メニュー
Amazon Route 53
開発者ガイド (API Version 2013-04-01)

ドメイン登録の Amazon Route 53 への移管

ドメイン登録を Amazon Route 53 に移管するには、このトピックの手順に慎重に従ってください。

重要

手順をスキップすると、お客様のドメインはインターネットで使用できなくなる可能性があります。

次の点に注意してください。

有効期限日

ドメインの移管が現在の有効期限に及ぼす影響については、「ドメインを Amazon Route 53 に移管するとドメイン登録の有効期限が受ける影響」を参照してください。

移管料金

ドメインを Amazon Route 53 に移管したときに AWS アカウントに適用される移管料金は最上位ドメイン (.com、.org など) によって異なります。詳細については、Amazon Route 53 料金表を参照してください。

AWS クレジットを使用して、Amazon Route 53 へのドメインの移管料金を支払うことはできません。

最上位ドメインの移管に関する要件

.com や .org などの最上位ドメイン (TLD) のレジストリは、ドメインの移管に関する要件を設けています。要件は TLD ごとに異なりますが、以下の要件が一般的です。

  • 現在のレジストラに少なくとも 60 日間、ドメインを登録している必要があります。

  • ドメイン名登録の有効期限が切れて、復元する必要があった場合は、復元後、少なくとも 60 日間が経過している必要があります。

  • 現在のレジストラにドメイン登録を移管した場合、その移管から少なくとも 60 日間が経過している必要があります。

  • ドメインのドメイン名ステータスコードが以下のいずれかであってはいけません。

    • pendingDelete

    • pendingTransfer

    • redemptionPeriod

    • clientTransferProhibited

  • 一部の最上位ドメインのレジストリは、ドメインの所有者の変更などの変更が完了するまで、移管を許可しません。

ドメイン名ステータスコードと各コードの意味を説明した現在の一覧については、ICANN のウェブサイトで「EPP status codes」を検索してください。 (ICANN ウェブサイトで直接、検索してください。ウェブ検索ではドキュメントの古いバージョンが返されることがあります)。

注記

ICANN は、ドメイン名の登録と移管を管理するポリシーを定めている組織です。

ステップ 1: Amazon Route 53 で最上位ドメインがサポートされていることを確認する

Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。移管するドメインの最上位ドメインがリストにある場合は、そのドメインを Amazon Route 53 に移管できます。

その TLD がリストにない場合は、現在そのドメイン登録を Amazon Route 53 に移管することはできません。その他の TLD のサポートがリストに追加される場合があるため、お客様のドメインのサポートが追加されているかどうかを再確認してください。また、Amazon Route 53 Domain Registration フォーラムで、TLD のサポートをリクエストすることもできます。

ステップ 2: DNS サービスを Amazon Route 53 または別の DNS サービスプロバイダーに移管する

ドメインのレジストラがドメインの DNS サービスプロバイダーでもある場合は、ドメイン登録の移管プロセスを続行する前に、DNS サービスを Amazon Route 53 または別の DNS サービスプロバイダーに移管します。

DNS を最初に移管する理由

一部のレジストラは有料でドメインを登録すると無料の DNS サービスを提供します。登録を移管すると、以前のレジストラはドメイン登録を更新せず、Amazon Route 53 からドメインの移管リクエストを受領するとすぐにドメインの DNS サービスを無効にする可能性があります。詳細については、「既存ドメインの DNS サービスを Amazon Route 53 に移行する」を参照してください。

重要

ドメインのレジストラがドメインの DNS サービスプロバイダーでもあり、お客様が別のプロバイダーに DNS サービスを移管しない場合は、そのドメインに関連付けられたウェブサイト、メール、ウェブアプリケーションが利用できなくなる可能性があります。

DNSSEC 使用時に DNS サービスを転送する

Amazon Route 53 では、ドメイン登録には DNSSEC がサポートされていますが、DNS サービスには DNSSEC がサポートされていません。移管するドメインに対して DNSSEC を引き続き使用する場合は、DNSSEC をサポートする DNS サービスプロバイダーを選択する必要があります。DNSSEC の設定中にドメイン登録を移管することはできません。したがって、移管が完了するまで、新しい DNS サービスプロバイダーで DNSSEC を設定しないでください。

ステップ 3: 現在のレジストラで設定を変更する

現在のレジストラが用意している方法を使って、移管する各ドメインについて以下の作業を実行します。

ドメインの登録者の連絡先が最新であることを確認する

AWS は登録者の連絡先の E メールアドレスに E メールを送信して、移管の承認をリクエストします。移管を承認するには、E メールのリンクをクリックする必要があります。リンクをクリックしない場合、移管はキャンセルされます。

移管可能にするためにドメインのロックを解除する

ドメイン登録の管理組織である ICANN の要件に従って、ドメインを移管する前にドメインのロックを解除する必要があります。

ドメインのプライバシー保護を無効にする

移管の承認をリクエストするために、AWS は WHOIS データベース内の登録者の連絡先の E メールアドレスに E メールを送信します。プライバシー保護が有効になっている場合、AWS はその E メールアドレスを取得できません。

注記

後の手順で Amazon Route 53 への移管をリクエストするときにプライバシー保護を再び有効にするかどうかを選択できます。詳細については、「ドメインの連絡先情報のプライバシー保護の有効化/無効化」を参照してください。

ドメインのステータスが移管可能であることを確認する

詳細については、「最上位ドメインの移管に関する要件」を参照してください。

ドメインの DNSSEC を無効にする

DNS サービスを別のプロバイダーに移管し、DNSSEC を使用する場合は、ドメインのパブリックキーを削除するか、新しいプロバイダーで DNSSEC を設定する必要があります。

  • DNSSEC をサポートしないプロバイダーに DNS サービスを移管する場合 – ドメインのパブリックキーを削除します。

  • DNSSEC をサポートするプロバイダーに DNS サービスを移管する場合 – 新しい DNS サービスプロバイダーで DNSSEC を設定します。ドメインのパブリックキーを削除する必要はありません。

  • DNS サービスを移管しない場合 – ドメインのパブリックキーを削除する必要はありません。

認証コードを取得する

Amazon Route 53 へのドメイン登録の移管をリクエストするには、現在のレジストラから認証コードを取得する必要があります。このコードは後で Amazon Route 53 コンソールに入力します。

一部の最上位ドメインには、以下の追加の要件があります。

.uk、.co.uk、.me.uk、.org.uk のドメイン

.uk、.co.uk、.me.uk、または .org.uk ドメインを Amazon Route 53 に移管する場合は、認証コードを取得する必要はありません。代わりに、現在のドメインレジストラが用意している方法を使って、ドメインの IPS タグの値を GANDI (すべて大文字) に更新します (IPS タグは .uk ドメイン名のレジストリである Nominet が必要としています)。レジストラが IPS タグの値を変更しない場合は、Nominet にお問い合わせください

.jp のドメイン

.jp ドメインを Amazon Route 53 に移管する場合は、認証コードを取得する必要はありません。代わりに、現在のドメインレジストラが用意している方法を使って、AGNT コードの値を AGNT-1744 (すべて大文字) に更新します。

.ru のドメイン

.ru ドメインを Amazon Route 53 に移管する場合は、認証コードを取得する必要はありません。代わりに、ドメインの パートナーハンドル5427/NIC-REG に更新するには、.ru ドメインのレジストリである RU-Center が提供するメソッドを使用します。 詳細については、RU-Center ウェブサイトの Registrar's or Registrant's Transfer ページを参照してください。

ステップ 4: ネームサーバーの名前を取得する

Amazon Route 53 を DNS サービスとして使用しているか、既存の DNS サービスを継続して使用している場合は、プロセスの後で自動的にネームサーバーの名前が取得されます。「ステップ 5: 移管をリクエストする」へ進んでください。

ドメインを Amazon Route 53 に移管するのと同時に、DNS サービスを Amazon Route 53 以外のプロバイダーに変更する場合は、DNS サービスプロバイダーが用意している手順に従って、移管する各ドメインのネームサーバーの名前を取得します。

重要

ドメインのレジストラがドメインの DNS サービスプロバイダーでもある場合は、ドメイン登録の移管プロセスを続行する前に、DNS サービスを Amazon Route 53 または別の DNS サービスプロバイダーに移管します。

ドメイン登録を移管するのと同時に DNS サービスを移管する場合、ドメインに関連付けられたウェブサイト、E メール、およびウェブアプリケーションは利用できなくなることがあります。詳細については、「ステップ 2: DNS サービスを Amazon Route 53 または別の DNS サービスプロバイダーに移管する」を参照してください。

ステップ 5: 移管をリクエストする

現在のレジストラから Amazon Route 53 にドメイン登録を移管するには、Amazon Route 53 コンソールを使用して移管をリクエストします。Amazon Route 53 は、ドメインの現在のレジストラとの通信を処理します。

使用する手順は、移管するドメインが 5 つまでか、6 つ以上かによって異なります。

重要

6 つ以上のドメインを移管する手順を使用する場合は、Amazon Route 53 によって、移管されるドメインが自動的に設定され、移管するすべてのドメインで現在の DNS サービスを使用できるようになります。ドメインのレジストラがドメインの DNS サービスプロバイダーでもあり、お客様が別のプロバイダーに DNS サービスを移管しない場合は、そのドメインに関連付けられたウェブサイト、メール、ウェブアプリケーションが利用できなくなる可能性があります。詳細については、「ステップ 2: DNS サービスを Amazon Route 53 または別の DNS サービスプロバイダーに移管する」を参照してください。

最大 5 つのドメインのドメイン登録を Amazon Route 53 に移管するには

  1. https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains] を選択します。

  3. [Transfer Domain] を選択します。

  4. 登録を Amazon Route 53 に移管するドメインの名前を入力して、[Check ] を選択します。

  5. ドメイン登録が移管できる場合は、[Add to cart] を選択します。

    ドメイン登録が移管できない場合は、Amazon Route 53 コンソールに理由が表示されます。登録の移管を妨げている問題の解決方法については、レジストラにお問い合わせください。

  6. 他にもドメイン登録を移管する場合は、ステップ 4 と 5 を繰り返します。

  7. 移管するドメイン登録をすべて追加したら、[Continue] を選択します。

  8. 移管するドメイン名それぞれについて、該当する値を入力します。

    [Authorization code]

    ステップ 3: 現在のレジストラで設定を変更する」で現在のレジストラから取得した認証コードを入力します。

    ネームサーバーのオプション

    適用可能なオプションを選択します。

    • [Continue to use the name servers provided by the current registrar or DNS service] – ドメインの現在のレジストラが現在 DNS サービスを提供している場合は、ドメインを移管する前に別の DNS サービスに DNS サービスを移管することをお勧めします。

      重要

      一部のレジストラは、別のレジストラへの移管をリクエストするとすぐに、DNS サービスの提供を停止します。現在のレジストラが DNS サービスを無効にした場合、ドメインはインターネットで利用できなくなります。

    • [Import name servers from a Route 53 hosted zone that has the same name as the domain] – このオプションを選択した場合、コンソールには、ドメインとして登録された同じ名前を持つホストゾーンの一覧が表示されます。ドメインのトラフィックをルーティングするために使用するホストゾーンを選択します。

    • [Specify new name servers to replace the current registrar's name servers (not recommended)] – このドメインで Amazon Route 53 以外の DNS サービスを使用している場合は、「ステップ 4: ネームサーバーの名前を取得する」で取得したネームサーバーの名前を入力します。

      重要

      1 つの DNS サービスプロバイダーから別のプロバイダーに DNS サービスを移管すると、最大 2 日かかる可能性があるため、このオプションの選択はお勧めしません。別のレジストラへの移管をリクエストするとすぐに、現在のレジストラは DNS サービスの提供を中止する可能性があります。現在のレジストラが DNS サービスを無効にした場合、ドメインは、別の DNS サービスプロバイダーへの変更が有効になるまで、インターネットで利用できなくなります。

    [Name servers]

    [Specify new name servers to replace the current registrar's name servers] オプションを選択した場合は、ドメイン用に DNS サービスから取得したネームサーバーの名前を「ステップ 4: ネームサーバーの名前を取得する」に入力します。デフォルトでは、[Name server] フィールドに、ドメインの現在のネームサーバーの名前が表示されます。

    グルーレコード

    ネームサーバーの名前が、移管するドメインのサブドメインである場合 (example.com ドメインの ns1.example.com など)、各ネームサーバーの 1 つ以上の IP アドレスを入力します。IPv4 または IPv6 形式でアドレスを入力できます。ネームサーバーに複数の IP アドレスがある場合は、各アドレスを個別の行に入力します。

  9. [Contact Details for Your n Domains] ページで、ドメインの登録者、管理者、技術担当者の連絡先情報を入力します。ここで入力した値は、移管しようとしているすべてのドメインに適用されます。

    デフォルトでは、3 種類の連絡先すべてについて同じ情報が使用されます。連絡先として異なる情報を入力する場合は、[My Registrant, Administrative, and Technical contacts are all the same] の値を [No] に変更します。

    詳細については、「ドメインを登録するときに指定する値」を参照してください。

  10. 一部の TLD では、追加情報を収集する必要があります。そのような TLD の場合は、[Postal/Zip Code] の後に、該当する値を入力します。

  11. [Contact Type] の値が [Person] の場合、WHOIS クエリに対して連絡先情報を非表示にするかどうかを選択します。詳細については、「ドメインの連絡先情報のプライバシー保護の有効化/無効化」を参照してください。

  12. [Continue] を選択します。

  13. 入力した情報を確認し、サービスの利用規約を読み、利用規約を読んだことを確認するチェックボックスをオンにします。

  14. [Complete Purchase] を選択します。

    ドメインが移管可能であることが確認されると、ドメイン移管の承認を求める E メールがドメイン登録者の連絡先に送信されます。

    さらに、以下の値を変更する場合、承認を求める別個の E メールが送信されます。

    ドメイン所有者

    ドメインの所有者は誰ですか。」で説明するようにドメインの所有者を変更する場合、ドメインの登録者連絡先に E メールが送信されます。

    登録者の連絡用 E メールアドレス (一部の TLD に対してのみ)

    一部の TLD では、登録者の連絡先 E メールアドレスを変更した場合、通知メールは登録者の連絡先として指定された古い E メールアドレスと新しい E メールアドレスの両方に送信されます。どちらかの E メールアドレスの担当者によって、この E メールの指示に従った変更の承認をする必要があります。

    重要

    新しい E メールアドレスで承認メールを受信し、古い E メールアドレスにアクセスできない場合には、サポートケースを開いてください。詳細については、「古いアドレスで E メールにアクセスできない場合に、ドメインの E メールアドレスを更新する」を参照してください。

    登録者の連絡先のドメイン所有者またはメールアドレスの変更に関して 3 ~ 15 日以内に変更が承認されない場合は、最上位ドメインに応じて、ICANN の要求に従ってリクエストをキャンセルする必要があります。

    メールはすべて次のメールアドレスの 1 つから送信されます。

    TLD 許可メールの発信元となるメールアドレス

    .com.au と .net.au

    no-reply@ispapi.net

    メールには、https://approve.domainadmin.com へのリンクが含まれます。

    .fr

    nic@nic.fr: ドメインを移管するときに、.fr ドメイン名の登録者の連絡先を変更する場合。(E メールは現在の登録者の連絡先と新しい登録者の連絡先の両方に送信されます。)

    その他すべて

    以下のいずれかの E メールアドレス:

    • noreply@registrar.amazon.com

    • noreply@domainnameverification.net

    TLD のレジストラを調べる方法については、「Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。

6 つ以上のドメインのドメイン登録を Amazon Route 53 に移管するには

  1. https://console.aws.amazon.com/route53/ にある Amazon Route 53 コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Registered Domains] を選択します。

  3. [Transfer Domain] を選択します。

  4. [Transfer domain to Route 53] ページで、[Transfer multiple domains to Route 53] を選択します。

  5. 移管する各ドメインのドメイン名と認証コードを次の形式で入力します。ドメイン名と認証コードは、カンマで区切ります。

    Copy
    domain-name-1,authorization-code-1 domain-name-2,authorization-code-2

    ドメインの認証コードが不要な場合は、カンマも省略します。

    Copy
    domain-name-3
  6. 移管するドメインをすべて入力したら、[Continue] を選択します。

  7. [Check domain transferability] には、前のページで入力したドメインと各ドメインの移管可否が表示されます。次のオプションがあります。

    すべてのドメインが移管可能な場合

    [Add transferable domains to cart] を選択します。

    1 つ以上のドメインが移管不可だが、移管する場合

    最上位ドメインの移管に関する要件 を確認して、移管不可の各ドメインが移管要件を満たしていることを確認します。移管できない理由が不明な場合には、現在のレジストラに問い合わせて、Amazon Route 53 にドメインを移管できない理由を判断します。

    ドメインを移管できるように内容を変更したら (例: プライバシー保護の無効化)、[Check transferability] を選択して、Amazon Route 53 で移管の可否を再度確認します。

    1 つ以上のドメインが移管不可で、移管しない場合

    [Add transferable domains to cart] を選択します。

  8. [Continue] を選択します。

  9. [Contact Details for Your n Domains] ページで、ドメインの登録者、管理者、技術担当者の連絡先情報を入力します。ここで入力した値は、移管しようとしているすべてのドメインに適用されます。

    デフォルトでは、3 種類の連絡先すべてについて同じ情報が使用されます。連絡先として異なる情報を入力する場合は、[My Registrant, Administrative, and Technical contacts are all the same] の値を [No] に変更します。

    詳細については、「ドメインを登録するときに指定する値」を参照してください。

  10. 一部の TLD では、追加情報を収集する必要があります。そのような TLD の場合は、[Postal/Zip Code] の後に、該当する値を入力します。

  11. [Contact Type] の値が [Person] の場合、WHOIS クエリに対して連絡先情報を非表示にするかどうかを選択します。詳細については、「ドメインの連絡先情報のプライバシー保護の有効化/無効化」を参照してください。

  12. [Continue] を選択します。

  13. 入力した情報を確認し、サービスの利用規約を読み、利用規約を読んだことを確認するチェックボックスをオンにします。

  14. [Complete Purchase] を選択します。

    ドメインが移管可能であることが確認されると、ドメイン移管の承認を求める E メールがドメイン登録者の連絡先に送信されます。

    さらに、以下の値を変更する場合、承認を求める別個の E メールが送信されます。

    ドメイン所有者

    ドメインの所有者は誰ですか。」で説明するようにドメインの所有者を変更する場合、ドメインの登録者連絡先に E メールが送信されます。

    登録者の連絡用 E メールアドレス (一部の TLD に対してのみ)

    一部の TLD では、登録者の連絡先 E メールアドレスを変更した場合、通知メールは登録者の連絡先として指定された古い E メールアドレスと新しい E メールアドレスの両方に送信されます。どちらかの E メールアドレスの担当者によって、この E メールの指示に従った変更の承認をする必要があります。

    重要

    新しい E メールアドレスで承認メールを受信し、古い E メールアドレスにアクセスできない場合には、サポートケースを開いてください。詳細については、「古いアドレスで E メールにアクセスできない場合に、ドメインの E メールアドレスを更新する」を参照してください。

    登録者の連絡先のドメイン所有者またはメールアドレスの変更に関して 3 ~ 15 日以内に変更が承認されない場合は、最上位ドメインに応じて、ICANN の要求に従ってリクエストをキャンセルする必要があります。

    メールはすべて次のメールアドレスの 1 つから送信されます。

    TLD 許可メールの発信元となるメールアドレス

    .com.au と .net.au

    no-reply@ispapi.net

    メールには、https://approve.domainadmin.com へのリンクが含まれます。

    .fr

    nic@nic.fr: ドメインを移管するときに、.fr ドメイン名の登録者の連絡先を変更する場合。(E メールは現在の登録者の連絡先と新しい登録者の連絡先の両方に送信されます。)

    その他すべて

    以下のいずれかの E メールアドレス:

    • noreply@registrar.amazon.com

    • noreply@domainnameverification.net

    TLD のレジストラを調べる方法については、「Amazon Route 53 に登録できるドメイン」を参照してください。

ステップ 6: 承認 E メールのリンクをクリックする

移管をリクエストするとすぐに、ドメインの登録者の連絡先には、移管の承認を得るための E メールが届きます。

  • お客様がドメインの登録者の連絡先の場合は、メールの指示に従って移管を承認します。

  • お客様以外の人が登録者の連絡先である場合は、その人に E メールの指示に従って移管を承認するように依頼します。

重要

AWS は、登録者の連絡先が移管を承認するまで最大 5 日間待ちます。5 日間以内に登録者の連絡先から返信がない場合、移管処理はキャンセルされ、キャンセルを通知するメールが登録者の連絡先に送信されます。

登録者の連絡先が移管を承認すると、AWS は現在のレジストラと共にドメインの移管処理を開始します。このステップは、ドメインの TLD に応じて最大 10 日かかる場合があります。

現在のレジストラが移管リクエストに応答しない場合 (これはレジストラではよくあることです)、移管は自動的に実行されます。現在のレジストラが移管リクエストを拒否した場合、現在の登録者の連絡先にメール通知が送信されます。登録者は現在のレジストラに連絡し、移管の問題を解決する必要があります。

ドメインの移管が承認されると、登録者の連絡先に別のメールが送信されます。プロセスの詳細については、「ドメイン移管のステータスの表示」を参照してください。

移管が完了するとただちに、AWS アカウントにドメイン移管料金が課金されます。TLD 別の料金の一覧については、「Amazon Route 53 のドメイン登録価格」を参照してください。

注記

これは 1 回限りの料金であるため、CloudWatch 請求メトリクスには表示されません。CloudWatch メトリクスの詳細については、『Amazon CloudWatch ユーザーガイド』の「Amazon CloudWatch メトリクスの使用」を参照してください。

ステップ 7: ドメイン設定を更新する

移管が完了したら、必要に応じて、以下の設定を変更できます。

[Transfer lock]

ドメインを Amazon Route 53 に移管するには、移管のロックを無効にする必要がありました。不正な移管を防ぐためにロックを再び有効にする場合は、「別のレジストラへの許可のない移管を防ぐためのドメインのロック」を参照してください。

自動更新

有効期限が近づくと自動的に更新されるように、移管したドメインを設定します。この設定を変更する方法については、「ドメインの自動更新の有効化/無効化」を参照してください。

延長登録期間

デフォルトでは、Amazon Route 53 はドメインを毎年更新します。ドメインを長期間登録する場合は、「ドメインの登録期間の延長」を参照してください。

DNSSEC

ドメイン用の DNSSEC の設定については、「ドメインの DNSSEC の設定」を参照してください。