management Service のキーに対するブロックされたアクションがポリシーに含まれることを制限できます。タスク完了のために必要以上の特権を持つことは、最小特権と職務分離の原則に反する可能性があります。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.3

iam-group-has-users-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、IAM グループに少なくとも 1 つの IAM ユーザーが存在するようにすることで、アクセス許可と認可に最小特権と職務の分離の原則を組み込むことができます。関連するアクセス許可や職務に基づいて IAM ユーザーをグループに配置することは、最小特権を組み込む方法の 1 つです。
11.1.3

iam-inline-policy-blocked-kms-actions

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、すべての AWS Key Management Service キーでブロックされたアクションを許可するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーでは、再利用可能性、バージョニング、ロールバック、アクセス許可の管理を委任できます。このルールにより、blockedActionsPatterns パラメータの設定が可能になります。(AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: kms:Decrypt、kms:ReEncryptFrom)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.3

iam-no-inline-policy-check

AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザー、IAM ロール、または IAM グループに、システムやアセットへのアクセスを管理するインラインポリシーがないことを確認します。AWS では、インラインポリシーではなく管理ポリシーポリシーを使用することを推奨しています。管理ポリシーにより、再利用性、バージョニング、ロールバック、権限管理の委任が可能になります。
11.1.3

iam-password-policy

ID と認証情報は、組織の IAM パスワードポリシーに基づいて発行、管理、検証されます。これらの ID と認証情報は、NIST SP 800-63 および AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティス標準で規定されているパスワード強度の要件を満たしています。このルールでは、必要に応じて RequireUppercaseCharacters (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireLowercaseCharacters (AWS Foundational セキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireSymbols (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、RequireNumbers (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: true)、MinimumPasswordLength (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 14)、PasswordReusePrevention (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 24)、および MaxPasswordAge (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90) を、IAM パスワードポリシーに設定します。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.3

iam-policy-no-statements-with-admin-access

AWS Identity and Access Management (IAM) によって、ポリシーで「Resource」: 「*」に対して「Action」: 「*」が「Effect」: 「Allow」にならないように制限し、アクセス許可や認可に最小特権と職務分離の原則を組み込むことができます。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
11.1.3

iam-policy-no-statements-with-full-access

IAM アクションが、必要なアクションのみに制限されていることを確認します。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに付与することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
11.1.3

iam-user-group-membership-check

AWS Identity and Access Management (IAM) は、IAM ユーザーが少なくとも 1 つのグループのメンバーであることを確認することで、アクセス許可と認可をコントロールします。タスク完了のために必要以上の権限をユーザーに許可することは、最小特権と職務の分離の原則に反する可能性があります。
11.1.3

iam-user-mfa-enabled

AWS クラウド内のリソースへのアクセスを制限するには、このルールを有効にします。このルールにより、すべての IAM ユーザーの多要素認証 (MFA) が有効になります。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らします。
11.1.3

iam-user-no-policies-check

このルールにより、AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーがグループまたはロールのみにアタッチされ、システムとアセットへのアクセスがコントロールされるようになります。グループレベルまたはロールレベルで特権を割り当てると、ID が過剰な特権を受け取ったり保持したりする機会を減らすことができます。
11.1.3

iam-user-unused-credentials-check

AWS Identity and Access Management (IAM) では、指定した期間に使用されていない IAM パスワードとアクセスキーをチェックすることで、アクセスの許可と認可を行うことができます。これらの未使用の認証情報が特定された場合は、最小特権の原則に反する可能性があるため、その認証情報を無効にするか、削除する必要があります。このルールでは、maxCredentialUsageAge (Config デフォルト: 90) の値を設定する必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.3

mfa-enabled-for-iam-console-access

コンソールのパスワードを所有するすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーに対して MFA が有効になっていることを確認することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。MFA は、ユーザー名とパスワードに更なる保護手段を追加します。IAM ユーザーに MFA を要求することで、アカウントが侵害されるインシデントを減らし、権限のないユーザーが機密データにアクセスできないようにすることができます。
11.1.3

rds-snapshot-encrypted

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) スナップショットで、暗号化が有効になっていることを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

rds-storage-encrypted

保管中のデータを保護するため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスで暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon RDS インスタンスには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.1.3

redshift-cluster-kms-enabled

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。Redshift クラスターには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

root-account-hardware-mfa-enabled

ルートユーザーに対してハードウェア MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
11.1.3

root-account-mfa-enabled

ルートユーザーに対して MFA を有効にすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。ルートユーザーは、AWS アカウントで最も権限があるユーザーです。MFA は、ユーザー名とパスワードに 1 つの保護レイヤーを追加します。ルートユーザーに MFA を要求することで、AWS アカウントが侵害されるインシデントを減らすことができます。
11.1.3

s3-bucket-server-side-encryption-enabled

保管中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon S3 バケットには機密データが含まれている可能性があるため、暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

s3-default-encryption-kms

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、暗号化が有効になっていることを確認します。Amazon S3 バケットには機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータの暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

sagemaker-endpoint-configuration-kms-key-configured

保管中のデータを保護するため、SageMaker エンドポイントで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。SageMaker エンドポイントには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

sagemaker-notebook-instance-kms-key-configured

保管中のデータを保護するため、SageMaker ノートブックで AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。SageMaker ノートブックには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

secretsmanager-using-cmk

保管中のデータを保護するため、AWS Secrets Manager のシークレットに対して AWS Key Management Service (AWS KMS) による暗号化が有効になっていることを確認します。保管中の Secrets Manager のシークレットに機密データが存在する可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.1.3

sns-encrypted-kms

保管中のデータを保護するため、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) トピックで AWS Key Management Service (AWS KMS) を使用する暗号化が必要かどうかを確認します。公開されたメッセージには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
11.2.1

alb-waf-enabled

アプリケーションを保護するため、Elastic Load Balancing (ELB) で AWS WAF が有効になっていることを確認します。WAF は、一般的なウェブの脆弱性からウェブアプリケーションや API を保護するのに役立ちます。これらのウェブの脆弱性は、お客様の環境で可用性に影響を与えたり、セキュリティを侵害したり、リソースを過剰に消費したりする可能性があります。
11.2.2

autoscaling-launch-config-public-ip-disabled

パブリック IP アドレスを使用してネットワークインターフェイスを設定すると、それらのネットワークインターフェイスに関連付けられたリソースにインターネットからアクセスできます。EC2 リソースが、アプリケーションやサーバーへの意図しないアクセスを許可する可能性があるため、パブリックにアクセスできないようにする必要があります。
11.2.2

dms-replication-not-public

DMS レプリケーションインスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。DMS レプリケーションインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

ebs-snapshot-public-restorable-check

EBS スナップショットがパブリックで復元されないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。EBS ボリュームスナップショットには機密情報が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

ec2-instance-no-public-ip

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EC2 インスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

elasticsearch-in-vpc-only

Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) のドメインが Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にあることを確認することで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon VPC 内の OpenSearch Service のドメインによって、インターネットゲートウェイ、NAT デバイスや VPN 接続なしで、OpenSearch Service と他のサービス間に Amazon VPC 内で安全な通信ができるようになります。
11.2.2

emr-master-no-public-ip

Amazon EMR クラスターマスターノードにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EMR クラスターのマスターノードには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
11.2.2

restricted-ssh

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のセキュリティグループは、AWS リソースへの出入口ネットワークトラフィックをステートフルにフィルタリングすることで、ネットワークアクセスの管理を支援することができます。リソースで 0.0.0.0/0 からポート 22 への入力 (またはリモート) トラフィックを許可しないようにすることで、リモートアクセスを制限できます。
11.2.2

ec2-instances-in-vpc

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内に Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを展開し、Amazon VPC 内でのインスタンスとサービス間の安全な通信を、インターネットゲートウェイ、NATデバイス、VPN接続必要とせず可能にします。すべてのトラフィックは AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。Amazon EC2 インスタンスを Amazon VPC に割り当て、アクセスを適切に管理します。
11.2.2

lambda-function-public-access-prohibited

AWS Lambda 関数へのパブリックアクセスができないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。パブリックアクセスにより、リソースの可用性の低下を招く可能性があります。
11.2.2

lambda-inside-vpc

AWS Lambda 関数を Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にデプロイして、関数と Amazon VPC 内の他のサービスとの間の安全な通信を実現します。この設定では、インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続を使用する必要はありません。すべてのトラフィックは、AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。アクセスを適切に管理するため、AWS Lambda 関数を VPC に割り当てる必要があります。
11.2.2

rds-instance-public-access-check

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

rds-snapshots-public-prohibited

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報と原則が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

redshift-cluster-public-access-check

Amazon Redshift クラスターが公開されていないことを確認して、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon Redshift クラスターには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
11.2.2

restricted-common-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。ポートへのアクセスを信頼できるソースに制限しなければ、システムの可用性、完全性、機密性に対する脅威を招く可能性があります。このルールでは、blockedPort1 - blockedPort5 パラメータを必要に応じて設定できます (Config デフォルト: 20、21、3389、3306、4333)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.2.2

s3-account-level-public-access-blocks-periodic

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールは、パブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護するのに役立ちます。このルールでは、ignorePublicAcls (Config デフォルト: True)、blockPublicPolicy (Config デフォルト: True)、blockPublicAcls (Config デフォルト: True)、および restrictPublicBuckets (Config デフォルト: True) の各パラメータを必要に応じて設定できます。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.2.2

s3-bucket-level-public-access-prohibited

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールでは、バケットレベルでのパブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護します。
11.2.2

s3-bucket-public-read-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
11.2.2

s3-bucket-public-write-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
11.2.2

sagemaker-notebook-no-direct-internet-access

Amazon SageMaker ノートブックがインターネットからの直接アクセスを許可しないようにすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。インターネットからの直接アクセスを防止することで、権限のないユーザーが機密データにアクセスするのを防ぐことができます。
11.2.2

subnet-auto-assign-public-ip-disabled

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) サブネットにパブリック IP アドレスが自動的に割り当てられないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。この属性が有効になっているサブネットで起動される Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスでは、プライマリネットワークインターフェイスにパブリック IP アドレスが割り当てられています。
11.2.2

vpc-default-security-group-closed

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループでは、AWS リソースへの入力および出力ネットワークトラフィックのステートフルフィルタリングを使用して、ネットワークアクセスを管理できます。デフォルトのセキュリティグループのすべてのトラフィックを制限することで、AWS リソースへのリモートアクセスを制限することができます。
11.2.2

vpc-sg-open-only-to-authorized-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。信頼できるソースへのポートに対するアクセスを制限しないと、システムの可用性、完全性、機密性に対する攻撃を招く可能性があります。インターネットからのセキュリティグループ内のリソースへのアクセスを制限することで (0.0.0.0/0)、内部システムへのリモートアクセスをコントロールできます。
11.2.4

autoscaling-launch-config-public-ip-disabled

パブリック IP アドレスを使用してネットワークインターフェイスを設定すると、それらのネットワークインターフェイスに関連付けられたリソースにインターネットからアクセスできます。EC2 リソースが、アプリケーションやサーバーへの意図しないアクセスを許可する可能性があるため、パブリックにアクセスできないようにする必要があります。
11.2.4

dms-replication-not-public

DMS レプリケーションインスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。DMS レプリケーションインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

ebs-snapshot-public-restorable-check

EBS スナップショットがパブリックで復元されないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。EBS ボリュームスナップショットには機密情報が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

ec2-instance-no-public-ip

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EC2 インスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

emr-master-no-public-ip

Amazon EMR クラスターマスターノードにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。Amazon EMR クラスターのマスターノードには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

restricted-ssh

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のセキュリティグループは、AWS リソースへの出入口ネットワークトラフィックをステートフルにフィルタリングすることで、ネットワークアクセスの管理を支援することができます。リソースで 0.0.0.0/0 からポート 22 への入力 (またはリモート) トラフィックを許可しないようにすることで、リモートアクセスを制限できます。
11.2.4

ec2-instances-in-vpc

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内に Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを展開し、Amazon VPC 内でのインスタンスとサービス間の安全な通信を、インターネットゲートウェイ、NATデバイス、VPN接続を要求することなく可能にします。すべてのトラフィックは AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。Amazon EC2 インスタンスを Amazon VPC に割り当て、アクセスを適切に管理します。
11.2.4

lambda-function-public-access-prohibited

AWS Lambda 関数へのパブリックアクセスができないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。パブリックアクセスにより、リソースの可用性の低下を招く可能性があります。
11.2.4

lambda-inside-vpc

AWS Lambda 関数を Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内にデプロイして、関数と Amazon VPC 内の他のサービスとの間の安全な通信を実現します。この設定では、インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続を使用する必要はありません。すべてのトラフィックは、AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。アクセスを適切に管理するため、AWS Lambda 関数を VPC に割り当てる必要があります。
11.2.4

rds-instance-public-access-check

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

rds-snapshots-public-prohibited

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスが公開されないようすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon RDS データベースインスタンスには機密情報と原則が含まれている可能性があるため、それらのアカウントに対するアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

redshift-cluster-public-access-check

Amazon Redshift クラスターが公開されていないことを確認して、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。Amazon Redshift クラスターには機密情報が含まれている可能性があるため、これらのアカウントに対する原則とアクセスコントロールが必要です。
11.2.4

restricted-common-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。ポートへのアクセスを信頼できるソースに制限しなければ、システムの可用性、完全性、機密性に対する脅威を招く可能性があります。このルールでは、blockedPort1 - blockedPort5 パラメータを必要に応じて設定できます (Config デフォルト: 20、21、3389、3306、4333)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.2.4

s3-account-level-public-access-blocks-periodic

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールは、パブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護するのに役立ちます。このルールでは、ignorePublicAcls (Config デフォルト: True)、blockPublicPolicy (Config デフォルト: True)、blockPublicAcls (Config デフォルト: True)、および restrictPublicBuckets (Config デフォルト: True) の各パラメータを必要に応じて設定できます。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.2.4

s3-bucket-level-public-access-prohibited

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにパブリックにアクセスできないようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。このルールでは、バケットレベルでのパブリックアクセスを防止することで、権限のないリモートユーザーから機密データを保護します。
11.2.4

s3-bucket-public-write-prohibited

権限のあるユーザー、プロセス、デバイスに Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットへのアクセスのみを許可することで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。アクセスの管理は、データの分類と一致している必要があります。
11.2.4

sagemaker-notebook-no-direct-internet-access

Amazon SageMaker ノートブックがインターネットからの直接アクセスを許可しないようにすることで、AWS クラウド内のリソースへのアクセスを管理します。インターネットからの直接アクセスを防止することで、権限のないユーザーが機密データにアクセスするのを防ぐことができます。
11.2.4

subnet-auto-assign-public-ip-disabled

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) サブネットにパブリック IP アドレスが自動的に割り当てられないようにすることで、AWS クラウドへのアクセスを管理します。この属性が有効になっているサブネットで起動される Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスでは、プライマリネットワークインターフェイスにパブリック IP アドレスが割り当てられています。
11.2.4

vpc-default-security-group-closed

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループでは、AWS リソースへの入力および出力ネットワークトラフィックのステートフルフィルタリングを使用して、ネットワークアクセスを管理できます。デフォルトのセキュリティグループのすべてのトラフィックを制限することで、AWS リソースへのリモートアクセスを制限することができます。
11.2.4

vpc-sg-open-only-to-authorized-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。信頼できるソースへのポートに対するアクセスを制限しないと、システムの可用性、完全性、機密性に対する攻撃を招く可能性があります。インターネットからのセキュリティグループ内のリソースへのアクセスを制限することで (0.0.0.0/0)、内部システムへのリモートアクセスをコントロールできます。
11.3.1

ec2-imdsv2-check

Instance Metadata Service Version 2 (IMDSv2) メソッドが有効になっていることを確認することで、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のインスタンスメタデータのアクセスとコントロールを保護します。IMDSv2 メソッドでは、セッションベースのコントロールを使用します。IMDSv2 を使用すると、インスタンスメタデータへの変更を制限するためのコントロールを実装できます。
11.3.5

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
11.3.5

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
11.3.5

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
11.3.5

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
11.4.2

restricted-ssh

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) のセキュリティグループは、AWS リソースへの出入口ネットワークトラフィックをステートフルにフィルタリングすることで、ネットワークアクセスの管理を支援することができます。リソースで 0.0.0.0/0 からポート 22 への入力 (またはリモート) トラフィックを許可しないようにすることで、リモートアクセスを制限できます。
11.4.2

internet-gateway-authorized-vpc-only

インターネットゲートウェイが、認可された Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) にのみアタッチされるようにすることで、AWS クラウドのリソースへのアクセスを管理します。インターネットゲートウェイは、Amazon VPC との間の双方向インターネットアクセスを可能にしますが、これにより Amazon VPC リソースへの不正アクセスが発生する可能性があります。
11.4.2

restricted-common-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。ポートへのアクセスを信頼できるソースに制限しなければ、システムの可用性、完全性、機密性に対する脅威を招く可能性があります。このルールでは、blockedPort1 - blockedPort5 パラメータを必要に応じて設定できます (Config デフォルト: 20、21、3389、3306、4333)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
11.4.2

vpc-default-security-group-closed

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループでは、AWS リソースへの入力および出力ネットワークトラフィックのステートフルフィルタリングを使用して、ネットワークアクセスを管理できます。デフォルトのセキュリティグループのすべてのトラフィックを制限することで、AWS リソースへのリモートアクセスを制限することができます。
11.4.2

vpc-sg-open-only-to-authorized-ports

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) セキュリティグループの共通ポートに制限をかけることで、AWS クラウド上のリソースへのアクセスを管理します。信頼できるソースへのポートに対するアクセスを制限しないと、システムの可用性、完全性、機密性に対する攻撃を招く可能性があります。インターネットからのセキュリティグループ内のリソースへのアクセスを制限することで (0.0.0.0/0)、内部システムへのリモートアクセスをコントロールできます。
11.5.2

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
11.5.2

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
11.5.2

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
12.1.1

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
12.1.1

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用することで、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングおよび検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
12.1.1

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
12.1.1

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
12.2.2

api-gw-execution-logging-enabled

API Gateway のログ記録では、API にアクセスしたユーザーと API にアクセスした方法に関する詳細ビューが表示されます。このインサイトにより、ユーザーアクティビティを可視化することができます。
12.2.2

cloud-trail-cloud-watch-logs-enabled

Amazon CloudWatch を使用して、イベントのアクティビティログを一元的に収集および管理します。AWS CloudTrail データを含めることで、お客様の AWS アカウント内の API コールのアクティビティの詳細を提供します。
12.2.2

cloud-trail-encryption-enabled

機密データが含まれている可能性があるため、AWS CloudTrail の証跡で暗号化を有効にして、保管中のデータを保護します。
12.2.2

cloud-trail-log-file-validation-enabled

AWS CloudTrail のログファイルの検証を使用して、CloudTrail ログの整合性をチェックします。ログファイルの検証は、CloudTrail がログファイルを配信した後に変更されたか、削除されたか、変更されていないかを判断するのに役立ちます。この機能は、業界標準のアルゴリズムを使用して構築されています。ハッシュ用の SHA-256 とデジタル署名用の RSA を備えた SHA-256。これにより、CloudTrail ログファイルを検出せずに変更、削除、または偽造することは計算上実行不可能になります。
12.2.2

cloudtrail-s3-dataevents-enabled

Simple Storage Service (Amazon S3) のデータイベントを収集することで、異常性の高いアクティビティを検出できます。詳細には、Amazon S3 バケットにアクセスした AWS アカウントの情報、IP アドレス、イベント発生時刻が含まれます。
12.2.2

cloudwatch-log-group-encrypted

保管中の機密データを保護するため、Amazon CloudWatch ロググループで暗号化が有効になっていることを確認します。
12.2.2

cw-loggroup-retention-period-check

トラブルシューティングとフォレンジック調査を実行するため、ロググループでイベントログデータの最小期間が保持されていることを確認します。利用可能な過去のイベントログデータを入手できない場合、悪意のあるイベントの再構築と特定が困難になります。
12.2.2

elb-logging-enabled

Elastic Load Balancing でのアクティビティは、環境内の通信の中心となるポイントです。ELB ログ記録が有効になっていることを確認します。収集されたデータから、ELB に送信されるリクエストについての詳細情報が得られます。各ログには、リクエストを受け取った時刻、クライアントの IP アドレス、レイテンシー、リクエストのパス、サーバーレスポンスなどの情報が含まれます。
12.2.2

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
12.2.2

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
12.2.2

rds-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを行うため、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) でログ記録を有効にします。Amazon RDS のログ記録を使用すると、接続、切断、クエリ、クエリされたテーブルなどのイベントをキャプチャできます。
12.2.2

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
12.2.2

s3-bucket-logging-enabled

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) サーバーアクセスのログ記録によって、ネットワークをモニタリングし、潜在的なサイバーセキュリティイベントに対応することができます。Amazon S3 バケットに対して行われたリクエストの詳細な記録をキャプチャすることで、イベントをモニタリングします。各アクセスのログレコードから、1 つのアクセスリクエストについての詳細情報を取得できます。詳細情報には、リクエスタ、バケット名、リクエスト時刻、リクエストアクション、レスポンスのステータス、エラーコード (該当する場合) などの情報が含まれます。
12.2.2

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
12.2.2

vpc-flow-logs-enabled

VPC フローログでは、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のネットワークインターフェイス間で送受信される IP トラフィックに関する情報の詳細な記録を提供します。フローログレコードには、送信元、送信先、プロトコルなど、IP フローのさまざまなコンポーネントの値がデフォルトで含まれています。
12.2.2

wafv2-logging-enabled

環境内でログ記録とモニタリングを実行するには、リージョンおよびグローバルウェブアクセスコントロールで AWS WAF (V2) ログ記録を有効にします。AWS WAF ログ記録により、ウェブ ACL で分析されるトラフィックに関する詳細情報を取得します。ログには、AWS WAF が AWS リソースからリクエストを受信した時間、リクエストの詳細、各リクエストが一致させるルールのアクションが記録されます。
12.2.4

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
12.2.4

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
12.2.4

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
12.2.4

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
12.2.5

cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録するため、非否認の際に役立ちます。AWS のサービスを呼び出したユーザーと AWS アカウント、呼び出しが生成された送信元 IP アドレス、呼び出しのタイミングを特定できます。取得したデータの詳細は、AWS CloudTrail レコードの内容で確認することができます。
12.2.5

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
12.2.5

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
12.2.5

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
12.3.2

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
12.3.2

multi-region-cloudtrail-enabled

AWS CloudTrail は、AWS マネジメントコンソールのアクションと API コールを記録します。AWS を呼び出したユーザーとアカウント、呼び出し元 IP アドレス、および呼び出し日時を特定できます。MULTI_REGION_CLOUD_TRAIL_ENABLED が有効になっている場合、CloudTrail はすべての AWS リージョンから S3 バケットにログファイルを配信します。さらに、AWS が新しいリージョンを作成すると、CloudTrail はそのリージョンに同じ証跡を作成します。その結果、アクションを実行しなくても、新しいリージョンの API アクティビティを含むログファイルを受け取ることができるようになります。
12.3.2

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
14.1.2

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.1.2

api-gw-ssl-enabled

Amazon API Gateway REST API ステージで SSL 証明書を設定して、バックエンドシステムが API Gateway からのリクエストを認証できるようにします。
14.1.2

elasticsearch-node-to-node-encryption-check

Amazon OpenSearch Service のノード間の暗号化を有効にします。ノード間の暗号化により、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内のすべての通信で TLS 1.2 暗号化が有効になります。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.1.2

elb-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
14.1.2

elb-tls-https-listeners-only

Elastic Load Balancing (ELB) が、SSL または HTTPS リスナーを使用して設定されるようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.1.2

elbv2-acm-certificate-required

機密データが含まれている可能性があるため、転送中のデータを保護するために Elastic Load Balancing で暗号化を有効にします。AWS Certificate Manager を使用して、AWS のサービスと内部リソースによってパブリックおよびプライベートの SSL/TLS 証明書を管理、プロビジョン、デプロイします。
14.1.2

redshift-require-tls-ssl

Amazon Redshift クラスターで、SQL クライアントに接続するために TLS/SSL 暗号化が必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.1.2

s3-bucket-ssl-requests-only

転送中のデータを保護するため、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットで、Secure Sockets Layer (SSL) を使用するためのリクエストが必要かどうかを確認します。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.1.3

alb-waf-enabled

アプリケーションを保護するため、Elastic Load Balancing (ELB) で AWS WAF が有効になっていることを確認します。WAF は、一般的なウェブの脆弱性からウェブアプリケーションや API を保護するのに役立ちます。これらのウェブの脆弱性は、お客様の環境で可用性に影響を与えたり、セキュリティを侵害したり、リソースを過剰に消費したりする可能性があります。
14.1.3

guardduty-enabled-centralized

Amazon GuardDuty は、脅威インテリジェンスフィードを使用して、潜在的なサイバーセキュリティイベントをモニタリングして検出するのに役立ちます。これには、AWS クラウド環境内の予期しない未許可のアクティビティや、悪意のあるアクティビティを識別するための悪意のある IP と機会学習のリストが含まれます。
14.1.3

securityhub-enabled

AWS Security Hub は、権限のない人員、接続、デバイス、ソフトウェアのモニタリングに役立ちます。AWS Security Hub は、複数の AWS のサービスからセキュリティアラート (つまり検出結果) を集計、整理、優先順位付けします。対象のサービスには、Amazon Security Hub、Amazon Inspector、Amazon Macie、AWS Identity and Access Management (IAM) Access Analyzer、AWS Firewall Manager、AWS パートナーソリューションなどがあります。
14.2.2

acm-certificate-expiration-check

X509 証明書が AWS ACM によって発行されるようにすることで、ネットワークの整合性を保護します。これらの証明書は有効で、期限切れではない必要があります。このルールには、daysToExpiration の値が必要です (AWS の基本的なセキュリティのベストプラクティスの値: 90)。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
14.2.2

alb-http-to-https-redirection-check

転送中のデータを保護するため、暗号化されていない HTTP リクエストを Application Load Balancer が HTTPS に自動的にリダイレクトするようにします。機密データが含まれている可能性があるため、転送中の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.2.2

api-gw-cache-enabled-and-encrypted

保管中のデータを保護するため、API Gateway ステージのキャッシュで暗号化が有効になっていることを確認します。機密データは API のメソッドでキャプチャされる可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.2.2

api-gw-ssl-enabled

Amazon API Gateway REST API ステージで SSL 証明書を設定して、バックエンドシステムが API Gateway からのリクエストを認証できるようにします。
14.2.2

dynamodb-table-encrypted-kms

Amazon DynamoDB テーブルで、暗号化が有効になっていることを確認します。これらのテーブルには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。デフォルトでは、DynamoDB のテーブルは AWS が所有するカスタマーマスターキー (CMK) で暗号化されます。
14.2.2

ec2-ebs-encryption-by-default

保管中のデータを保護するため、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。これらのボリュームには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.2.2

efs-encrypted-check

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic File System (EFS) で暗号化が有効になっていることを確認します。
14.2.2

elasticsearch-encrypted-at-rest

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) ドメインで暗号化が有効になっていることを確認します。
14.2.2

encrypted-volumes

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。
14.2.2

ec2-instances-in-vpc

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 内に Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスを展開し、Amazon VPC 内でのインスタンスとサービス間の安全な通信を、インターネットゲートウェイ、NATデバイス、VPN接続を要求することなく可能にします。すべてのトラフィックは AWS クラウド内で安全に保持されます。論理的な隔離により、VPC 内に存在するドメインには、パブリックエンドポイントを使用するドメインに比較して、より拡張されたセキュリティレイヤーがあります。Amazon EC2 インスタンスを Amazon VPC に割り当て、アクセスを適切に管理します。
14.2.2

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。
14.2.6

dynamodb-table-encrypted-kms

Amazon DynamoDB テーブルで、暗号化が有効になっていることを確認します。これらのテーブルには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。デフォルトでは、DynamoDB のテーブルは AWS が所有するカスタマーマスターキー (CMK) で暗号化されます。
14.2.6

ec2-ebs-encryption-by-default

保管中のデータを保護するため、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。これらのボリュームには機密データが含まれている可能性があるため、保管時の暗号化を有効にしてデータを保護します。
14.2.6

efs-encrypted-check

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic File System (EFS) で暗号化が有効になっていることを確認します。
14.2.6

elasticsearch-encrypted-at-rest

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon OpenSearch Service (OpenSearch Service) ドメインで暗号化が有効になっていることを確認します。
14.2.6

encrypted-volumes

機密データが含まれている可能性があるため、保管中のデータを保護するために Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームで暗号化が有効になっていることを確認します。
14.2.6

redshift-cluster-configuration-check

保管中のデータを保護するため、Amazon Redshift クラスターで暗号化が有効になっていることを確認します。また、必要な設定が Amazon Redshift クラスターにデプロイされていることを確認する必要があります。監査ログを有効にして、データベース内の接続とユーザーアクティビティに関する情報を提供します。このルールでは、clusterDbEncrypted (Config デフォルト: TRUE) とloggingEnabled (Config デフォルト:TRUE) の値が設定されている必要があります。実際の値には、組織のポリシーを反映する必要があります。

テンプレート

テンプレートは、GitHub の「Operational Best Practices for MAS TRMG」で入手できます。