Amazon SageMaker で機械学習フレームワーク、Python、R を使用する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker で機械学習フレームワーク、Python、R を使用する

Amazon SageMaker ノートブックのカーネルでは、Python と R をネイティブに使用できます。また、特定のフレームワークをサポートしているカーネルもあります。SageMaker を使い始める際に大変よく使われるのは、Amazon SageMaker Python SDK です。これには、SageMaker でモデルのトレーニングやデプロイを行いやすいオープンソースの Python API やコンテナが用意されているだけでなく、いくつかの異なる機械学習フレームワークや深層学習フレームワークで使用できるサンプルが用意されています。

SageMaker での特定のフレームワークの利用や R の使用方法については、次のトピックを参照してください。

言語の SDK とユーザーガイド:

機械学習フレームワークと深層学習フレームワークのガイド: