Lambda 統合のサンプル - Amazon Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lambda 統合のサンプル

タイプ: 問い合わせフロー (インバウンド)

この問い合わせフローでは、Lambda 関数を呼び出してデータディップを実行する方法、つまり顧客に関する情報を取得する方法を説明します。データディップは、発信者の電話番号を使用して、発信元の米国の州を検索します。お客様がチャットを使用している場合、豆知識が返されます。処理の流れ

  1. プロンプトにより、データディップの実行中であることをお客様に伝えます。

  2. Lambda 関数の呼び出しsampleLambdaFlowFunction。この Lambda 関数のサンプルは、電話番号の場所を特定します。この機能は、4 秒でタイムアウトします。タイムアウトすると、「Sorry, we failed to find the state for your phone number's area code. (申し訳ありませんが、お使いの電話番号のエリアコードに該当する州を見つけることができませんでした)」というプロンプトが流れます。

  3. 最初の [問い合わせ属性を確認する] ブロックでは、お客様が使用しているチャネルが、音声かチャットかをチェックします。チャットの場合、豆知識が返されます。

  4. 音声の場合、2 番目の [問い合わせ属性を確認する] ブロックがトリガーされます。外部属性である [State (状態)] の一致条件が確認されます。Amazon Connect の外部にあるプロセスを使用してデータを取得するため、外部の問い合わせ属性が使用されます。

  5. プロンプトにより、[Sample inbound flow (インバウンドフローのサンプル)] に戻ることが通知され、[Transfer flow (転送フロー)] ブロックが開始されます。

  6. 転送が失敗すると、プロンプトが再生され、お問い合わせが切断されます。

属性の使用については、「Lambda 関数と属性」を参照してください。