Amazon EC2 での Amazon Linux 2023 - Amazon Linux 2023

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon EC2 での Amazon Linux 2023

Amazon Linux 2023 Amazon マシンイメージ (AMI) を使用した Amazon EC2 インスタンスを起動するには、以下のいずれかの手順に従います。標準 AMI または最小 AMI を選択できます。標準 AMI と最小 AMI の違いの詳細については、「AL2023 標準 (デフォルト) と最小 AMI の比較」を参照してください。

Amazon EC2 コンソールを使用した Amazon Linux 2023 (AL2023) の起動

Amazon EC2 コンソールを使用して、AL2023 AMI を起動します。

注記

ARM ベースのインスタンスの場合、AL2023 は Graviton2 以降のプロセッサを使用するインスタンスタイプのみをサポートします。AL2023 は A1 インスタンスをサポートしていません。

Amazon EC2 コンソールから AL2023 AMI を使用した Amazon EC2 インスタンスを起動するには、以下の手順に従います。

AL2023 AMI で EC2 インスタンスを起動する方法
  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ から Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [AMI] を選択します。

  3. ドロップダウンメニューから [パブリックイメージ] を選択します。

  4. [検索] フィールドに al2023-ami を入力します。

    注記

    [オーナーエイリアス] 列に Amazon が表示されていることを確認します。

  5. リストから AMI を選択します。[ソース] で、AMI を標準または最小にするかを決定できます。AL2023 AMI 名は、以下の形式を使用して解釈できます。

    'al2023-[ami || ami-minimal]-2023.0.[release build date].[build number]-kernel-[version number]-[arm64 || x86_64]'

  6. 以下のイメージは、AL2023 AMI のリストの一部を示しています。

    
            [ソース] 列の下に AL2023 AMI のリストが表示されています。

Amazon EC2 インスタンスを起動する方法の詳細については、「Linux インスタンス向け Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Amazon EC2 Linux インスタンスの開始方法」を参照してください。

SSM パラメータと を使用して Amazon Linux 2023 を起動する AWS CLI

では AWS CLI、AMI の SSM パラメータ値を使用して AL2023 の新しいインスタンスを起動できます。具体的には、以下のリストにある動的 SSM パラメータ値のいずれかを使用し、SSM パラメータ value/ の前に /aws/service/ami-amazon-linux-latest/ を追加します。これを使用して、 AWS CLI内でインスタンスを起動できます。

  • arm64 アーキテクチャの al2023-ami-kernel-default-arm64

  • arm64 アーキテクチャ用 (最小 AMI) の al2023-ami-minimal-kernel-default-arm64

  • x86_64 アーキテクチャの al2023-ami-kernel-default-x86_64

  • x86_64 アーキテクチャ (最小 AMI) の al2023-ami-minimal-kernel-default-x86_64

注記

斜体の各項目はサンプルパラメータです。それらを、ユーザー自身の情報に置き換えます。

$ aws ec2 run-instances \ --image-id \ resolve:ssm:/aws/service/ami-amazon-linux-latest/al2023-ami-kernel-default-x86_64 \ --instance-type m5.xlarge \ --region us-east-1 \ --key-name aws-key-us-east-1 \ --security-group-ids sg-004a7650

--image-id フラグは SSM パラメータ値を指定します。

--instance-type フラグはインスタンスのタイプとサイズを指定します。このフラグは、選択した AMI タイプと互換性がある必要があります。

--region フラグは、インスタンスを作成する AWS リージョン を指定します。

--key-name フラグは、インスタンスへの接続に使用される AWS リージョンのキーを指定します。インスタンスを作成したリージョンに存在するキーを指定しない場合、SSH を使用してインスタンスに接続することはできません。

--security-group-ids フラグは、インバウンドとアウトバウンドのネットワークトラフィックのアクセス権限を決定するセキュリティグループを指定します。

重要

AWS CLI では、ポート を介してリモートマシンからインスタンスへのアクセスを許可する既存のセキュリティグループを指定する必要がありますTCP:22。セキュリティグループを指定しない場合、新しいインスタンスはデフォルトのセキュリティグループに配置されます。デフォルトのセキュリティグループでは、インスタンスは VPC 内の他のインスタンスとのみ接続できます。

詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「Amazon EC2 インスタンスの起動、リスト化、終了」を参照してください。

を使用した最新の Amazon Linux 2023 AMI の起動 AWS CloudFormation

を使用して AL2023 AMI を起動するには AWS CloudFormation、次のいずれかのテンプレートを使用できます。

注記

x86_64Arm64 AMI にはそれぞれ異なるインスタンスタイプが必要です。詳細については、「Amazon EC2 のインスタンスタイプ」を参照してください。

JSON テンプレート:

{ "Parameters": { "LatestAmiId": { "Type": "AWS::SSM::Parameter::Value<AWS::EC2::Image::Id>", "Default": "/aws/service/ami-amazon-linux-latest/al2023-ami-minimal-kernel-default-x86_64" } }, "Resources": { "MyEC2Instance": { "Type": "AWS::EC2::Instance", "Properties": { "InstanceType": "t2.large", "ImageId": { "Ref": "LatestAmiId" } } } } }

YAML テンプレート:

Parameters: LatestAmiId: Type: 'AWS::SSM::Parameter::Value<AWS::EC2::Image::Id>' Default: '/aws/service/ami-amazon-linux-latest/al2023-ami-minimal-kernel-default-x86_64' Resources: Instance: Type: 'AWS::EC2::Instance' Properties: InstanceType: 't2.large' ImageId: !Ref LatestAmiId

必要に応じて、「デフォルト」セクションの末尾にある AMI パラメータを置き換えてください。以下のパラメータ値を使用できます。

  • arm64 アーキテクチャの al2023-ami-kernel-6.1-arm64

  • arm64 アーキテクチャ用 (最小 AMI) の al2023-ami-minimal-kernel-6.1-arm64

  • x86_64 アーキテクチャの al2023-ami-kernel-6.1-x86_64

  • x86_64 アーキテクチャ (最小 AMI) の al2023-ami-minimal-kernel-6.1-x86_64

以下は動的カーネルの仕様です。デフォルトのカーネルバージョンは、カーネルバージョンがメジャー更新されるたびに自動的に変更されます。

  • arm64 アーキテクチャの al2023-ami-kernel-default-arm64

  • arm64 アーキテクチャ用 (最小 AMI) の al2023-ami-minimal-kernel-default-arm64

  • x86_64 アーキテクチャの al2023-ami-kernel-default-x86_64

  • x86_64 アーキテクチャ (最小 AMI) の al2023-ami-minimal-kernel-default-x86_64

特定の AMI ID を使用して Amazon Linux 2023 を起動する

AMI ID を使用して特定の AL2023 AMI を起動できます。Amazon EC2 コンソールの AMI リストを確認することで、どの AL2023 AMI ID が必要かを判断できます。または、 を使用してこれを行うことができます AWS Systems Manager。Systems Manager を使用している場合は、前のセクションに記載されているエイリアスから AMI エイリアスを選択します。詳細については、AWS Systems Manager 「Parameter Store を使用して最新の Amazon Linux AMI IDs」を参照してください。

Amazon Linux 2023 AMI 非推奨およびライフサイクル

AL2023 の新しいリリースにはそれぞれ、新しい AMI が含まれています。AMI が登録されると、廃止日が表示されます。各 AL2023 AMI の非推奨日は、Amazon Linux 2023 のカーネルライブパッチ が個々のカーネルリリースに設定されている期間に合わせて、リリース日から 90 日です。

注記

90 日間の廃止日は個々の AMI を指し、AL2023 リリース頻度 や製品サポート期間を指すものではありません。

AMI 非推奨の詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「AMI の非推奨」を参照してください。

更新された AMI を定期的に使用してインスタンスを起動することで、更新されたカーネルを含む最新のセキュリティ更新でインスタンスが起動します。AMI の以前のバージョンを起動して更新を適用した場合、インスタンスに最新のセキュリティ更新が適用されない期間があります。最新の AMI を使用するには、SSM パラメータを使用することをお勧めします。SSM パラメータを使用したインスタンスの起動方法の詳細については、以下を参照してください。