AWS OpsWorks
ユーザーガイド (API バージョン 2013-02-18)

AWS OpsWorks スタックレイヤーリファレンス

AWS OpsWorks スタックによってデプロイされているすべてのインスタンスは、少なくとも 1 つの Layer のメンバーである必要があります。それによりスタックでのインスタンスのロールが定義され、インスタンスの設定、パッケージのインストール、アプリケーションのデプロイなど設定の詳細が制御されます。AWS OpsWorks スタックを使用してレイヤーを作成および管理する方法の詳細については、「Layer」を参照してください。

各レイヤーの説明には、レイヤーのライフサイクルイベントごとに AWS OpsWorks スタックにより実行される組み込みのレシピのリストが含まれます。それらのレシピは https://github.com/aws/opsworks-cookbooks に保存されています。リストには AWS OpsWorks スタックにより直接実行されるレシピのみが含まれています。それらのレシピは、依存レシピを実行する場合があります。それら依存レシピはリストされていません。依存レシピやカスタムレシピを含む特定のイベントのレシピの完全なリストを参照するには、適切なライフサイクルイベントの Chef ログの実行リストを確認してください。

ECS クラスター Layer リファレンス

注記

この Layer は、Linux ベースのスタックでのみ使用できます。

ECS クラスター Layer は Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) クラスターを表し、クラスター管理を簡素化します。

Short name: ecs クラスター

[Compatibility:] Amazon ECS サービス Layer はカスタム Layer のみと互換性があります。

[Open ports:] ECS クラスター ポート 22 (SSH) に対するパブリックアクセスを許可する

Autoassign Elastic IP addresses: デフォルトで Off

Default EBS volume: No

[Default security group:] AWS-OpsWorks-ECS-App-Server

Configuration: ECS クラスター Layer を設定するには、次を指定する必要があります。

  • コンテナインスタンスにパブリック IP アドレスまたは Elastic IP アドレスを許可するかどうか

  • コンテナインスタンスのインスタンスプロファイル

Setup recipes:

  • opsworks_initial_setup

  • ssh_host_keys

  • ssh_users

  • mysql::client

  • dependencies

  • ebs

  • opsworks_ganglia::client

  • opsworks_ecs::setup

Configure recipes:

  • opsworks_ganglia::configure-client

  • ssh_users

  • mysql::client

  • agent_version

  • opsworks_ecs::configure

Deploy recipes:

  • deploy::default

  • opsworks_ecs::deploy

Undeploy recipes:

  • opsworks_ecs::undeploy

Shutdown recipes:

  • opsworks_shutdown::default

  • opsworks_ecs::shutdown

インストール:

  • AWS OpsWorks スタックはインスタンスのパッケージインストーラを使用して、デフォルトの場所に Docker をインストールします。

  • セットアップイベントの Chef ログは、Amazon ECS エージェントが正しくインストールされたかどうか示します。正しくインストールされていない場合、AWS OpsWorks スタックが提供するログに Amazon ECS エラーログ情報は含まれません。Amazon ECS エラーを処理する方法の使用祭については、「Amazon ECS のトラブルシューティング」を参照してください。