メニュー
Amazon Relational Database Service
ユーザーガイド (API Version 2014-10-31)

Amazon Aurora DB クラスターの作成

Amazon Aurora DB クラスターは MySQL と、3 つのアベイラビリティーゾーンにコピーされたデータを単一の仮想ボリュームとして表現するクラスターボリュームと互換性があるインスタンスで構成されます。DB クラスターには、プライマリインスタンスAurora レプリカの 2 種類のインスタンスがあります。

プライマリインスタンスは、DB クラスターに対するすべてのデータ変更を実行し、さらに読み取りワークロードをサポートします。各 DB クラスターには 1 つのプライマリインスタンスがあります。Aurora レプリカは読み取りワークロードのみをサポートします。各 DB インスタンスは、最大 15 個の Aurora レプリカを持つことができます。エンドポイントアドレスを使用して DB クラスターのすべてのインスタンスに接続できます。

次のトピックでは、Aurora DB クラスターを作成し、その DB クラスターの Aurora レプリカを追加する方法を説明します。

重要

DB クラスターを作成する前に、「Amazon RDS のセットアップ」セクションのタスクを完了する必要があります。

このトピックでは、AWS マネジメントコンソールを使用して Amazon Aurora DB クラスターを作成する方法について説明します。Aurora DB クラスターへの接続に関する簡単な説明については、「Amazon Aurora DB クラスターへの接続」を参照してください。Amazon Aurora DB クラスターへの接続に関する詳しいガイドについては、「RDS Aurora 接続」を参照してください。

DB クラスターの前提条件

DB クラスターを作成するための前提条件を次に示します。

VPC

Amazon Aurora DB クラスターは、DB クラスターをデプロイするリージョンで少なくとも 2 つのアベイラビリティーゾーンに少なくとも 1 つずつのサブネットを持つ Amazon Virtual Private Cloud (VPC) でのみ作成できます。少なくとも 2 つのアベイラビリティーゾーンにまたがってクラスターインスタンスを配信することで、ごく稀にアベイラビリティーゾーンに障害が発生した場合でも、DB クラスター内で使用できるインスタンスを確保できます。データ損失の可能性を低減し耐久性のあるストレージを提供するために、Aurora の DB クラスターのクラスターボリュームは常に 3 つのアベイラビリティーゾーンにまたがっていることに注意してください。

Amazon RDS コンソールを使用して Aurora DB クラスターを作成する場合、お客様に代わって Amazon RDS に VPC を自動的に作成させることができます。または、既存の VPC を使うか、Aurora DB クラスター用に新しい VPC を作成することができます。VPC を Amazon Aurora DB クラスターで使用するには、VPC にサブネットが少なくとも 2 つ必要です。詳細については、「Amazon Aurora で使用する VPC を作成する方法」を参照してください。VPC の詳細については、「Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS」を参照してください。

注記

ClassicLink を使用すると、VPC にない EC2 インスタンスと、Amazon Aurora DB クラスターとの通信が可能になります。詳細については、「VPC 内の DB インスタンスに VPC 外の EC2 インスタンスがアクセスする」を参照してください。

デフォルト VPC を持っていない、または VPC を作成していない場合は、RDS コンソールを使用して Aurora DB クラスターを作成するときに、お客様に代わって Amazon RDS に VPC を自動的に作成させることができます。それ以外の場合は、以下を実行する必要があります。

  • DB クラスターをデプロイするリージョンで少なくとも 2 つのアベイラビリティーゾーンに少なくとも 1 つずつのサブネットを持つ VPC を作成します。

  • Aurora DB クラスターへの接続を許可する VPC セキュリティグループを指定します。詳細については、「VPC の DB インスタンスの使用」を参照してください。

  • Aurora DB クラスターが使用できる VPC 内の最低 2 つのサブネットを定義する RDS DB サブネットグループを指定します。詳細については、『Amazon Virtual Private Cloud (VPCs) と Amazon RDS』の「DB サブネットグループの操作」を参照してください。

追加前提条件

  • IAM 認証情報を使用して AWS に接続する場合は、IAM アカウントに Amazon RDS オペレーションを実行するために必要なアクセス権限を付与する IAM ポリシーが必要です。詳細については、「Amazon RDS に対する認証とアクセスコントロール」を参照してください。

    IAM アカウントを使用して Amazon Aurora コンソールにアクセスする場合は、IAM アカウントで AWS マネジメントコンソール にログオンした後、https://console.aws.amazon.com/rds で Aurora プレビューコンソールに移動する必要があります。

  • DB クラスターの構成パラメータを調整する場合は、必要なパラメータ設定を持つ DB パラメータグループを指定する必要があります。DB パラメータグループの作成または変更については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

  • DB クラスター用に指定する TCP/IP ポート番号を決定する必要があります。会社のファイアウォールによっては、デフォルトの Aurora ポート (3306) への接続がブロックされます。会社のファイアウォールがデフォルトのポートをブロックする場合は、お客様の DB クラスター用に別のポートを選択します。DB クラスターのすべてのインスタンスは同じポートを使用します。

AWS マネジメントコンソールを使用した Aurora DB クラスターの起動と Aurora レプリカの作成

Aurora DB クラスターの起動

次の手順は、AWS マネジメントコンソールを使用した Aurora DB クラスターの起動と Aurora レプリカの作成方法を示しています。

コンソールを使用して Aurora DB クラスターを起動するには

  1. https://console.aws.amazon.com/rds で Amazon Aurora コンソールを開きます。

  2. AWS マネジメントコンソールの右上隅で、DB クラスターを作成するリージョンを選択します。

  3. 左のナビゲーションペインの [Instances] をクリックします。

  4. [Launch DB Instance] をクリックして、DB インスタンス起動ウィザードを開始します。ウィザードが起動し、[Select Engine] ページが開きます。

  5. [Select Engine] ページで、Aurora DB エンジンの [Select] ボタンをクリックします。

     Amazon Aurora DB インスタンス起動ウィザードでのエンジンの選択
  6. [Specify DB Details] ページで、DB クラスターの情報を指定します。次の表は、DB インスタンスの設定を示しています。

    使用するオプション 操作

    DB インスタンスクラス

    DB クラスターの各インスタンスに対する処理要件やメモリ要件を定義する DB インスタンスクラスを選択します。Aurora は、db.t2.smalldb.t2.mediumdb.r3.largedb.r3.xlargedb.r3.2xlargedb.r3.4xlarge、および db.r3.8xlarge の各 DB インスタンスクラスをサポートします。DB インスタンスクラスのオプションについては、「DB インスタンスクラス」を参照してください。

    マルチ AZ 配置

    フェイルオーバーのサポート用に他のアベイラビリティーゾーンで Aurora レプリカを作成するかどうかを決めます。[Create Replica in Different Zone] を選択した場合、Amazon RDS は使用している DB クラスターのプライマリインスタンスではなく、別のアベイラビリティーゾーンの DB クラスターの Aurora レプリカを作成します。複数のアベイラビリティーゾーンの詳細については、「リージョンとアベイラビリティーゾーン」を参照してください。

    DB Instance Identifier

    DB クラスターのプライマリインスタンスの名前を入力します。この識別子は、DB クラスターのプライマリインスタンスのエンドポイントアドレスで使用されます。

    DB インスタンス識別子には次の制約があります。

    • 1 ~ 63 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

    • 1 字目は文字である必要があります。

    • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

    • 各リージョンの各 AWS アカウントのすべての DB インスタンスの中で一意である必要があります。

    Master Username

    DB クラスターにログオンするためのマスターユーザー名を英数字で入力します。マスターユーザー名アカウントには、次のデフォルト特権が付与されます。create, drop, references, event, alter, delete, index, insert, select, update, create temporary tables, lock tables, trigger, create view, show view, alter routine, create routine, execute, create user, process, show databases, grant option

    Master Password

    マスターユーザーのパスワードを 8 ~ 41 文字で入力します。使用できるのは印刷可能な ASCII 文字 (/、"、@ を除く) です。

    一般的な [Specify DB Details] ページは次のようになります。

     Amazon Aurora DB インスタンス起動ウィザードの DB インスタンスの詳細
  7. マスターパスワードを確認し、[Next] をクリックします。

  8. [Configure Advanced Settings] ページで、Aurora DB クラスターのその他の設定をカスタマイズできます。次の表は、DB クラスターの詳細設定を示しています。

    使用するオプション 操作

    VPC

    DB クラスターをホストする VPC を選択します。[Create a New VPC] を選択して、Amazon RDS で VPC を作成します。詳細については、このトピックで前述した「DB クラスターの前提条件」を参照してください。

    サブネットグループ

    DB クラスターで使用する DB サブネットグループを選択します。[Create a New DB Subnet Group] を選択し、Amazon RDS で DB サブネットグループを作成します。詳細については、このトピックで前述した「DB クラスターの前提条件」を参照してください。

    パブリックアクセス可能

    DB クラスターにパブリック IP アドレスを指定するには [Yes] を選択します。それ以外の場合は [No] を選択します。DB クラスターのインスタンスでは、パブリック DB インスタンスとプライベート DB インスタンスの両方を混在させることができます。パブリックアクセスからインスタンスを隠す方法については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す」を参照してください。

    アベイラビリティーゾーン

    特定のアベイラビリティーゾーンを指定するかどうかを指定します。利用可能ゾーンについての詳細は、リージョンとアベイラビリティーゾーン を参照してください。

    VPC セキュリティグループ

    DB クラスターへのネットワークアクセスの保護用に 1 つ以上の VPC セキュリティグループを選択します。[Create a New VPC Security Group] を選択して、Amazon RDS で VPC セキュリティグループを作成します。詳細については、このトピックで前述した「DB クラスターの前提条件」を参照してください。

    DB クラスター識別子

    DB クラスターの名前を入力します。この名前は選択したリージョン内で、お客様のアカウントに対して一意である必要があります。この識別子は、DB クラスターのクラスターエンドポイントアドレスで使用されます。クラスターエンドポイントの詳細については、「Aurora エンドポイント」を参照してください。

    DB クラスター識別子には以下の制約があります。

    • 1 ~ 63 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

    • 1 字目は文字である必要があります。

    • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

    • 各リージョンの各 AWS アカウントのすべての DB クラスターの中で一意である必要があります。

    Database Name

    デフォルトデータベースの名前を英数字 64 文字以内で入力します。名前の指定がない場合、Amazon RDS は DB クラスターにデータベースを作成しません。

    追加のデータベースを作成するには、DB クラスターに接続し、SQL コマンド CREATE DATABASE を使用します。DB クラスターへの接続の詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターへの接続」を参照してください。

    Database Port

    データベースにアクセスするためにアプリケーションやユーティリティで使用されるポートを指定します。Aurora DB クラスターのデフォルトの MySQL ポートは 3306 になります。会社のファイアウォールによっては、デフォルトの MySQL ポートへの接続がブロックされます。会社のファイアウォールがデフォルトのポートをブロックする場合は、新しい DB クラスター用に別のポートを選択します。

    パラメータグループ

    パラメータグループを選択します。Aurora にはデフォルトのパラメータグループが用意されています。また、独自のパラメータグループを作成することもできます。パラメータグループの詳細については、「DB パラメータグループを使用する」を参照してください。

    Option Group

    オプショングループを選択します。Aurora にはデフォルトのオプショングループが用意されています。また、独自のオプショングループを作成することもできます。オプショングループの詳細については、「オプショングループを使用する」を参照してください。

    [Enable IAM DB Authentication]

    [Yes] を選択して IAM データベース認証を有効にします。詳細については、「MySQL および Amazon Aurora に対する IAM データベース認証」を参照してください。

    暗号を有効化

    この DB クラスターを保管時に暗号化するには、[Yes] を選択します。詳細については、「Amazon RDS リソースの暗号化」を参照してください。

    優先度

    インスタンスのフェイルオーバー優先度を選択します。値を選択しない場合、デフォルト値は tier-1 になります。この優先度により、プライマリインスタンスの障害からの復旧時に、Aurora レプリカを昇格する順序が決まります。詳細については、「Aurora DB クラスターの耐障害性」を参照してください。

    バックアップの保存期間

    Aurora がデータベースのバックアップコピーを保持する期間 (1 ~ 35 日) を選択します。バックアップコピーは、2 番目のデータベースに対するポイントインタイム復元 (PITR) で使用できます。

    Enable Enhanced Monitoring

    DB クラスターが実行されているオペレーティングシステムに対してリアルタイムでのメトリクスの収集を有効にするには、[Yes] を選択します。詳細については、「拡張モニタリング」を参照してください。

    詳細度

    [Enable Enhanced Monitoring] が [Yes] に設定されている場合にのみ使用できます。DB クラスターのメトリクスを収集する間隔を秒単位で設定します。

    Auto Minor Version Upgrade

    Aurora DB クラスターで MySQL DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードをリリースと同時に自動的に受信するには、[Yes] を選択します。

    [Auto Minor Version Upgrade] オプションは、Amazon Aurora DB クラスターの MySQL マイナーエンジンバージョンに対するアップグレードのみに適用されます。システム安定性を維持するために適用される定期的なパッチは適用されません。

    メンテナンス時間

    週 1 回のシステムメンテナンスを実行できる時間帯を選択します。

    一般的な [Configure Advanced Settings] ページは次のようになります。

     Amazon Aurora DB インスタンス起動ウィザードの詳細設定の編集
  9. [Launch DB Instance] をクリックして Aurora DB インスタンスを起動し、[Close] をクリックしてウィザードを閉じます。

    Amazon RDS コンソールでは、新しい DB インスタンスが DB インスタンスのリストに表示されます。DB インスタンスが作成されて使用できるようになるまで、DB インスタンスのステータスは creating となります。ステータスが [available] に変わったら、DB クラスターのプライマリインスタンスに接続できます。DB インスタンスクラスと割り当てられたストレージによっては、新しいインスタンスを使用できるようになるまで数分かかることがあります。

    新しく作成したクラスターを表示するには、Amazon RDS コンソールで [Clusters] ビューを選択します。詳細については、「Amazon Aurora DB クラスターの表示」を参照してください。

     Amazon Aurora DB インスタンスリスト

    クラスターのポートとエンドポイントをメモします。クラスターのエンドポイントとポートは、書き込みまたは読み取りオペレーションを実行するすべてのアプリケーション用の JDBC 接続文字列と ODBC 接続文字列で使用します。

コンソールを使用した Aurora レプリカの作成

Aurora DB クラスターのプライマリインスタンスを作成した後、Aurora レプリカ作成ウィザードを使用して、最大 15 個の Aurora レプリカを追加できます。

注記

Amazon Aurora では、外部 MySQL データベースまたは RDS MySQL DB インスタンスとのレプリケーションもサポートします。Amazon Aurora 使用時、お客様の RDS MySQL DB インスタンスは同じリージョン内に存在する必要があります。詳細については、「Aurora と MySQL との間、または Aurora と別の Aurora DB クラスターとの間のレプリケーション」を参照してください。

AWS マネジメントコンソールを使用して Aurora レプリカを作成するには

この例では、米国東部(バージニア北部) リージョンに Aurora レプリカを作成します。

  1. https://console.aws.amazon.com/rds で Amazon Aurora コンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインの [Instances] をクリックします。

  3. Aurora DB クラスターのプライマリインスタンスの左側にあるチェックボックスをクリックしてオンにします。

  4. [Instance Actions] をクリックし、[Create Aurora Replica] をクリックします。

  5. [Create Aurora Replica] ページで、Aurora レプリカのオプションを指定します。次の表は、Aurora レプリカの設定を示しています。

    使用するオプション 操作

    DB インスタンスクラス

    Aurora レプリカの処理要件やメモリ要件を定義する DB インスタンスクラスを選択します。Aurora は、db.t2.smalldb.t2.mediumdb.r3.largedb.r3.xlargedb.r3.2xlargedb.r3.4xlarge、および db.r3.8xlarge の各 DB インスタンスクラスをサポートします。DB インスタンスクラスのオプションについては、「DB インスタンスクラス」を参照してください。

    Aurora レプリカのソース

    Aurora レプリカを作成するプライマリインスタンスの識別子を選択します。

    DB Instance Identifier

    インスタンス名を入力します。選択したリージョン内で、自分のアカウントに対して一意であることが必要です。名前には、選択したリージョンと DB エンジンなどを含めると理解しやすくなります (例: aurora-read-instance1)。

    パブリックアクセス可能

    Aurora レプリカにパブリック IP アドレスを割り当てるには [Yes] を選択します。それ以外の場合は [No] を選択します。Aurora レプリカをパブリックアクセスから隠す方法については、「VPC の DB インスタンスをインターネットから隠す」を参照してください。

    アベイラビリティーゾーン

    特定のアベイラビリティーゾーンを指定するかどうかを指定します。リストには、先に指定した DB サブネットグループによってマッピングされたアベイラビリティーゾーンのみが含まれます。利用可能ゾーンについての詳細は、リージョンとアベイラビリティーゾーン を参照してください。

    優先度

    インスタンスのフェイルオーバー優先度を選択します。値を選択しない場合、デフォルト値は tier-1 になります。この優先度により、プライマリインスタンスの障害からの復旧時に、Aurora レプリカを昇格する順序が決まります。詳細については、「Aurora DB クラスターの耐障害性」を参照してください。

    Database Port

    Aurora レプリカのポートは、DB クラスターのポートと同じです。

    Auto Minor Version Upgrade

    Aurora レプリカで Aurora DB エンジンのマイナーバージョンアップグレードをリリースと同時に自動的に受信するには、[Yes] を選択します。

    [Auto Minor Version Upgrade] オプションは、Amazon Aurora DB クラスターの MySQL マイナーエンジンバージョンに対するアップグレードのみに適用されます。システム安定性を維持するために適用される定期的なパッチは適用されません。

    一般的な [Create Aurora Replica] ページは次のようになります。

     Amazon Aurora DB インスタンス起動ウィザードでの Aurora レプリカの作成
  6. Aurora レプリカを作成するには、[Create Aurora Replica] をクリックします。

Aurora レプリカのエンドポイントをメモします。Aurora レプリカのエンドポイントは、読み取りオペレーションのみを実行するすべてのアプリケーション用の JDBC 接続文字列と ODBC 接続文字列で使用します。

AWS CLI を使用した Aurora DB クラスターの起動と Aurora レプリカの作成

注記

AWS CLI を使用して Aurora DB クラスターを作成する前に、VPC や RDS DB サブネットグループの作成など、必要な前提条件を満たす必要があります。詳細については、「DB クラスターの前提条件」を参照してください。

To launch an Aurora DB cluster using the AWS CLI

  1. Identify the DB subnet group and VPC security group id for your new cluster, and then call the create-db-cluster AWS CLI command to create the DB cluster.

    For example, the following command creates a new DB cluster named sample-cluster.

    Linux、OS X、Unix の場合:

    Copy
    aws rds create-db-cluster --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora \ --master-username user-name --master-user-password password \ --db-subnet-group-name mysubnetgroup --vpc-security-group-ids sg-c7e5b0d2

    Windows の場合:

    Copy
    aws rds create-db-cluster --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora ^ --master-username user-name --master-user-password password ^ --db-subnet-group-name mysubnetgroup --vpc-security-group-ids sg-c7e5b0d2
  2. If you use the console to create a DB cluster, then Amazon RDS automatically creates the primary instance (writer) for your DB cluster. If you use the AWS CLI to create a DB cluster, you must explicitly create the primary instance for your DB cluster. The primary instance is the first instance that is created in a DB cluster.

    Call the create-db-instance AWS CLI command to create the primary instance for your DB cluster. Include the name of the DB cluster as the --db-cluster-identifier parameter value.

    Linux、OS X、Unix の場合:

    Copy
    aws rds create-db-instance --db-instance-identifier sample-instance \ --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora --db-instance-class db.r3.large

    Windows の場合:

    Copy
    aws rds create-db-instance --db-instance-identifier sample-instance ^ --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora --db-instance-class db.r3.large

AWS CLI を使用して DB クラスターに Aurora レプリカを作成するには

DB クラスターのプライマリインスタンスを作成した後で、DB クラスターに最大 15 の Aurora レプリカを作成して、読み取り専用クエリをサポートできます。

DB クラスターのプライマリインスタンスと Aurora レプリカを複数のアベイラビリティーゾーンに配信して、DB クラスターの可用性を改善することをお勧めします。詳細については、「現在利用できるリージョン 」を参照してください。

DB クラスターに Aurora レプリカを作成するには、AWS CLI の create-db-instance コマンドを呼び出します。--db-cluster-identifier パラメータの値として DB クラスターの名前を含めます。次の例に示すように、オプションで --availability-zone パラメータを使用して Aurora レプリカのアベイラビリティーゾーンを指定できます。

Linux、OS X、Unix の場合:

Copy
aws rds create-db-instance --db-instance-identifier sample-instance-us-west-2a \ --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora --db-instance-class db.r3.large \ --availability-zone us-west-2a

Windows の場合:

Copy
aws rds create-db-instance --db-instance-identifier sample-instance-us-west-2a ^ --db-cluster-identifier sample-cluster --engine aurora --db-instance-class db.r3.large ^ --availability-zone us-west-2a