Amazon Pinpoint
開発者ガイド

Amazon Pinpoint ユーザー向けの IAM ポリシー

AWS Identity and Access Management (IAM) ポリシーに Amazon Pinpoint API アクションを追加して、アカウント内の Amazon Pinpoint ユーザーの特定のアクションを許可または拒否できます。ポリシー内の Amazon Pinpoint API アクションは、Amazon Pinpoint コンソール内でユーザーが実行できる操作を制御します。これらのアクションはまた、ユーザーが AWS SDK、AWS Command Line Interface (AWS CLI)、Amazon Pinpoint API で実行できるプログラムでのリクエストも制御します。

ポリシーでは、mobiletargeting 名前空間に、コロンおよび GetSegments などのアクションの名前をつけて、各アクションを指定します。ほとんどのアクションは、特定の URI および HTTP メソッドを使用した Amazon Pinpoint API へのリクエストに対応しています。たとえば、ユーザーポリシーで mobiletargeting:GetSegments アクションを許可する場合、ユーザーは、/apps/projectId/segments URI に対する HTTP GET リクエストを行うことができます。またこのポリシーは、コンソールでプロジェクトのセグメントを表示することや、AWS SDK または AWS CLI を使用してセグメントを取得することも許可します。

各アクションは、Amazon リソースネーム (ARN) により、ポリシーステートメントで識別する、特定の Amazon Pinpoint リソースで実行されます。たとえば、mobiletargeting:GetSegments アクションが、ARN arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId を使用して識別する特定のアプリで実行されます。

注記

ベストプラクティスとして、最小権限の原則に準拠したポリシーを作成します。つまり、IAM ポリシーを作成するときに、実行する必要があるタスクを実行するために必要な最小限のアクセス許可のみを含めてください。詳細については、「IAM ユーザーガイド」を参照してください。

ポリシーの例

以下の例は、IAM ポリシーを使用して Amazon Pinpoint アクセスを管理する方法を示しています。

Amazon Pinpoint API アクション

Amazon Pinpoint 管理者

次のポリシーでは、すべての Amazon Pinpoint アクションとリソースにフルアクセスできます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "mobiletargeting:*" ], "Resource": "arn:aws:mobiletargeting:*:accountId:*" } ] }

前のポリシー例で、accountId をお客様の AWS アカウント ID に置き換えます。

読み取り専用アクセス

次のポリシーは、特定のAWS リージョンの Amazon Pinpoint アカウントのすべてのプロジェクトに読み取り専用アクセスを許可します。このポリシーは Amazon Pinpoint API にのみ適用されます。コンソールユーザーの読み取り専用アクセスの作成に使用できるポリシーについては、次のセクションを参照してください。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Action": [ "mobiletargeting:Get*" ], "Effect": "Allow", "Resource": "arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:*" } ] }

前述のポリシー例で、region を AWS リージョン名に、accountId をご自身の AWS アカウント ID に置き換えてください。

コンソールの読み取り専用アクセス

次のポリシーでは、AWS リージョンにおける Amazon Pinpoint コンソールへの読み取り専用アクセスをユーザーに付与します。これには、Amazon SES、IAM、Kinesis など、Amazon Pinpoint コンソールが依存するその他のサービスへの読み取り専用アクセスが含まれます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "mobiletargeting:Get*", "Resource": "arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "firehose:ListDeliveryStreams", "iam:ListRoles", "kinesis:ListStreams", "s3:List*", "ses:Describe*", "ses:Get*", "ses:List*", "sns:ListTopics" ], "Resource": "*" } ] }

前述のポリシー例で、region を AWS リージョン名に、accountId をご自身の AWS アカウント ID に置き換えてください。

特定のプロジェクトのみへのアクセスを付与する読み取り専用ポリシーを作成することもできます。次のポリシーを使用すると、ユーザーがコンソールにサインインしてプロジェクトのリストを表示できるようになります。ただし、ユーザーが表示できるのはポリシーで特定されたプロジェクトに関する追加情報のみです。このポリシーを変更して、追加プロジェクトやリージョンへのアクセスを許可することができます。

{ "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": "mobiletargeting:GetApps", "Resource": "arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:*" }, { "Effect": "Allow", "Action": "mobiletargeting:Get*", "Resource": [ "arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId", "arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/*", "arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:reports" ] }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "ses:Get*", "kinesis:ListStreams", "firehose:ListDeliveryStreams", "iam:ListRoles", "ses:List*", "sns:ListTopics", "ses:Describe*", "s3:List*" ], "Resource": "*" } ] }

前述のポリシー例で、region を AWS リージョン名に、accountId を、ご自身の AWS アカウント ID に、projectId を、アクセスを付与する Amazon Pinpoint プロジェクトの ID に置き換えます。

Amazon Pinpoint SMS と音声 API アクション

管理者アクセス権

次のポリシーは、Amazon Pinpoint SMS と音声 API へのフルアクセスを付与します。

{ "Version": "2018-09-05", "Statement": [ { "Action": [ "sms-voice:*" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] }

読み取り専用アクセス

次のポリシーでは、Amazon Pinpoint SMS と 音声 API への読み取り専用アクセスが許可されています。

{ "Version": "2018-09-05", "Statement": [ { "Action": [ "sms-voice:Get*", "sms-voice:List*", ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] }

Amazon Pinpoint E メール API アクション

管理者アクセス権

次のポリシーでは、Amazon Pinpoint E メール API へのフルアクセスが付与されます。

{ "Version": "2018-09-05", "Statement": [ { "Action": [ "ses:*" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] }

注記

このポリシーでは、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) API へのフルアクセスも付与されます。

読み取り専用アクセス

次のポリシーでは、Amazon Pinpoint E メール API への読み取り専用アクセスが許可されています。

{ "Version": "2018-09-05", "Statement": [ { "Action": [ "ses:Describe*", "ses:Get*", "ses:List*" ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] }

注記

このポリシーでは、Amazon SES API への読み取り専用アクセスも付与されます。

Amazon Pinpoint API アクション

このセクションには、AWS アカウントの IAM ポリシーに追加することができる API アクションを識別します。ポリシーを IAM ユーザーアカウントに追加することで、ユーザーが使用を許可される Amazon Pinpoint 機能を指定できます。

Amazon Pinpoint API の詳細については、Amazon Pinpoint API リファレンス を参照してください。

分析およびメトリクス

次のアクセス許可は、Amazon Pinpoint コンソールでの分析データの表示に関連しています。プロジェクト、キャンペーン、およびジャーニーに適用される、主要業績評価指標 (KPI) とも呼ばれる標準メトリクスの集計データを取得(クエリ)することにも関連しています。

mobiletargeting:GetReports

Amazon Pinpoint コンソールでデータ分析を表示します。

  • URI – 該当なし

  • メソッド – 該当なし

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:reports

mobiletargeting:GetApplicationDateRangeKpi

標準アプリケーションメトリクスの集計データを取得(クエリ)します。これは、プロジェクトに関連付けられているすべてのキャンペーンまたはトランザクションメッセージに適用されるメトリクスです。

mobiletargeting:GetCampaignDateRangeKpi

標準キャンペーンメトリクスの集計データを取得(クエリ)します。これは、個々のキャンペーンに適用されるメトリクスです。

mobiletargeting:GetJourneyDateRangeKpi

標準的なジャーニーエンゲージメントメトリクスの集計データを取得(クエリ)します。これは、個々のジャーニーに適用されるエンゲージメントメトリクスです。たとえば、ジャーニーのすべてのアクティビティについて参加者によって開かれたメッセージの数などです。

mobiletargeting:GetJourneyExecutionMetrics

個々のジャーニーに適用される標準的な実行メトリクスの集計データを取得(クエリ)します。たとえば、ジャーニー内のすべてのアクティビティを積極的に進行している参加者数などです。

mobiletargeting:GetJourneyExecutionActivityMetrics

アクティビティを開始または完了した参加者数など、ジャーニー内の個々のアクティビティに適用される標準実行メトリクスの集計データを取得(クエリ)します。

キャンペーン

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のキャンペーンの管理に関連しています。

mobiletargeting:CreateCampaign

プロジェクトのキャンペーンを作成します。

  • URI – /apps/projectId/campaigns

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/campaigns

mobiletargeting:DeleteCampaign

特定のキャンペーンを削除します。

mobiletargeting:GetCampaign

特定のキャンペーンに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetCampaignActivities

キャンペーンによって実行されたアクティビティに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetCampaigns

プロジェクトのすべてのキャンペーンに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/campaigns

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:GetCampaignVersion

特定のキャンペーンのバージョンに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetCampaignVersions

現在および以前のキャンペーンのバージョンに関する情報を取得します。

mobiletargeting:UpdateCampaign

特定のキャンペーンを更新します。

チャネル

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のチャネルの管理に関連しています。Amazon Pinpoint で、チャネルは、顧客に連絡するための方法を指します。たとえば、E メール、SMS メッセージ、プッシュ通知の送信などです。

mobiletargeting:DeleteAdmChannel

プロジェクトの Amazon Device Messaging (ADM) チャネルを無効にします。

  • URI – /apps/projectId/channels/adm

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/adm

mobiletargeting:GetAdmChannel

プロジェクトの ADM チャネルに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/channels/adm

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/adm

mobiletargeting:UpdateAdmChannel

プロジェクトの ADM チャネルを有効化または更新します。

  • URI – /apps/projectId/channels/adm

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/adm

mobiletargeting:DeleteApnsChannel

プロジェクトの Apple Push Notification Service (APNs) チャネルを無効にします。

  • URI – /apps/projectId/channels/apns

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/apns

mobiletargeting:GetApnsChannel

プロジェクトの APNs チャネルに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/channels/apns

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/apns

mobiletargeting:UpdateApnsChannel

プロジェクトの APNs チャネルを有効化または更新します。

  • URI – /apps/projectId/channels/apns

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/apns

mobiletargeting:DeleteApnsSandboxChannel

プロジェクトの APNs サンドボックスチャネルを無効にします。

mobiletargeting:GetApnsSandboxChannel

プロジェクトの APNs サンドボックスチャネルに関する情報を取得します。

mobiletargeting:UpdateApnsSandboxChannel

プロジェクトの APNs サンドボックスチャンネルを有効化または更新します。

mobiletargeting:DeleteApnsVoipChannel

プロジェクトの APNs VoIP チャネルを無効にします。

mobiletargeting:GetApnsVoipChannel

プロジェクトの APNs VoIP チャネルに関する情報を取得します。

mobiletargeting:UpdateApnsVoipChannel

プロジェクトの APNs VoIP チャネルを有効化または更新します。

mobiletargeting:DeleteApnsVoipChannel

プロジェクトの APNs VoIP サンドボックスチャネルを無効にします。

mobiletargeting:GetApnsVoipChannel

プロジェクトの APNs VoIP サンドボックスチャネルに関する情報を取得します。

mobiletargeting:UpdateApnsVoipChannel

プロジェクトの APNs VoIP サンドボックスチャンネルを有効化または更新します。

mobiletargeting:DeleteBaiduChannel

プロジェクトの Baidu Cloud Push チャネルを無効にします。

  • URI – /apps/projectId/channels/baidu

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/baidu

mobiletargeting:GetBaiduChannel

プロジェクトの Baidu Cloud Push チャネルに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/channels/baidu

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/baidu

mobiletargeting:UpdateBaiduChannel

プロジェクトの Baidu Cloud Push チャネルを有効化または更新します。

  • URI – /apps/projectId/channels/baidu

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/baidu

mobiletargeting:DeleteEmailChannel

プロジェクトの E メールチャンネルを無効にします。

  • URI – /apps/projectId/channels/email

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/email

mobiletargeting:GetEmailChannel

プロジェクトの E メールチャネルに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/channels/email

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/email

mobiletargeting:UpdateEmailChannel

プロジェクトの E メールチャネルを有効化または更新します。

  • URI – /apps/projectId/channels/email

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/email

mobiletargeting:DeleteGcmChannel

プロジェクトの Firebase クラウドメッセージング (FCM) チャネルを無効にします。このチャンネルでは、Amazon Pinpoint は Googleクラウドメッセージング (GCM) サービスに代わる FCM サービスを通じて Android アプリにプッシュ通知を送信することができます。

  • URI – /apps/projectId/channels/gcm

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/gcm

mobiletargeting:GetGcmChannel

プロジェクトの FCM チャネルに関する情報を取得します。このチャンネルでは、Amazon Pinpoint は Googleクラウドメッセージング (GCM) サービスに代わる FCM サービスを通じて Android アプリにプッシュ通知を送信することができます。

  • URI – /apps/projectId/channels/gcm

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/gcm

mobiletargeting:UpdateGcmChannel

プロジェクトの FCM チャネルを有効化または更新します。このチャンネルでは、Amazon Pinpoint は Googleクラウドメッセージング (GCM) サービスに代わる FCM サービスを通じて Android アプリにプッシュ通知を送信することができます。

  • URI – /apps/projectId/channels/gcm

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/gcm

mobiletargeting:DeleteSmsChannel

プロジェクトの SMS チャネルを無効にします。

  • URI – /apps/projectId/channels/sms

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/sms

mobiletargeting:GetSmsChannel

プロジェクトの SMS チャネルに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/channels/sms

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/sms

mobiletargeting:UpdateSmsChannel

プロジェクトの SMS チャネルを有効化または更新します。

  • URI – /apps/projectId/channels/sms

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/channels/sms

エンドポイント

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のエンドポイントの管理に関連しています。Amazon Pinpoint で、エンドポイントはメッセージの単一の送信先を指します。たとえば、エンドポイントはお客様の E メールアドレス、電話番号、モバイルデバイストークンなどになります。

mobiletargeting:DeleteEndpoint

エンドポイントを削除します。

mobiletargeting:GetEndpoint

特定のエンドポイントに関する情報を取得します。

mobiletargeting:UpdateEndpoint

エンドポイントを作成、または、エンドポイントの情報を更新します。

mobiletargeting:UpdateEndpointsBatch

バッチオペレーションとしてエンドポイントを作成または更新します。

  • URI – /apps/projectId/endpoints

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

イベントストリーム

以下のアクセス許可は、Amazon Pinpoint アカウント内のイベントストリームの管理に関連しています。

mobiletargeting:DeleteEventStream

プロジェクトのイベントストリームを削除します。

  • URI – /apps/projectId/eventstream/

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/eventstream

mobiletargeting:GetEventStream

プロジェクトのイベントストリームに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/eventstream/

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/eventstream

mobiletargeting:PutEventStream

プロジェクトのイベントストリームを作成または更新します。

  • URI – /apps/projectId/eventstream/

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/eventstream

エクスポートジョブ

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のエクスポートジョブの管理に関連しています。Amazon Pinpoint では、エクスポートジョブを作成して、エンドポイントに関する情報を保存または分析のため Amazon S3 バケットに送信します。

mobiletargeting:CreateExportJob

エンドポイントの定義を Amazon S3 にエクスポートするためのエクスポートジョブを作成します。

  • URI – /apps/projectId/jobs/export

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/jobs/export

mobiletargeting:GetExportJob

プロジェクトの特定のエクスポートジョブに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetExportJobs

プロジェクトのすべてのエクスポートジョブのリストを取得します。

  • URI – /apps/projectId/jobs/export

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/jobs/export

インポートジョブ

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のインポートジョブの管理に関連しています。Amazon Pinpoint では、インポートジョブを作成し、Amazon S3 バケットに保存されたエンドポイントの定義に基づいてセグメントを作成します。

mobiletargeting:CreateImportJob

Amazon S3 からエンドポイント定義をインポートしてセグメントを作成します。

  • URI – /apps/projectId/jobs/import

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:GetImportJob

プロジェクトの特定のインポートジョブに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetImportJobs

プロジェクトのすべてのインポートジョブに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/jobs/import

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

ジャーニー

以下のアクセス許可は、Amazon Pinpoint アカウント内のセグメントの管理に関連しています。

mobiletargeting:CreateJourney

プロジェクトのジャーニーを作成します。

  • URI – /apps/projectId/journeys

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/journeys

mobiletargeting:GetJourney

特定のジャーニーに関する情報を取得します。

mobiletargeting:ListJourneys

プロジェクトのすべてのジャーニーに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/journeys

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/journeys

mobiletargeting:UpdateJourney

特定のジャーニーに合わせて設定やその他の設定を更新します。

mobiletargeting:UpdateJourneyState

アクティブなジャーニーをキャンセルします。

mobiletargeting:DeleteJourney

特定のジャーニーを削除します。

メッセージテンプレート

以下のアクセス許可は、Amazon Pinpoint アカウントのメッセージテンプレートの作成と管理に関連しています。メッセージテンプレートは、Amazon Pinpoint プロジェクト用の E メールメッセージ、プッシュ通知、または SMS メッセージで定義、保存、再利用するコンテンツと設定のセットです。

mobiletargeting:ListTemplates

Amazon Pinpoint アカウントに関連付けられているすべてのメッセージテンプレートに関する情報を取得します。

  • URI – /templates

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates

mobiletargeting:GetEmailTemplate

E メールチャネルを介して送信されるメッセージのメッセージテンプレートに関する情報を取得します。

  • URI – /templates/template-name/email

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/EMAIL

mobiletargeting:CreateEmailTemplate

E メールチャネルを介して送信されるメッセージのメッセージテンプレートを作成します。

  • URI – /templates/template-name/email

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/EMAIL

mobiletargeting:UpdateEmailTemplate

E メールチャネルを介して送信されるメッセージの既存のメッセージテンプレートを更新します。

  • URI – /templates/template-name/email

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/EMAIL

mobiletargeting:DeleteEmailTemplate

E メールチャネルを介して送信されたメッセージのメッセージテンプレートを削除します。

  • URI – /templates/template-name/email

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/EMAIL

mobiletargeting:GetPushTemplate

プッシュ通知チャネルを介して送信されるメッセージのメッセージテンプレートに関する情報を取得します。

  • URI – /templates/template-name/push

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/PUSH

mobiletargeting:CreatePushTemplate

プッシュ通知チャネルを介して送信されるメッセージのメッセージテンプレートを作成します。

  • URI – /templates/template-name/push

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/PUSH

mobiletargeting:UpdatePushTemplate

プッシュ通知チャネルを介して送信されるメッセージの既存のメッセージテンプレートを更新します。

  • URI – /templates/template-name/push

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/PUSH

mobiletargeting:DeletePushTemplate

プッシュ通知チャネルを介して送信されたメッセージのメッセージテンプレートを削除します。

  • URI – /templates/template-name/push

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/PUSH

mobiletargeting:GetSmsTemplate

SMS チャネルを介して送信されるメッセージのメッセージテンプレートに関する情報を取得します。

  • URI – /templates/template-name/sms

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/SMS

mobiletargeting:CreateSmsTemplate

SMS チャネルを介して送信されるメッセージのメッセージテンプレートを作成します。

  • URI – /templates/template-name/sms

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/SMS

mobiletargeting:UpdateSmsTemplate

SMS チャネルを介して送信されるメッセージの既存のメッセージテンプレートを更新します。

  • URI – /templates/template-name/sms

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/SMS

mobiletargeting:DeleteSmsTemplate

SMS チャネルを介して送信されたメッセージのメッセージテンプレートを削除します。

  • URI – /templates/template-name/sms

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:templates/template-name/SMS

メッセージ

次のアクセス許可は、Amazon Pinpoint アカウントからのメッセージとプッシュ通知の送信に関連しています。SendMessages および SendUsersMessages オペレーションを使用して、最初にセグメントやキャンペーンを作成することなく、特定のエンドポイントにメッセージを送信できます。

mobiletargeting:SendMessages

特定のエンドポイントにメッセージまたはプッシュ通知を送信します。

  • URI – /apps/projectId/messages

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/messages

mobiletargeting:SendUsersMessages

特定のユーザー ID に関連付けられているすべてのエンドポイントに、メッセージまたはプッシュ通知を送信します。

  • URI – /apps/projectId/users-messages

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/users-messages

電話番号検証

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint での電話番号検証サービスの使用に関連しています。

mobiletargeting:PhoneNumberValidate

電話番号に関する情報を取得します。

  • URI – /phone/number/validate

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:phone/number/validate

プロジェクト

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のプロジェクトの管理に関連しています。当初、プロジェクトはアプリケーションと呼ばれていました。これらのオペレーションでは、Amazon Pinpoint アプリケーションは Amazon Pinpoint プロジェクトと同じです。

mobiletargeting:CreateApp

Amazon Pinpoint プロジェクトを作成します。

  • URI – /apps

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps

mobiletargeting:DeleteApp

Amazon Pinpoint プロジェクトの削除

  • URI – /apps/projectId

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:GetApp

Amazon Pinpoint プロジェクトに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:GetApps

Amazon Pinpoint アカウントに関連付けられているすべてのプロジェクトに関する情報を取得します。

  • URI – /apps

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps

mobiletargeting:GetApplicationSettings

Amazon Pinpoint プロジェクトのデフォルト設定を取得します。

  • URI – /apps/projectId/settings

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:UpdateApplicationSettings

Amazon Pinpoint プロジェクトのデフォルト設定を更新します。

  • URI – /apps/projectId/settings

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

セグメント

以下のアクセス権限は、Amazon Pinpoint アカウント内のセグメントの管理に関連しています。Amazon Pinpoint で、セグメントはお客様が定義した特定の属性を共有する、キャンペーンの受信者のグループを指します。

mobiletargeting:CreateSegment

セグメントを作成します。ユーザーに対し、Amazon Pinpoint の外部からエンドポイントデータをインポートしてセグメントを作成することを許可するには、mobiletargeting:CreateImportJob アクションを許可します。

  • URI – /apps/projectId/segments

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:DeleteSegment

セグメントを削除します。

mobiletargeting:GetSegment

特定のセグメントに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetSegmentExportJobs

セグメントのエンドポイント定義をエクスポートするジョブに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetSegments

プロジェクトのすべてのセグメントに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/segments

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId

mobiletargeting:GetSegmentImportJobs

Amazon S3 からエンドポイント定義をインポートしてセグメントを作成するジョブに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetSegmentVersion

特定のセグメントバージョンに関する情報を取得します。

mobiletargeting:GetSegmentVersions

現在および以前のセグメントのバージョンに関する情報を取得します。

mobiletargeting:UpdateSegment

特定のセグメントを更新します。

タグ

以下のアクセス許可は、Amazon Pinpoint アカウント内のリソースのタグ付けに関連しています。

mobiletargeting:ListTagsforResource

プロジェクト、キャンペーン、メッセージテンプレート、またはセグメントに関連付けられているタグに関する情報を取得します。

  • URI – /tags/resource-arn

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:*

mobiletargeting:TagResource

プロジェクト、キャンペーン、メッセージテンプレート、またはセグメントに 1 つ以上のタグを追加します。

  • URI – /tags/resource-arn

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:*

mobiletargeting:UntagResource

プロジェクト、キャンペーン、メッセージテンプレート、セグメントから 1 つ以上のタグを削除します。

  • URI – /tags/resource-arn

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:*

ユーザー

以下のアクセス許可は、ユーザーの管理に関連しています。Amazon Pinpoint で、ユーザーはお客様からメッセージを受け取る人物を指します。1 人のユーザーが複数のエンドポイントに関連付けられる場合があります。

mobiletargeting:DeleteUserEndpoints

ユーザー ID に関連付けられているすべてのエンドポイントを削除します。

  • URI – /apps/projectId/users/userId

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/users/userId

mobiletargeting:GetUserEndpoints

ユーザー ID に関連付けられているすべてのエンドポイントに関する情報を取得します。

  • URI – /apps/projectId/users/userId

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – arn:aws:mobiletargeting:region:accountId:apps/projectId/users/userId

Amazon Pinpoint SMS と音声 API アクション

このセクションには、AWS アカウントの IAM ポリシーに追加することができる API アクションを識別します。ポリシーを IAM ユーザーアカウントに追加することで、そのユーザーが Amazon Pinpoint SMS と音声 API のどの機能を使用できるかを指定できます。

Amazon Pinpoint SMS と 音声 API の詳細については、Amazon Pinpoint SMS と音声 API のリファレンスを参照してください。

sms-voice:CreateConfigurationSet

音声メッセージを送信するための設定セットを作成します。

  • URI – /sms-voice/configuration-sets

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。

sms-voice:DeleteConfigurationSet

音声メッセージを送信するための設定セットを削除します。

  • URI – /sms-voice/configuration-sets/ConfigurationSetName

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。

sms-voice:GetConfigurationSetEventDestinations

設定セットとそれに含まれるイベント送信先に関する情報を取得します。

  • URI – /sms-voice/configuration-sets/ConfigurationSetName/event-destinations

  • メソッド – GET

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。

sms-voice:CreateConfigurationSetEventDestination

音声イベントのイベント送信先を作成します。

  • URI – /sms-voice/configuration-sets/ConfigurationSetName/event-destinations

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。

sms-voice:UpdateConfigurationSetEventDestination

音声イベントのイベント送信先を更新します。

  • URI – /sms-voice/configuration-sets/ConfigurationSetName/event-destinations/EventDestinationName

  • メソッド – PUT

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。

sms-voice:DeleteConfigurationSetEventDestination

音声イベントのイベント送信先を削除します。

  • URI – /sms-voice/configuration-sets/ConfigurationSetName/event-destinations/EventDestinationName

  • メソッド – DELETE

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。

sms-voice:SendVoiceMessage

音声メッセージを作成して送信します。

  • URI – /sms-voice/voice/message

  • メソッド – POST

  • リソース ARN – 使用できません。* を使用します。