ドキュメント履歴 - Amazon CloudFront

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドキュメント履歴

以下の表は、CloudFront の重要な変更点をまとめたものです。

変更 説明 変更日

RTMP ディストリビューションのドキュメントを削除

Amazon CloudFront は 2020 年 12 月 31 日に、リアルタイムメッセージングプロトコル (RTMP) ディストリビューションを非推奨にしました。 RTMP ディストリビューションのドキュメントは Amazon CloudFront デベロッパーガイドから削除されます。

2021 年 2 月 10 日

新しい料金オプション

Amazon CloudFront は、CloudFront Security Savings Bundle を導入します。これにより、AWS 請求書の CloudFront 料金を最大 30% 節約できます。詳細については、「CloudFront Security Savings Bundle」を参照してください。

2021 年 2 月 5 日

チュートリアルの新規追加

Amazon CloudFront デベロッパーガイドには、Amazon CloudFront を使用して Elastic Load Balancing で Application Load Balancer へのアクセスを制限するためのチュートリアルが含まれています。詳細については、「Application Load Balancers へのアクセスを制限する」を参照してください。

2020 年 12 月 18 日

パブリックキーの管理の新しいオプション

CloudFront では、AWS アカウントの root ユーザーにアクセスしなくても、CloudFront コンソールと API を介して署名付き URL と署名付き Cookie のパブリックキーを管理できるようになりました。詳細については、「署名付き URL と署名付き Cookie を作成できる署名者の指定」を参照してください。

2020 年 10 月 22 日

新機能 – Origin Shield

CloudFront は CloudFront Origin Shield をサポートするようになりました。Origin Shield は、オリジンの負荷を最小限に抑え、可用性を向上させ、運用コストを削減するために役立つ、CloudFront キャッシュインフラストラクチャ内の追加レイヤーです。詳細については、「Amazon CloudFront Origin Shield の使用」を参照してください。

2020 年 10 月 20 日

新しい圧縮形式

CloudFront では、CloudFront のエッジロケーションでオブジェクトが圧縮されるように CloudFront を設定した場合に、Brotli 圧縮形式がサポートされるようになりました。正規化された Accept-Encoding ヘッダーを使用して Brotli オブジェクトがキャッシュされるように、CloudFront を設定することもできます。詳細については、「圧縮ファイルの供給」および「圧縮のサポート」を参照してください。

2020 年 9 月 14 日

新しい TLS プロトコル

CloudFront では、ビューワーと CloudFront ディストリビューションの間の HTTPS 接続に対して TLS 1.3 プロトコルがサポートされるようになりました。すべての CloudFront セキュリティポリシーで、デフォルトでは TLS 1.3 が有効になっています。詳細については、「ビューワーと CloudFront との間でサポートされているプロトコルと暗号」を参照してください。

2020 年 9 月 3 日

新しいリアルタイムログ

CloudFront で設定可能なリアルタイムログがサポートされるようになりました。リアルタイムログを使用して、ディストリビューションに対して行われたリクエストに関する情報をリアルタイムで取得できます。リアルタイムログを使用して、コンテンツ配信のパフォーマンスに基づいて監視、分析、アクションを実行できます。詳細については、「リアルタイムログ」を参照してください。

2020 年 8 月 31 日

追加のメトリクスの API サポート

CloudFront で、CloudFront API を使用した 8 つのリアルタイムメトリクスを追加で有効にできるようになりました。詳細については、「追加メトリクスの有効化」を参照してください。

2020 年 8 月 28 日

新しい CloudFront HTTP ヘッダー

CloudFront では、デバイスタイプ、地理的位置などのビューワーに関する情報を決定するために追加の HTTP ヘッダーが追加されました。詳細については、「CloudFront HTTP ヘッダーの使用」を参照してください。

2020 年 7 月 23 日

新機能

CloudFront でキャッシュポリシーオリジンリクエストポリシーがサポートされるようになりました。これにより、CloudFront ディストリビューションのキャッシュキーオリジンリクエストをより細かく制御することができます。詳細については、「ポリシーの使用」を参照してください。

2020 年 7 月 22 日

新しいセキュリティポリシー

CloudFront で新しいセキュリティポリシー TLSv1.2_2019 がサポートされ、サポートされる暗号のセットが小さくなりました。詳細については、「ビューワーと CloudFront との間でサポートされているプロトコルと暗号」を参照してください。

2020 年 7 月 8 日

オリジンのタイムアウトと試行を制御する新しい設定

CloudFront には、オリジンのタイムアウトと試行を制御する新しい設定が追加されています。詳細については、「オリジンのタイムアウトと試行の制御」を参照してください。

2020 年 6 月 5 日

安全な静的ウェブサイトを作成して CloudFront の使用を開始するための新しいドキュメント

CloudFront の使用を開始するには、Amazon S3、CloudFront、Lambda@Edge などを使用して安全な静的ウェブサイトを作成します。これらはすべて AWS CloudFormation によってデプロイされます。詳細については、「安全な静的ウェブサイトの使用開始」を参照してください。

2020 年 6 月 2 日

Lambda @Edge は新しいランタイムバージョンをサポートするようになりました

Lambda @ Edge は、Node.js 12 および Python 3.8 ランタイムでLambda関数をサポートするようになりました。詳細については、「Lambda 関数がサポートするランタイムと設定」を参照してください。

2020 年 2 月 27 日

CloudWatch の新しいリアルタイムメトリクス

Amazon CloudFront は、Amazon CloudWatch の 8 つのリアルタイムメトリクスを追加で提供するようになりました。詳細については、「CloudFront ディストリビューションの追加のメトリクスの表示」を参照してください。

2019 年 12 月 19 日

アクセスログの新しいフィールド

CloudFront に、ログにアクセスするための 7 つの新しいフィールドが追加されました。詳細については、「標準ログファイルフィールド」を参照してください。

2019 年 12 月 12 日

AWS for WordPress プラグイン

AWS for WordPress プラグインを使用して、WordPress ウェブサイトへの訪問者に CloudFront を使用して高速表示エクスペリエンスを提供できます。詳細については、「簡単なディストリビューションの使用を開始するAWS for WordPress の使用を開始する」を参照してください。

2019 年 10 月 30 日

タグベースとリソースレベルの IAM アクセス許可ポリシー

CloudFront は、IAM アクセス許可ポリシーを指定する 2 つの追加の方法として、タグベースとリソースレベルのアクセス許可ポリシーをサポートするようになりました。詳細については、「リソースへのアクセスの管理」を参照してください。

2019 年 8 月 8 日

Python プログラミング言語のサポート

Lambda@Edge で、Node.js に加えて Python プログラミング言語でも関数を開発できるようになりました。さまざまなシナリオに対応する関数の例については、「Lambda@Edge 関数の例」を参照してください。

2019 年 8 月 1 日

更新されたモニタリンググラフ

CloudFront コンソールから直接 CloudFront ディストリビューションに関連する Lambda 関数を監視して、エラーをより簡単に追跡およびデバッグするための新しい方法を説明するためのコンテンツの更新。詳細については、「CloudFront のモニタリング」を参照してください。

2013 年 6 月 20 日

一括セキュリティコンテンツ

新しいセキュリティの章では、CloudFront のデータ保護、IAM、ロギング、コンプライアンスなどに関する機能と実装に関する情報を統合しています。詳細については、「セキュリティ」を参照してください。

2019 年 5 月 24 日

ドメイン検証が必要になりました

CloudFront では、ディストリビューションで代替ドメイン名を使用するアクセス権限があることを確認する SSL 証明書を使用することが必要になりました。詳細については、「代替ドメイン名と HTTPS の使用」を参照してください。

2019 年 4 月 9 日

PDF ファイル名の更新

Amazon CloudFront デベロッパーガイドの新しいファイル名は、AmazonCloudFront_DevGuide です。以前の名前は cf-dg でした。

2019 年 1 月 7 日

新機能

CloudFront は、WebSocket をサポートするようになりました。これは、クライアントとサーバー間の長時間接続が必要な場合に便利な TCP ベースのプロトコルです。高可用性が必要なシナリオでは、オリジンフェイルオーバーを使用して CloudFront を設定することもできるようになりました。詳細については、「CloudFront ディストリビューションで WebSocket を使用する」および「CloudFront オリジンフェイルオーバーによる高可用性の最適化」を参照してください。

2018 年 11 月 20 日

新機能

CloudFront では、Lambda 関数を実行する HTTP リクエストの詳細エラーのログ記録をサポートするようになりました。ログを CloudWatch に保存すると、関数から無効なレスポンスが返された際に、保存したログを使用して HTTP 5xx エラーをトラブルシューティングすることができます。詳細については、「Lambda 関数の CloudWatch メトリクスと CloudWatch Logs」を参照してください。

2018 年 10 月 8 日

新機能

書き込み可能な HTTP メソッド (POST、PUT、DELETE など) のリクエストのボディを Lambda@Edge で公開することを選択できるようになり、Lambda 関数でそのボディにアクセスできます。読み取り専用アクセスも選択でき、ボディを置き換えることも指定できます。詳細については、「Include Body オプションの選択によるリクエストボディへのアクセス」を参照してください。

2018 年 8 月 14 日

新機能

CloudFront は、gzip に加えて、または gzip の代わりに、brotli または他の圧縮アルゴリズムを使用して圧縮されたコンテンツを提供するようになりました。詳細については、「圧縮ファイルの供給」を参照してください。

2018 年 7 月 25 日

再編成

Amazon CloudFront デベロッパーガイドは、関連したコンテンツの検索を簡単にし、スキャン性能とナビゲーションを向上させるために再編成されました。

2018 年 28 月 6 日

新機能

オリジン側イベント内で、追加のホワイトリストに登録されたヘッダー (カスタムヘッダーを含む) にアクセスできるようになったことで、Lambda@Edge を使用して、Amazon S3 バケットに保存されたコンテンツの配信をさらにカスタマイズできるようになりました。詳細については、ビューワーの場所およびビューワーのデバイスタイプに基づいたコンテンツのパーソナライズを示す例を参照してください。

2018 年 3 月 20 日

新機能

Amazon CloudFront を使用して、楕円曲線 DSA (ECDSA) を使用したオリジンへの HTTPS 接続をネゴシエートできるようになりました。ECDSA は旧 RSA アルゴリズムと比較してより小さいキーを使用し、より高速でありながら、安全性は同等です。詳細については、「CloudFront とオリジン間の通信用にサポートされる SSL/TLS プロトコルと暗号」および「RSA および ECDSA 暗号について」を参照してください。

2018 年 3 月 15 日

新機能

Lambda@Edge でオリジンからのエラーレスポンスをカスタマイズできるようになりました。Amazon CloudFront がオリジンから受信した HTTP エラーに応答して、Lambda 関数を実行できます。詳細については、別のロケーションへのリダイレクトの例および 200 ステータスコード (OK) を伴ったレスポンス生成の例を参照してください。

2017 年 21 月 12 日

新機能

新しい CloudFront 機能であるフィールドレベル暗号化を使用して、クレジットカード番号や社会保障番号のように個人を識別できる情報 (PII) など、機密データのセキュリティをより強化できるようになりました。詳細については、「フィールドレベル暗号化を使用した機密データの保護」を参照してください。

2017 年 14 月 12 日

ドキュメント履歴のアーカイブ

古いドキュメント履歴がアーカイブされました。

2017 年 12 月