以前のスナップショットを使用した Amazon EBS ボリュームの置き換え - Amazon Elastic Compute Cloud

以前のスナップショットを使用した Amazon EBS ボリュームの置き換え

Amazon EBS スナップショットは、速度、利便性、コストに優れるため、Amazon EC2 で推奨されるバックアップツールです。スナップショットからボリュームを作成すると、すべてのデータをそのままの状態で、過去の特定時点の状態が再作成されます。スナップショットから作成されたボリュームをインスタンスにアタッチすることで、リージョン間でのデータの複製、テスト環境の作成、損傷または破損した本稼働ボリュームの完全な置換、特定のファイルとディレクトリの取得とアタッチされた別のボリュームへの転送を行うことができます。詳細については、「Amazon EBS スナップショット」を参照してください。

EBS ボリュームを、ボリュームの以前のスナップショットから作成された別のボリュームに置き換えるには、以下の手順を使用できます。現在のボリュームをデタッチしてから、新しいボリュームをアタッチする必要があります。

EBS ボリュームのアタッチ先は、同じアベイラビリティーゾーン内の EC2 インスタンスに限られることに注意してください。

ボリュームを置き換えるには

  1. スナップショットからボリュームを作成し、新しいボリュームの ID を書き留めます。詳細については、「スナップショットからボリュームを作成する」を参照してください。

  2. ボリュームページで、置き換えるボリュームのチェックボックスをオンにします。[説明] タブで [アタッチ済み情報] を探し、 ボリュームのデバイス名 (ルートボリュームの場合は、/dev/sda1 または /dev/xvda、あるいは /dev/sdb または xvdb など) とインスタンスの ID を書き留めます。

  3. (オプション) インスタンスのルートボリュームをデタッチする前に、インスタンスを停止する必要があります。ルートボリュームを置き換えない場合は、インスタンスを停止せずに次のステップに進むことができます。それ以外の場合にインスタンスを停止するには、[アタッチ済み情報] からインスタンス ID にカーソルを合わせて右クリックし、新しいブラウザタブでインスタンスを開きます。[Actions]、[Instance State]、[Stop] の順に選択します。[インスタンス] ページを開いたままにし、[ボリューム] ページのブラウザタブに戻ります。

  4. ボリュームを選択したまま、[アクション]、[ボリュームのデタッチ] の順に選択します。確認を求めるメッセージが表示されたら、[Yes, Detach] を選択します。このボリュームのチェックボックスをオフにします。

  5. ステップ 1 で作成した新しいボリュームのチェックボックスをオンにします。[Actions]、[Attach Volume] の順に選択します。ステップ 2 で書き留めたインスタンス ID とデバイス名を入力し、[アタッチ] を選択します。

  6. (オプション) インスタンスを停止した場合は、インスタンスを再起動する必要があります。[インスタンス] ページのブラウザタブに戻り、[アクション]、[インスタンスの状態]、[開始] の順に選択します。

  7. インスタンスに接続し、ボリュームをマウントします。詳細については、「Linux で Amazon EBS ボリュームを使用できるようにする」を参照してください。