カスタムレポートを保存する - Amazon Connect

カスタムレポートを保存する

関心のあるメトリクスのみを含むリアルタイムレポート、履歴レポート、およびログイン/ログアウトレポートを作成できます。手順については、「リアルタイムのメトリクスレポートを作成する」および「履歴メトリクスレポートの作成」を参照してください。

レポートを作成した後、次の操作を実行できます。

  • カスタムレポートを保存 し、後でそのレポートに戻ります。

  • リンクおよび適切なアクセス許可を両方とも保有する組織内のユーザーのみがレポートにアクセスできるように、カスタムレポートへのリンクを共有します。

  • セキュリティプロファイルに適切なアクセス許可がある組織内のすべてのユーザーがレポートを表示できるように、レポートを発行します。

個人の保存済みレポートがクォータにカウントされる

個人の保存済みレポートは、インスタンスあたりのレポートのサービスクォータにカウントされます。例えば、毎日レポートを保存すると、組織がインスタンスに保存したレポートの数にカウントされます。

クォータの詳細については「Amazon Connect サービスクォータ」を参照してください。

命名規則を作成する

Amazon Connect インスタンスに保存されたすべてのレポートには、一意の名前が必要です。レポートの所有者を示す命名規則を作成することをお勧めします。例えば、レポートのサフィックスとして、チーム名または所有者のエイリアスを使用します (エージェントのパフォーマンス - チーム名)。このようにして、レポートが公開されると、他のユーザーがそのレポートの所有者を確認できます。

インスタンスのレポートのサービスクォータに達したために組織でレポートを削除する必要がある場合は、チームまたは所有者のエイリアスを含む命名規則を使用すると、レポートの所有者を追跡し、レポートがまだ必要かどうかを調べることができます。

レポートの保存方法

  1. リアルタイムレポート、履歴レポート、またはログイン/ログアウトレポートをカスタマイズして、必要なメトリクスを含めます。

  2. [Save] を選択します。セキュリティプロファイルにレポートを作成するためのアクセス許可がない場合、このボタンは無効になります。

  3. レポートに一意の名前を割り当てます。

    ヒント

    組織内のレポート、特に公開されたレポートには、命名規則を確立することをお勧めします。これは、すべてのユーザーが所有者を特定するのに役立ちます。例えば、レポートのサフィックスとして、チーム名または所有者のエイリアスを使用します (エージェントのパフォーマンス - チーム名)。

  4. 後でレポートを表示するには、[分析]、[保存されたレポート] に移動します。

保存したレポートを削除する方法

  1. ナビゲーションメニューで、[分析]、[保存されたレポート] の順に選択します。

  2. [履歴メトリクス] タブを選択します。

  3. 削除するレポートがある行に移動し、[削除] アイコンをクリックします。セキュリティプロファイルにレポートを削除するアクセス許可がない場合、このオプションは使用できません。