NICE DCV サーバー - NICE DCV

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

NICE DCV サーバー

NICE DCV サーバーは、Windows と Linux で使用できます。どちらのサーバーも同様の機能を提供しますが、いくつかの違いがあります。ニーズに最適な NICE DCV サーバーを選択します。次の表は、Windows および Linux の NICE DCV サーバーでサポートされている機能を比較したものです。

要件

NICE DCV の良好なユーザーエクスペリエンスを確保するために、サーバーが次の最小要件を満たしていることを確認してください。ユーザーエクスペリエンスは、NICE DCV サーバーから NICE DCV クライアントにストリーミングされるピクセル数に大きく左右されるため注意が必要です。

Amazon EC2 インスタンスに NICE DCV サーバーをインストールする場合は、Amazon EC2 のインスタンスタイプ G3、G4dn、または G4ad を使用することをお勧めします。これらのインスタンスタイプは、ハードウェアベースの OpenGL および GPU 共有をサポートする GPU を提供します。詳細については、「Amazon EC2 G3 インスタンス」および「Amazon EC2 G4 インスタンス」を参照してください。NICE DCV サーバーは、他のインスタンスタイプにもインストールできますが、画面解像度の制限が生じる可能性があります。この制限を回避するには、EC2 用 NICE DCV 仮想ディスプレイドライバーをダウンロードしてインストールします。

サーバーは、次の表に示す最小要件を満たしている必要があります。

Windows サーバー Linux サーバー

オペレーティングシステム

  • Windows 8.1

  • Windows Server 2012 R2

  • Windows 10

  • ウィンドウズ 11

  • Windows Server 2016

  • Windows Server 2019

  • Windows Server 2022

注記

サポートされているすべての Windows オペレーティングシステムでは、.NET Framework 4.5 が必要で、x86-64 アーキテクチャをサポートしている必要があります。

  • Amazon Linux 2

  • CentOS 7.6 以降

  • CentOS 8.x または CentOS ストリーム 8

  • RHEL 7.6 以降

  • RHEL 8.x

  • SP3 以降の SUSE Linux Enterprise 12

  • SUSE Linux Enterprise 15

  • Ubuntu 18.04

  • Ubuntu 20.04

  • Ubuntu 22.04

  • ロッキーLinux 8.5以上

サポートされているアーキテクチャ

64 ビット x86

  • 64 ビット x86

  • 64 ビット ARM (Amazon Linux 2、CentOS 7.x/8.x、RHEL 7.x/8.x、Ubuntu 18.04 のみで実行される Amazon EC2 インスタンスでサポートされる)

GPU

(オプション) ハードウェアベースのビデオエンコーディングには、NVIDIA または AMD GPU が必要です。サーバーに GPU がない場合は、ソフトウェアベースのビデオエンコーディングが使用されます。

注記
  • NVIDIA GPU では、ハードウェアベースのビデオエンコーディングに NVENC が必要です。Ubuntu 20 では、コンピューティング機能を備えた NVIDIA GPU >= 3.5 が必要です。

  • AMD GPU のハードウェアベースのビデオエンコーディングには、Linux または Windows 用の Advanced Media Framework (AMF)、または Windows 専用の Rapidfire が必要です。Linux の場合、AMD ドライバーにより提供される追加のパッケージ amf-amdgpu-pro をインストールすれば、AMF エンコーダを Ubuntu インスタンスで使用できます。

仮想セッション間での GPU 共有には NVIDIA GPU が必要です。

注記

AMD GPU を搭載した Linux サーバーでは、コンソールセッションのみがサポートされています。

ネットワーク

NICE DCV サーバーでは、デフォルトで、ポート 8443 経由で通信が行われます。ポートは設定可能ですが、1024 より大きい必要があります。サーバーで必要なポートを介した通信が許可されていることを確認します。

NICE DCV クライアント要件の詳細については、「NICE DCV ユーザーガイド」の「NICE DCV クライアント要件」を参照してください。

サポートされている機能

次の表は、Windows および Linux の NICE DCV サーバーでサポートされている機能を比較したものです。

NICE DCV クライアント機能の詳細については、「NICE DCV ユーザーガイド」の「NICE DCV クライアント機能」を参照してください。