AWS Systems Manager
ユーザーガイド

ハイブリッド環境での AWS Systems Manager の設定

AWS Systems Manager では、オンプレミスサーバーと仮想マシン (VM) をハイブリッド環境でリモートかつ安全に管理できます。Systems Manager 向けにハイブリッド環境を設定すると、次のようなメリットがあります。

  • 同じツールやスクリプトを使用して 1 か所からオンプレミスのワークロードをリモートで管理できる一貫したセキュアな方法が作成されます。

  • AWS Identity and Access Management (IAM) を使用することでサーバーおよび VM で実行できるアクションのアクセス制御が一元化されます。

  • すべてのアクションが AWS CloudTrail に記録されるため、サーバーと VM で実行されるアクションの監査とビューが一元化されます。

  • サービス実行の成功に関する通知が送信されるように CloudWatch Events と Amazon SNS を設定できるため、モニタリングが一元化されます。

Systems Manager のハイブリッドマシンを設定するには、このセクションの手順をすべて実行します。

重要

完了すると、Systems Manager 向けに設定されているハイブリッドマシンは、マネージドインスタンスと Amazon EC2 コンソールに表示されます。Systems Manager 向けに設定されている Amazon EC2 インスタンスも同様にマネージドインスタンスと表示されます。ただし、Amazon EC2 コンソールにおいて、オンプレミスインスタンスは、プレフィックス ("mi-") 付きの Amazon EC2 インスタンスとは区別して表示されます。