フローブロック: 電話番号への発信 - Amazon Connect

フローブロック: 電話番号への発信

説明

  • [Outbound Whisper (アウトバウンドウィスパー)] フローから発信通話を開始します。

サポートされるチャネル

次の表に、このブロックでの、指定されたチャネルを使用している問い合わせのルーティング先を示します。

チャンネル サポート対象?

音声

はい

チャット

いいえ - エラーブランチ

タスク

いいえ - エラーブランチ

フロータイプ

このブロックは、次の問い合わせフロータイプで使用できます。

  • [Outbound Whisper flow (アウトバウンドウィスパーフロー)]

プロパティ

直通番号とコールバックのシナリオでエージェントがコールを受け入れた直後に、アウトバウンドウィスパーフローが Amazon Connect で実行されます。フローが実行される場合:

  • 発信者 ID 番号は、電話番号への発信 ブロックで指定されていれば設定されます。

  • 電話番号への発信 ブロックに発信者 ID が指定されていない場合、コールが発信されたときにキューに定義されている発信者 ID 番号が使用されます。

  • 電話番号への発信 ブロックによって開始されたコールでエラーが発生すると、コールは切断され、エージェントは AfterContactWork (ACW) になります。

キューのアウトバウンドウィスパーフローとして、発行されたフローのみが選択できます。

設定されているブロック

このブロックが設定されると、次のイメージのようになります。

ブロックにはエラーブランチがありません。コールが正常に開始されないと、フローは終了し、エージェントは AfterContactWork (ACW) になります。

サンプルフロー

このブロックを使用するシナリオについては、次のサンプルフローを参照してください。

シナリオ

発信者 ID の動作の詳細については、次のトピックを参照してください。