Amazon EFS のリソースを作成する - Amazon Elastic File System

Amazon EFS のリソースを作成する

Amazon EFS は、POSIX 準拠の伸縮自在な共有ファイルストレージを提供します。作成したファイルシステムは、複数の Amazon EC2 インスタンスからの同時書き込みおよび読み取りアクセスをサポートし、作成された AWS リージョンのすべてのアベイラビリティーゾーンからアクセスできます。

Network File System バージョン 4.0 および 4.1 プロトコル (NFSv4) を使用して、Amazon VPC に基づいて仮想プライベートクラウド (VPC) の EC2 インスタンスに Amazon EFS ファイルシステムをマウントできます。詳細については、「Amazon EFS: 仕組み」を参照してください。

たとえば、VPC に 1 つ以上の EC2 インスタンスが起動されているとします。これらのインスタンスでファイルシステムを作成して使用することにします。VPC で Amazon EFS ファイルシステムを使用するには、以下の一般的なステップを実行する必要があります。

  • Amazon EFS ファイルシステムを作成する – ファイルシステムを作成する際、[名前] タグの値はコンソールに表示され、ファイルシステムを簡単に特定できるため、[名前] タグの使用を検討するようお勧めします。その他のオプションのタグをファイルシステムに追加することもできます。

  • ファイルシステムのマウントターゲットを作成する – VPC のファイルシステムにアクセスし Amazon EC2 インスタンスにファイルシステムをマウントするには、VPC サブネット内にマウントターゲットを作成する必要があります。

  • セキュリティグループを作成する – Amazon EC2 インスタンスとマウントターゲットの両方とも、関連付けられたセキュリティグループを持っている必要があります。これらのセキュリティグループは相互のトラフィックを制御する仮想ファイアウォールとして機能します。特定の EC2 インスタンスからのアクセスを許可するマウントターゲットのセキュリティグループにインバウンドルールを追加することにより、マウントターゲットに関連付けられたセキュリティグループを使用してファイルシステムへのインバウンドトラフィックを制御できます。その後、その EC2 インスタンスでのみファイルシステムをマウントできます。

Amazon EFS を初めてお使いの方は、Amazon EFS ファイルシステムの使用についてのエンドツーエンドエクスペリエンスを直に提供する次の演習を試してみることをお勧めします。

  • ご利用開始にあたって – 「開始方法」の演習では、ファイルシステムを作成し、EC2 インスタンスにマウントして、セットアップをテストする、コンソールベースのエンドツーエンドのセットアップを提供します。コンソールはユーザーに代わって多くのことを処理するので、エンドツーエンドエクスペリエンスを素早くセットアップするのに役立ちます。

  • チュートリアル: Amazon EFS ファイルシステムを作成し、AWS CLI を使用して Amazon EC2 インスタンスにマウントする – このチュートリアルは、「開始方法」の演習に似ていますが、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用してほとんどのタスクを実行します。AWS CLI コマンドは Amazon EFS API と密接に関連しているため、このチュートリアルは Amazon EFS API 操作に慣れるのに役立ちます。

ファイルシステムの作成とアクセスの詳細については、以下のトピックを参照してください。