問い合わせブロック: AWS Lambda 関数を呼び出す - Amazon Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

問い合わせブロック: AWS Lambda 関数を呼び出す

Description

  • AWS Lambda を呼び出し、任意でキーと値のペアを返します。

  • 戻りキーの値ペアを使用して問い合わせ属性を設定できます。

コンタクトフロータイプ

このブロックは、次のコンタクトフロータイプで使用できます。

  • 着信コンタクトフロー

  • [Customer Queue flow (お客様キューフロー)]

  • [Customer Hold flow (お客様の保留フロー)]

  • [Customer Whisper flow (お客様ウィスパーフロー)]

  • [Agent Hold flow (エージェント保留フロー)]

  • [Agent Whisper flow (エージェントウィスパーフロー)]

  • [Transfer to Agent flow (エージェントフローへ転送)]

  • [Transfer to Queue flow (キューフローへ転送)]

Properties

以下のプロパティに注意してください。

  • タイムアウト: Lambda がタイムアウトするまで待機する時間を入力します。

    Lambda 呼び出しが調整されると、リクエストが再試行されます。一般的なサービス障害 (500 エラー) が発生した場合も再試行されます。

    同期呼び出しでエラーが戻ると、Amazon Connect は最大 8 秒間にわたり最大 3 回再試行します。その時点で、問い合わせは [Error (エラー)] ブランチにルーティングされます。

設定のヒント

  • 問い合わせフローで AWS Lambda 関数を使用するには、まずその関数をインスタンスに追加します。詳細については、「Amazon Connect インスタンスに Lambda 関数を追加する」を参照してください。

  • 関数をインスタンスに追加したら、ブロックの [関数の選択] ドロップダウンリストから関数を選択し、問い合わせフローで使用することができます。

設定されているブロック

このブロックが設定されると、次のイメージのようになります。

サンプルフロー

Lambda 統合のサンプル

Scenarios

このブロックを使用するシナリオについては、次のトピックを参照してください。