設計の原則 - パフォーマンス効率の柱

設計の原則

以下の設計原則は、クラウド内で効率的なワークロードを実現し、維持するために役立ちます。

  • 高度なテクノロジーの民主化: 複雑なタスクをクラウドベンダーに委託し、チームがより簡単に高度なテクノロジーを 実装できるようにします。IT チームに新しいテクノロジーのホスティングと実行について学んでもらうのではなく、テクノロジーをサービスとして消費することを検討してください。たとえば、NoSQL データベース、メディアトランスコーディング、および機械学習などは、いずれも特化された専門知識を必要とするテクノロジーです。クラウドでは、これらのテクノロジーがチームによる消費が可能なサービスとなり、チームはリソースのプロビジョニングと管理ではなく、製品の開発に集中できるようになります。

  • わずか数分でグローバル展開する: 世界各地にある複数の AWS リージョンでのワークロードのデプロイメントは、最小限のコストで、お客様により低いレイテンシーとより良いエクスペリエンスを提供することを可能にします。

  • サーバーレスアーキテクチャを使用する: サーバーレスアーキテクチャは、従来のコンピューティングアクティビティのために物理的なサーバーを実行して維持する必要性を取り除きます。たとえば、サーバーレスストレージサービスは静的ウェブサイトとして機能させることができ (ウェブサイトサーバーが不要になる)、イベントサービスはコードをホストできます。これによって物理サーバーを管理する運用上の負担が取り除かれます。また、マネージドサービスはクラウド規模で運用されることから、トランザクションコストも削減することができます。

  • より頻繁に実験する: 仮想的で自動化できるリソースを使うことで、異なるタイプのインスタンス、ストレージ、設定を使用した比較テストを簡単に実施できます。

  • メカニカルシンパシーを重視する: 目標に最適なテクノロジーアプローチを使用します。例えば、データベースやストレージのアプローチを選択するときには、データアクセスパターンを考慮します。